CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«発達障がいが「周囲から理解されている」と 感じる保護者は、わずか3割 (株)ウィングルの調査結果 | Main | 4月5日に成年後見制度の活用を進める講演会―「発達障害啓発週間」のとりくみです»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
通級指導が小中学校で5年前の1.6倍ー今日の「毎日新聞」が報道 [2014年04月03日(Thu)]

「毎日新聞」が以下のように報道しました

通級指導:障害で7.8万人、通常学級から一時離れ別教室へ、小中学校、5年前の1.6倍 

 障害がある子供のために一部の時間だけ通常学級とは別の教室で指導する「通級指導」を受けている公立の小中学生は、2013年度7万7882人で、5年前の約1・6倍に増えたことが文部科学省の調査で分かった。同省は「学校できめ細かい指導が浸透してきた表れ」とみているが、指導時間は約8割が週1〜2時間にとどまるなど、学校の指導体制が追いついていない状況もうかがえる。【三木陽介】

 通級指導は、障害を抱えた子供の個々のニーズに応じた指導をするため、一部の時間だけ別室で指導する特別支援教育の一つ。通級指導を受ける小学生は7万924人(前年度比5468人増)、中学生は6958人(同895人増)で、全小中学生の約0・8%。言語障害が43%で最も多く、自閉症16%▽学習障害(LD)14%▽注意欠陥多動性障害(ADHD)13%−−と続く。
 指導時間は週1時間(49%)と週2時間(33%)が合わせて約8割。通級指導には、在籍する学校内で指導を受ける「自校通級」と、担当教員がいなかったり教室がなかったりして他校や特別支援学校で指導を受ける「他校通級」などがあるが、他校通級は49%で、自校通級(45%)よりやや多い。
 自校通級が可能な学校は小中合わせ3557校で5年前より1・6倍に増えたが、全体の12%にとどまる。担当教員は6205人で、担当教員1人当たりの児童生徒数は13人。全国特別支援教育推進連盟(東京都)の大南英明理事長は「通級指導が必要な子供は実際は12万人ほどいるとみられるが、今の支援体制では限界がある。担当できる教員の養成と確保がまだまだ必要だ」と話している。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント