CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年06月 | Main | 2007年08月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
支援員の配置は、どこまで進んでいるのでしょうか [2007年07月10日(Tue)]

 改正された学校教育法が今年4月から施行され、「特別支援教育」が始まりました。発達障害が法制度の外に置かれ続けてきたことを思い起こすと、新時代が始まったことを痛感します。

 さて、発達障害をもつ児童・生徒を直接支援する「支援員」を配置する予算が、今年度から計上されています。宮城県では実際の配置はこれからですが、全国的な動向が私たちの関心事です。
 北海道新聞が7月9日、北海道内の市町村では「支援員」の配置が進んではいないこと、とくに町村で、財政難、ニーズがよくわからない、適任者がいるかどうか、という理由で遅れていることを報道しています。以下のサイトで見ることができます。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/36880.html

 文部科学省は、「支援員」の配置を加速するために、「特別支援教育関係ボランティア活用事例集」をつくり、公開しています。
 以下のアドレスで、文部科学省のサイトを見ることができます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/012.htm

 上記の文部科学省の資料の中には、校内委員会の設置、実態把握の実施、コーディネーターの指名、個別の指導計画の作成、個別の教育支援計画の作成、巡回相談員の活用、専門家チームの活用、特別支援教育に関わる教員研修の受講状況などについて、平成18年度の状況が都道府県別の統計資料で紹介されています。特別支援教育の条件整備に関わる状況が、都道府県ごとに比較できます。
| 次へ