CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«戦略的CSR(CSV)が、企業内社会起業家を育てる 〜企業内社会起業家(ソーシャル・イントラプレナー)という働き方〜 | Main | NPOの間接費用が認められにくい理由〜NPO業界の男性の寿退社問題!?〜»
営利と非営利の枠を超えた「社会貢献企業」 〜社会起業家とCSRという二つの潮流の合流〜 [2014年01月03日(Fri)]
今日は、先日読んだ、田坂 広志先生の『未来を予見する「5つの法則」』の中から社会起業家・CSRに関わる部分の内容共有と、今後社会が生み出していくであろう「社会貢献企業」とについて思ったことを書きました。

先ず、本書のP.140に書かれてある内容を一部ご紹介。
-------------
「営利企業」と「非営利企業」は、互いに「社会貢献企業」への進化する。

営利企業が「社会貢献」という点で非営利組織から学び、
非営利組織が、「経営基盤」という点で営利企業から学びながら、
両者が「相互浸透」をしている姿と言えます。

従って、これからの時代には、
この「CSR」と「社会起業家」という二つの大きな潮流が合流し、
その結果、そこには
「営利」と「非営利」という二頂対立を超えた、
「社会貢献企業(Social Enterprise)」と呼ぶべき
新たな企業組織の姿が生まれてくるでしょう。

引用:未来を予見する「5つの法則」田坂 広志 (著)

-------------

本書によると、「社会貢献企業」とは、本業を通じて社会に貢献するという明確な目標を掲げつつ、同時に、その本業を通じて、組織の運営、継続、発展のための『収益を確保』していくという
新たな企業組織の姿であり、今後多くの企業や非営利組織が「社会貢献企業」へ進化していくだろうと説明しています。

非営利企業から社会貢献企業への進化。これは、事業型NPOが良い例かもしれません。また、その他にも、「社会問題を解決する/社会を変える」ことをミッションとしている株式会社(ソーシャルベンチャー)も増えています。社会貢献企業は事業成功による社会貢献を目的としていることから、株式会社という事業形態をとることも一般的になるのではないでしょうか。

とは言っても、ピンと来ない方のために、事業型NPOの事例をご紹介します。

-------------
『特定非営利活動法人育て上げネット』
2001年に無業の若者(ニート、フリーター)を中心に、働くことに不安を感じるなど問題を抱えている若者、保護者等に対して自立支援を行うために設立された団体。
http://www.sodateage.net/

-------------

育て上げネットさんは、「政府も民間も対応できていない社会課題」に対して立ち向かい、無業の若者の就労支援を事業化し、成果も出されています。ボランティアではなく、より多くの困難を抱えた若者たちに支援を届ける「社会インフラ化」をすることを目指している点が特徴。スタッフも有給スタッフが殆どであり、新しい働き方・雇用(=新しい価値観)も創出。代表の工藤さんは、社会起業家として、企業CSRとの連携がとても上手です。私も勉強させていただいています。

NPOというと、ボランティア団体の延長線と思っている方も多いと思います。CSRについても、単発的な支援というイメージがある方が多いと思います。でも、既にNPOも企業CSRも、戦略的・持続可能な仕組み作りに取り組む流れになってきているのです。

「社会貢献企業」と共に、B to N(Business to NPO)ビジネス企業とNPOを跨ぐチカラ、が注目されてくると思います。実際、B to Nも、企業とNPOを跨ぐチカラを持っている人は、まだまだ少なく、企業とNPOをつなげることができる人材の育成は、今後重要になってくると思います。何より、私自身が最も身につけたいスキルの一つです。

社会問題解決の最前線で闘っている社会起業家、企業の中でビジネスの最前線で闘っているビジネスパーソン、この両者がパートナーとなり、同じ目標に向かって進んでいったら、日本に新しい価値観(働き方・生き方)が生まれ、日本の未来も変わってくるのではないでしょうか。

そして、まさに私の周りでも、その動きが出始めています。
外資系企業を中心とした、企業の中の最前線で働いているビジネスパーソンが、プロボノの中間支援組織『ENPOWER (※NPO法人申請中)』を立ち上げ、私も共同代表の一人として活動しています。ENPOWERとは、「NPO」に「EMPOWER(力を与える)」という意味の造語で、日本の社会起業家を支援する団体です。社会人経験豊富で志の高いビジネスパーソンが持っている職業スキル、また企業の仕組みを活用して、NPO向けサービスを提供することにより、『''世の中を変える力''を日本の社会起業家へ』というミッションを持っています。

そして、実は、メンバーの多くが、今までNPOやボランティアとは無縁だった方で、そういったビジネスパーソンが、社会起業に関心を持ち、自ら団体を立ち上げるというリーダーシップをとる姿を見て、時代が大きく変わってきていることを実感しています。

まだ、立ち上がったばかりですので、本格始動しましたら、こちらのブログでも活動報告をしていきたいと思っています!
タグ:NPO CSR CSV B to N
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント