CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域プロデュース | Main | 防災/BCP»
Gifter LABO 保護者との意見交換会からの気づき〜Gifter LABOの活動に参加 したきっかけと、代表山崎によるGifter LABOへの想いについて〜 [2015年03月24日(Tue)]
3/23に開催したGifter LABOの「オンリーワン体験スクール きみのオンリーワンをスイッチオン」での保護者交流会でのお話から。Gifter LABOの活動に参加したきっかけと、代表山崎によるGifter LABOへの想いについて。

◆ギフターラボのイベント「オンリーワン体験スクール」に参加したきっかけ

父親Aさん
「中2と小6の子どもがいる。上の子が、幼稚園の頃から他の子と違う行動をとるようになった。気になったことがあると、さーっとそっちへ行ってしまう。多動と学習障がいがある。

そういうこともあって、下の子は別の学校に行かせた。自分は、下の子とサッカーで過ごすことがほとんどで、上の子との時間がとれていない。だから、今日は時間をつくってきた。」
「また、こういうイベントがあることも、自分の子どもに発達障がいがあることを人に話さないと情報が入ってこない。話さないとわからないことがたくさんある。」

母親Bさん
「1歳半検診で診断がくだった。最終的な判断は3歳くらい。うちの子は、子どもがいる場所を嫌がったり、機械の音を怖がる。」
「特別級に入れたが、途中で子どもが自分の置かれている環境(人とは違う)に気づいた。そこで子どもが親に言ったことが

【どうして俺は特別級なんだ。そのせいで、俺には友達ができないんじゃないか。発達障がいというのは、俺にそっくりだ。俺はこの病気なのか?】

そこで、子どもに告知することになった。本人は悩みに悩んだ結果、「普通のコース(クラス)に行きたい」と決断。そこで、それなりに過ごしてきたが、家に引きこもりがちになってしまった。そのような時にギフターラボの活動を見て、申し込んだ。」

母親Cさん
「中2の子どもがいる。母子家庭。小2の時に勉強がわからないと泣き出した。」
「結婚していた時に幼稚園に入れたが、すぐに退園させられた。1ヶ月目で呼び出しがあり、行動がおかしいと言われ、3か月も経たず退園をさせられた。その後、療育センターなどいろいろ周った。しかし、その間に離婚することになり、引っ越すことになる。そして、新しい土地で、また最初から探さなくてはいけないといのは、大きな負担。」
知的障がいがないので療育手帳をもてない。そのため、支援学校にはいけない。ずっと支援級にいるので勉強が遅れていて、公立の学校に入れると勉強についていけないと思う。私立になるとお金がものすごくかかるので厳しい。この話になるととまらなくなる。」

◆ギフターラボ代表山崎より

<団体を立ち上げた時の想い>
・発達障がいをもった子ども(自分の子ども)は、良いところがあるのに、どこも受け入れてくれない。本人はやりたいのに。社会は多様なのに、なぜ、学校の中だけ、多様性がないのか。それなのに、社会に出ると、「アイデアを出せ」と言われる。子どものころに個性を失わせるようなことをしているのに、社会に出たら独創性やイノベーションを求められるという矛盾。

・保護者の方に、体験プログラムのボランティア先生の人生ストーリーを知って欲しい。世の中にはいろいろな人生を送っている人がいる。

・未来は予測できない。2011年に小1だった子どもが就く職業の65%が、今は無い仕事だと言われている。今の価値観で子どもたちの将来を決めていいのか。

・ひとつの「好き」を極めた経験から得るものは大きい。昔はつぶしがきかないと言われていたが、たしかに中途半端な「好き」ではそうなる。しかし、中途半端じゃない、発達障がいをもった子どもがもっている集中力やこわだりは、「好き」を極めることができるのではないか。それは、「学び方」「自主性」「共感力」「有能感」=>「未来をアタリをつけて突き進むチカラ」を与えてくれるのではないだろうか。

<課題>
・才能は深堀が必要で簡単には見つからない
・創造性は成長とともに失われる

<必要な環境>
多様な体験×メンター(メンターは社会人でなくても、お兄さん、また年下でも良い)

<多様な体験とは>
自主性を引き出す水たまりのようなもの。水たまりにばしゃっと入ろうかやめようか迷っている子どもがいる。大人が後ろから押すと、あとから「お父さんが押したから入ったんだ!」となる。

・子どもたちが自ら水たまりに飛び込めるようになるには、親ではない、運命の人との出会いがあるかどうかが大きいのかもしれない。その運命の人との出会いを機械的に創造していきたい。

<オンリーワンをスイッチONってどういうこと?>
自分の好きなことの「ワン」を見つければ、「ツー、スリー、フォー」と続いていくと思う。だから、まずは「ワン」を見つけよう。そのお手伝いがギフターラボのミッション。

◆感想

今回のお話を聞いていて思ったことのひとつとして、グレーゾーンと呼ばれている(この呼び方は好きじゃないのですが、伝わりやすいように使っています)発達障がいをもった子どもたちが、「自分がいる環境が違っていることに気付いた時のショック」「発達障がいと告知を受けたときのショック」を、ショックじゃないように(できるだけポジティブに)伝える方法を共有していくことも大事なのだと思いました。その子にとっての自己肯定感・その後の人生への影響がとても大きいのだろうと感じました。

また、最後に、以前よりGifter LABOを応援していただいている保護者の方の中から、新しい活動を始めたというご報告があり、それもとても嬉しいニュースでした。ポジティブな連鎖がGifter LABOの活動から生まれることは、とても嬉しいことです。

朝顔.jpg
こちらは、保護者の方からいただいたNAOKOアサガオ(宇宙アサガオ)。宇宙飛行士の山崎直子さんが、スペースシャトル”ディスカバリー号”で宇宙へ持っていたアサガオの種。 私も育てて、みんなに配りたいと思います!
Gifter LABO 保護者との意見交換会からの気づき 〜当事者家族以外の第三者(社会)の理解と協力が必要な理由〜 [2015年03月23日(Mon)]
昨日のGifter LABOの保護者17名の方との意見交換会からの気づきをまとめました。(わかりやすくするために、一部の言葉・表現は変えています)

私は、保護者の方が、【どのような支援や支援者を必要としているか】という視点で聞いていました。その中で感じたことは、下記4つです。

@子どもを見守り、得意なことを見つけ伸ばしてくれる第三者

A学校の先生の発達障がいの知識と理解
(子どもの自己肯定感への影響。理解が無い=親の負担増)

B世間(特にご近所)の発達障がいへの理解。
(理解されない=親への非難=家族の孤立)

C子どもたちが、「自分で努力」できる環境
(環境が無かったら努力もできない)


@子どもを見守り、得意なことを見つけ伸ばしてくれる第三者がなぜ必要か

父親Aさん
「ギフターラボに来ると、子どもが先生によく質問している。学校だったら、興味があって質問をしても、授業が進まないからシャットダウンされる。子どもの興味もシャットダウンされる。しかし、先生の立場からしたらやむを得ない。だから、先生個人の問題ではなく、学校を変える必要がある。」
「親にはなかなか難しい。なぜかというと、親が言っても、子どもはやる気にならないものだから」

母親Bさん
「障がいがあると行動範囲がせまくなり、出会いも少なくなる。だから、「きみ、やってみなよ!」と言ってくれる大人と出逢わせてあげたい」

母親Cさん
「「自分にはできない」と思っていたことが、見方を変えるだけで、実は自分に出来る、結構得意であることに気付くことがある。「見方を変える」「教えてくれる人がいる」「機会をもらえた」ことで、自分の好きなことや得意なこと気づくことがある。それは、親だけでは無理なこと。親も本人も、その才能は無いと勘違いしていることはもったいない。」

父親Dさん
親はいつも生活しているから、子どもが苦手なことを何とかしようと思うけれど、第三者は一緒に生活していないから、そこは気にならない。だからこそ、違う視点で子どもを見れる」

「好きなことを見つけても、いつかつまずく。その時、そのままほったらかしになると、そのままになってしまう。繰り返しと身近な目標を設けて、自信をつけさせたい。そうすれば、どんどん成長できるのではないか。」


A学校の先生の発達障がいの知識と理解
(子どもの自己肯定感への影響。理解が無い=親の負担増)


母親Eさん
「自分も多分発達障がいなのだと思う。子どもの頃、歌を歌うことが好きだった。楽譜が読めなかったが、耳ですぐに覚えることができた。だから、私にとっては楽譜は必要ないが、成績は楽譜が読めるかで評価されてしまう。ここを理解してくれる先生が必要。」

母親Fさん
「先生が発達障がいの知識や理解が無いことが少なくない。知識や理解がなければ、子どもたちの気持ちを理解できない。その結果、自己肯定感が低くなっていく。いい先生に出逢えたことがあった。その先生は発達障がいの知識と理解があった。ある日、「●●さんはパソコンやらせたほうがいいよ。たぶんできるよ」と言われ、自分はそんなこと思ったことなかったが、実際にやらせて正解だった。やはり、一番近い親でもわからないことがたくさんある。」

母親Gさん
「先生の対応は先生によって違う。子も親も選べない。当たりはずれがある。しかし、子どもが一番長い間一緒にいるのは先生

父親Hさん
「学校の先生と話していると、知識レベルが低い先生高い先生と、かなりばらつきがある。先生という肩書を信用できない。発達障がいへの理解があるエキスパートがいない。せめて、先生はそうあってほしい。先生の発達障がいへの理解がないと、親が全部やらなきゃいけなくなる。親の負担が大きい。」

父親Iさん
「本当に良い先生は、適切な特別扱いをしてくれる。それが、教室の中で排除を生み出さず、包摂につながっている。誰にも公平が原則という考えは、本当に正しいのか。」


B世間(特にご近所)の発達障がいへの理解。(理解されない=親への非難)

母親Kさん
「近所の人に、子どもに発達障がいがあると伝えても、理解されずらい。偏りがあるということは目に見えない。普通に挨拶も会話もできるから。支援級に入れていると話すと「なんで?普通にしゃべれるんだから(支援級に入れるのはおかしい)」と批判される。


C子どもたちが、「自分で努力」できる環境(環境が無かったら努力もできない)

母親Lさん
「才能はあったほうがいいが、努力は必要。でも、努力は環境がなかったら、努力することもできない。そもそも、努力しようという気持ちにならなくなってしまう。グレーゾーンの子どもたちが才能を伸ばすには環境が必要。では、親がやるのか?親だけじゃやりきれない。親が言っても、子どもはやる気にならない。だから、ギフターラボような環境を提供してくれる団体は必要

◆感想

保護者の方々が共通しておっしゃっていたのは、

「親が言っても、子どもはやる気にならない。だから、ギフターラボのような環境が必要」
「社会の発達障がいの知識と理解。せめて、学校の先生だけはしっかり持っていて欲しい。」
「発達障がいの理解が無いということは、親への非難に繋がる。また、その分、親がやらなきゃいけないことが増えるということでもある」


だと、私は受け止めました。

だからこそ、ギフターラボのように、当事者以外のメンバーが中心になって、子どもたちや保護者の方を応援する団体、取り組みに期待していただいているのだと思います。そして、やはり、学校の中に入り込むことの重要さも改めて感じました。ギフターラボは、学校外での取り組みですが、学校に通っている子どもたちが一番影響を受けるのは、学校、先生なんですよね。また、そこの理解がないことが、保護者の方の、肉体的にも精神的にも経済的にも負担となっているのだと思います。

「家族のことは家族で解決すべき」という血縁の縛り・社会の意識を、新しい【縁・情・恩】(NPO法人パノラマの石井さんの言葉をお借りします)のネットワークで壊していきたい、そう思いました。

GL.jpg
Gifter LABO×社会起業大学のコラボ企画『Gifter LABOミニフェスタ@社会起業大学』を開催しました [2014年10月16日(Thu)]
13日は、Gifter LABO×社会起業大学のコラボ企画『Gifter LABOミニフェスタ@社会起業大学』を開催しました。今回は、企画から当日の運営まで、社会起業大学の学生さんのサポートで、実現することができました。

GL2.jpg

また、今回は、同時に保護者(お母さん)との意見交換会を行い、私個人としては、フェスタよりも、こちらでのお母さんからの声が心に残っています。

発達障害をもった子どもたちは、個性が強かったり、集団行動が苦手だったりすることが多いので、学校になじめなかったり、不登校となることが少なくありません。また、保護者の方は、「発達障害」という見えづらい(理解されづらい)特性とどう付き合っていくか、一人で悩まれていることも多いのが現状としてあります。

先ずは、お母さんたちの声から。

■テーマ@:発達障害に関する情報収集はどこまですべきか?

発達障害を「個性」だと捉えるか、「障害」だと捉えるかでも、情報収集の考え方が変わってきます。また、最近では、発達障害に関する様々な情報やニュースも入ってくるので、「何を知らなくてはならないのか?」という点でも難しいテーマだと思います。

・「うちは、手帳はとっていない。また、敢えて発達障害に関する情報をとりすぎないようにしている。それが良いと思っているが、情報や知識が無いことが、本当に良いことなのかわからなく悩んでいる。本やWebを読んで勉強といっても、そんなこと実際の子育てに活かせられるか?知識で出来ることじゃない。知識があったとしても、知識よりも感情が先に動くから難しい。そこに大きな葛藤がある。そういう気持ちを発散する場所も、自分にとっては必要。」

・「発達障害の診断が出れば、学校側も配慮や工夫をしてくれる。手帳をもつことが、マイナスになることは無いと思っている。試験も別室で受けさせてくれたりとか、時間を延ばしてくれたり、席を前の方にしてくれたりとか、名前を何度も呼んでくれたりとか。メリットの情報は知っておいた方がいい。」


■テーマA:「勉強ができても成績は悪い」という矛盾から発生する自己否定感

発達障害をもった子どもは、発達凸凹(得意不得意がはっきりしている)があることが特徴としてあります。そのため、学校の勉強も、得意な教科と不得意な教科がはっきりしていることが多いようです。

・「学校は、勉強ができても(テストの結果が良くても)、態度が悪いと成績(評価)が悪くなる。いくら100点をとっても、先生から態度が悪いと思われたら、成績は下がる。」

・「得意不得意がはっきりしている子は不利」

・「学校の評価は進学に影響するので、親としても気になってしまうところに、また葛藤がある」

・「子どもの成長は早い。将来のことなど、すごく先のことばかり考えてしまう」

・「学校に行かせていると、どうしても「せめてこれくらいは」などと思ってしまう。学校に行かせないと腹をくくったら、人と比べなくなり、気持ちが大分楽になった」

・「『勉強できなくても、成績が悪くても気にしなくていいよ』ということをいくら親が思って、本人に伝えていても、「学校での評価が低い」という事実は変わらなく、それを子どもは認識している。そこで、子どもは、自分で自分の評価を下げてしまっている。」


■テーマB:周りに子どもの特性をどう伝えるか?

発達障害をもった子どもは、行動にも特性があることが多いため、家の外(学校や知人の家など)で、「周りをびっくりさせる行動をとるのではないか」と保護者の方は心配することが多いそうです。

・「この子が人と変わっていることは、隠しても隠しきれない。だったら、最初から、ご近所さんや知り合いには『ごめんね、うちの子変わってるから』と伝えてしまう。(例えば、友達の家に遊びに行った時に冷蔵庫を開けてしまわないかとか。服を脱いだりしないかとか。)
→「周りに伝えることで、気持ちはすっきりするか?」
→「すっきりしないね」

・「親が思っている以上に、子どもは外でちゃんとしている。家の中と外では切り分けをしている。」

・「家の中でやっている'変わったこと'を、外でもやってしまうのではないかと思って、やきもきしたり、子どもに口うるさく言ってしまうが、外ではちゃんとやっている。」

・「ただ、追いつめられると、パニックになったり態度が頑なになるタイミングが、他の子よりも早い。」


■今回気づいたこと

今まで自分が勘違いしていたこと。
得意不得意がはっきりしている子、先生と合わない子は、画一的な教育・評価基準の中では、成績や学校からの評価が低くなってしまうそうです。それに対して、私は保護者(家族)の理解・サポートがあれば、自己否定感は防げるものだと思っていました。

具体的には、「成績が悪くても(テストが100点でも態度が悪いとみなされると成績は悪くなる)、先生と合わなくても気にしなくていいよ」ということを親などの家族が本当に思って、本人にしっかり伝えられていれば、自己否定感はあまり生まずにすむのではと。

しかし、実際は、それでも「学校(クラス)での評価が低い」という事実は変わらなく、それを子どもは敏感に感じ、認識し、プレッシャーとして受け取ります。それは、どんなに楽観的な性格の子どもであっても傷つき、自分で自分の評価を下げてしまっているそうです。学校になんとか行ける子が、行き続けるのがなぜ怖いか(人生がどう変わってくるのか)ということは、こういうことなのかもしれないと思いました。

「子どもたちは疲れている」というお母さんの言葉が心に残っています。
子どもたちにとって、プレッシャーを感じやすい・許容力の無い学校・環境というのは、子どもたちだけでなく、先生にとっても、保護者にとっても、地域にとっても生きづらい社会なのではないでしょうか。


そして、子どもたちは疲れていることを知り、子どもながら大きなプレッシャーを受けてかわいそうだと思いながら、感情で怒ってしまうことに大きな葛藤を抱えている保護者の方。子どもを連れてきて下さるのは、保護者の方。子どもだけでなく保護者の方の心身のサポートも一緒に考えなくては、何か不安が大きくなったときに、こういった場にも現れなくなってしまうのではないかと思いました。

最後に、社会起業大学のみなさま、本当にありがとうございました!!

GL.jpg
社会起業大学 ABC研究部会×Gifter LABOコラボ企画「Gifter LABOミニフェスタ@社会起業大学」キックオフでした。 [2014年08月13日(Wed)]
本日は、社会起業大学 ABC研究部会×Gifter LABOコラボ企画。「Gifter LABOミニフェスタ@社会起業大学」のキックオフでした!

■「体験」から「日常」へシフトしていくために


Gifter LABOが現在抱えている課題として、ギフターラボフェスタ(お仕事体験プログラム)にリソースがとられてしまっていて、肝心な「ひとりひとりの子どもに向き合う」取り組みに力を入れられていなく、子どもたちへのサービスが「体験」で終わってしまっているということがあります。

最近、防災を勉強していることもあって改めて思うのですが、防災訓練(体験)の数はあまり重要ではないかもしれなく、それよりも、どれだけ日常に落としていけるか、実際に自分の体が自然に動くようになるかということが大事だと思うのです。そのためには、「体験」から「日常」へとシフトしていきたい。

そんな代表や団体の思いを、ギフターラボのスーパーマン斉藤さんが主体的に動いてくださり、社会起業大学とのコラボ企画につなげてくださいました。


■Gifter LABO以外のメンバーがギフターラボフェスタを企画・運営

秋に、Gifter LABOのミニフェスタを開催する企画をたてています。今回の特徴は

企画・運営は、Gifter LABOメンバー以外で行う。(社会起業大学)
・上記メンバーをサポートするGifter LABOメンバ-も代表以外で


なんです。今後の展開(フランチャイズなど)も考えてですが、さすが斉藤さん!


■団体メンバー以外の人がやるからこそ、わかる気づき

今回は、Gifter LABOメンバー以外の人が運営するという実験の機会でもあります。そういうこともあり、その方々の意思のあるコンセプトにしたいと思っています。また、今日は、それによる気付きが、早速ありました。

・ボランティアさん(ボランティア先生として)の誘い方のポイント。=Gifter LABOの先生をやることのやりがいを、ちゃんと伝えられていない。また、どういう情報があったら、安心するか。不安がなくなるか、という点も。

・子供たち・保護者にとってのGifter LABOの魅力も、教材や好きなことができるというよりも、先生含めた「人」が魅力であり、子どもたちにとっては、「先生が自分を認めてくれた」とか、「自分を受け入れてくれた」とかそういった経験ができることが魅力。ボランティア先生を誘うときも、それをちゃんと伝えた方がいい。

学習効果(教育の成果)を示すことが難しいことはわかっているが、でも、団体として見える化して説明できるかどうかは、大事なポイント。

GL.jpg

うれしい気づきであり、やっぱり、団体の外からの意見って大事だなーと改めて思いました。そして、Gifter LABOフェスタの企画から当日の運営までご協力してくださる、社会起業大学の学生さん、卒業生の方々に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。