CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«読書ノート〜ジオジオのかんむり〜 | Main | 立教大学院 21世紀社会デザイン研究科 ソーシャルデザイン・オープンゼミ「リスク社会とソーシャルデザイン」〜専門家による科学的な判断と社会による価値判断〜 »
お雛様と丸福清花園福家さんの花桃 [2016年02月27日(Sat)]
お雛様を出しました。お雛様って、美人ですよね。子どもの頃は綺麗だとは思わなかったけど。

お雛さん.jpg

お雛様に合わせて社会貢献企業 香川県 丸福清花園福家さんの花桃【曙】を買いました。すごく綺麗です。

桃.jpg

丸福清花園の花桃の原点は、昭和50年代当時、小さな女の子が入院中のおばあちゃんのために桃の花を買いに来た時、桃の花がなく、泣きながら帰ったという話を聞きいたことから始まったそうです。 当時、枝物の消費の中心は生け花用だったので、現在とは違い店頭で一般向けの桃は3月3日を目前にして、既に売り切れていたそうですが、小さな子にこんなに残念な思いをさせてしまい、規格外の短い桃を捨てるのは忍びないと、地元の園児約500人に桃の無償提供をを始めたとのこと。その後、園児からたくさんの手紙をもらったそうで、このことが丸福清花園さんが「普段使いの枝物」を開発する原点となったそうです。

「子供がコップに水道水を入れて飾って十分というのが私どもの目指すところです」というコンセプトも素敵です。

その他、有機リン系の農薬使用は無し。この桃も、ひな祭りは、女の子の厄除けと健康を祈願したお祝いなので、そんな思いを込めて、大切に出荷されているそうです。

こういうストーリー素敵ですね。一層綺麗に感じます。

全体.JPG
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント