CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
7月の支援者研修は… [2022年06月18日(Sat)]
ハッピーピース代表のホンゴウです。

週末は支援者研修でした。
支援者6月@.jpg

久々の「今さら聞けない」シリーズ!
「発達障害種別と特徴」
削っても削っても資料が多くなってしまいあせあせ(飛び散る汗)
2時間で終わるのか…と、つい早口に(笑)

感想などは後日、保育士大地先生が
ブログをアップ予定ですので
楽しみにしていてくださいね。

…ということで…
次回支援者研修のお知らせです!
7月の支援者研修は「課題分析」を開催!

発達に偏りのある子どもたちは
日常の一つ一つにつまづきがあり
同じことを何度も何度も繰り返し伝えてしまう
そんな場面が、何かと多いかもしれません。

例えば、朝起きてから着替えて準備をする。
帰ってきて、手を洗ってから、宿題や、時間割を揃えたり

時間割.jpg

お風呂の準備、寝るまで…日々のやることは、
一連の流れ…段取りが大事になってきます。

この段取り(実行機能)が苦手なのが
凸凹を持つ子どもたちです。

「給食の準備をしましょう」といっても
遊びがやめられない、片付けられない、
手を洗いに行けない、
お箸セットをもって来れない。

こういった中に、今やっていることを
終わりにする「切り替えの悪さ」も含まれますが

頭の中に、やることの順序
段取りが上手くつけられなくて
行動できない場合があります。

それは、お片付けや掃除、
デスクワークなど、仕事の
作業効率なども含まれます。

デスクワーク.jpg

お片付けや掃除、全ての仕事は、
いくつもの作業工程があり
物事には順序(流れ)がありますが

単にやらないのではなく
わがままなのではなく
サボっているのではなく

順番がめちゃくちゃになっていたり
1つ1つの肯定でつまづいて
困っているかもしれません。

こういったことを分析・把握することを
「課題分析」といいます。

このアセスメントの方法を知ることで、
子どもや対象の方たちが
何処で混乱しているのかを明確にし
分かりやすいシステムにすることで
持っている力を発揮しやすくなります。

状況が変わらないことで
自分や相手を責める代わりに
苛立ったり、落ち込んだりする代わりに

今までとは違うアプローチを
一緒に学び手に入れませんか?
チラシ 支援者7月.jpg

支援者研修「課題分析」

日程:7月15日(金)
時間:19時〜21時
参加:オンライン(ZOOM)
※会員はアーカイブ(録画動画)受講も可能です。
料金:会員/2,000円 非会員/2,500円 学生/500円
対象:保育士、教員、専門職など支援に携わる方、支援を目指す学生

お申し込み・お問い合わせはこちらから

支援に携わる皆様のご参加を
お待ちしております(⋈◍>◡<◍)。✧♡
Posted by 本郷 at 22:06
この記事のURL
https://blog.canpan.info/happy-peace/archive/911
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

ハッピーピースさんの画像
https://blog.canpan.info/happy-peace/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/happy-peace/index2_0.xml