CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«特別支援学校の整備を求める請願を宮城県議会が全会一致採択 | Main | 知障専(宮城県特別支援教育研究会知的障害専門部)のサイトをリンクに追加しました»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
日本発達障害ネットワークのめざすものを確認しながら、組織と運動の発展方向をめぐり熱い討論 [2009年12月16日(Wed)]

 12月12日と13日の二日間、武蔵野市の成蹊大学で日本発達障害ネットワーク(JDDネット)の年次大会が開催されました。盛りだくさんの企画の中で、各都道府県で活動しているエリア会員の代表が参加してJDDの今後の活動方向をめぐって意見交換する大会企画があり、宮城県から二人が参加し発言しました。
 JDDには、各方面から大きな期待が寄せられていますが、それはいまJDDが用意できる範囲を質量ともにはるかに上回っているようです。各団体でなすべきこと、ネットワークで担うべきこと、この二つの峻別が求められており、田中康雄代表から現状の報告と問題提起をしていただき、JDDが直面している課題を共通認識にするための意見交換がまず行われました。
 「加入している具体的メリットがほしい」というエリア会員の率直な声に対して、宮城県の参加者が、JDDの現状から出発して考える立場から発言。「現状を踏まえれば、エリア会員は一方的に理事会にサービスを求めるのではなく、まず自分もJDDの一員とする立場に立つべきではないか」「エリア会員は、責任のある参加の仕方をして、そこからメリットを得ていくべきではないか」「理事会に負担をかけることのない方法で、エリア会員相互が情報交換できる仕組みをつくるなど、さしあたり実行できることから具体化してはどうか。具体的には、エリア会員間の情報提供・情報交換のためのメーリングリストまたはオンラインストレーいサービスなどを検討できないか」と、建設的な提案を行いました。出席者から、類似の発言が続いたこともあり、田中代表が理事会での検討を約束しました。
 発達障害に関わる団体は、各地で活発に活動していますが、都道府県内で関係団体が何らかの方法で連絡を取り合っているところは、臨床心理士会の倭文真知子氏が把握している限りではまだ24都道府県で、ネットワーク形成が始まっているところは12都道府県にとどまっています。発達支援ひろがりネットは、JDDネット初代代表の山岡修氏が示した提案にもとづいて活動を具体化し、地方自治体の行政の到達点をモニタリングする活動も試みていますが、こうした実践例はまだ少ないのが実情です。宮城県の発達支援ひろがりネットのこの間の努力と、ネットワークのあり方をめぐる模索は、今回の討論で多少の貢献になったのではないかと思っています。
 それにしても。討論で見られた参加者の熱情はすばらしいものでした。
 法制度の外に置かれる続けてきた発達障害を光の中に押し出したのが発達障害者支援法の施行(2005年4月)でした。この法律の施行にコミットする使命を帯びて誕生した発達障害ネットワークというミッションを必ず成功させたい―個々の問題で見解の相違があっても、ここに参加者の共通する思いがあることを感じました。
 あっという間に3時間半が過ぎ、終了時に気がつくと、大学の窓の外は真っ暗になっていました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント