CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年01月 | Main | 2017年03月 »
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
避難訓練がありました[2017年02月26日(Sun)]
毎年、このシーズンに実施されている防災訓練避難訓練がありました。
今年も、三輪崎・佐野・木ノ川・蜂伏の4地区で行われました。
合同訓練ではなく、それぞれの地区での訓練でした。

午前9時、災害が発生したという放送とサイレンの合図で避難開始
IMG_5420.JPG

貴重品を背に、非常持出袋をお腹に両手を空けて出かけましたるんるん

私は足が悪く、走れないので、家族から避難するときは、標高の高い方を選んで行くようにと言われていますので、避難場所へは少し遠回りになりますが、高台の道を通りました。
IMG_5423.JPG

避難場所に指定されているみつばち公園
IMG_5427.JPG

班ごとに分かれて整列。班長さんが人数確認。9時13分
避難としては、遅いのか?もうやだ〜(悲しい顔)速いのか?もうやだ〜(悲しい顔)

その後、新宮市二次避難所に指定されている
みくまの支援学校へ移動して、学校の防災の様子を先生が話してくださいましたかわいい
IMG_5429.JPG

この学校へは、新宮市、東牟婁郡、田辺市本宮町、串本町から78名の
小学部、中学部、高等部の生徒さんが、通学されているそうです。
健常者のように速やかな行動ができるわけではないので、あらゆることを想定して防災・減災に取り組まれているとの話がありました。
廊下に青ゾーンのマークをつけ、避難が必要な時はまずこのゾーンに集まり、壁にかかっているヘルメットを被って退避。
バスも、入り口に前向き駐車。生徒の一秒でも早い乗り降りのため。
そして、バスの前には、どこで被災するかわからないので、
「地域の皆様、手助けをお願いします」というようなステッカーも貼られていました。
IMG_5430.JPG

100円ショップでそろえられる防災グッズも紹介してくれました。
IMG_5433.JPG

訓練の最後は、給水車からの給水のやり方でした。
IMG_5436.JPG

毎年、地区役員の皆様が同じ避難訓練にならないように工夫をしてくださっています。

今年も、勉強になる訓練揺れるハートでした。

新宮城跡の桜[2017年02月22日(Wed)]
最近、新宮でも予約だけで席が埋まるレストランができたという噂を聞き、
5日前に予約をして出かけました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

なんだか嬉しくなるるんるんお味でした揺れるハート

お腹が重くなったので、近くの新宮城跡へ行きましたくつ

桜はるんるんまだかいなるんるん

昨年もアップしましたが、新宮城跡の桜は、この辺りでは3月の下旬と少し遅く開花します。


新宮城跡の桜の今日の様子
1487756376638.jpg

つぼみが膨らんでいますかわいい

今年は、開花が早いかもぴかぴか(新しい)
三輪崎海水浴場と足湯[2017年02月15日(Wed)]
冷えますね〜あせあせ(飛び散る汗)
こういう時は温泉にでも・・いい気分(温泉)

しかし、湯冷めして風邪をひくのが心配もうやだ〜(悲しい顔)



近場の足湯に行くことにしました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

三輪崎漁港の足湯
その前にひっちゃんぽを少しグッド(上向き矢印)

三輪崎海水浴場がすぐそばにありまするんるん
IMG_5417.JPG


IMG_5406.JPG


IMG_5407.JPG

堤防にシャワーの設備もありますグッド(上向き矢印)冷水だそうですがバッド(下向き矢印)

いえいえ
足湯のところにシャワールーム(有料)とトイレもありますひらめき

近くにはこうした岩場もあります。遊歩道もあり、鈴島、孔島へお散歩もできます。
波が岩を削ってできた自然の造形美ぴかぴか(新しい)
IMG_5411.JPG

散歩の後は足湯揺れるハート
IMG_5416.JPG

誰もいなくて独り占めるんるん

しかし、冷たいたらーっ(汗)

誰もいないのがわかる気がするあせあせ(飛び散る汗)

足を入れてしまったから温まるしかないもうやだ〜(悲しい顔)
不謹慎だが、出湯口の下へもうやだ〜(悲しい顔)

う〜んダッシュ(走り出すさま)

出るタイミングに迷うもうやだ〜(悲しい顔)

でも、あら不思議exclamation
やっぱり温泉効果?exclamation

家でブログを書いてる今も温かいです揺れるハート
太地町 クジラ浜公園[2017年02月13日(Mon)]
IMG_5395.JPG


IMG_5396.JPG


IMG_5397.JPG


IMG_5398.JPG

本日は、太地町のくじら浜公園からの中継ですカラオケ
といいたくなるような、のどかな光景でするんるん
種類の異なる鳥さんが、ころあいの距離を取り、獲物を狙っていましたるんるん

第一京丸
IMG_5401.JPG

(第一京丸を検索して得られた情報から)
北洋・南極海捕鯨で活躍した元捕鯨船・第一京丸が平成24年、くじらの学術都市を目指す太地町のくじら浜公園に陸揚げされた。
第一京丸は、1971年に建造後、商業捕鯨時代、調査捕鯨時代の両方にまたがり活躍した船
第一京丸は総トン数812.08d。
昭和46年11月に完成して平成19年8月まで活躍。
現役引退後は山口県の下関港で係留されていたが、
太地町が平成22年11月で役目を終えた捕鯨船資料館
第十一京丸の後釜として譲渡を受けた。
同船は、観光資源として活用した第十一京丸と異なり、
後世にくじら文化を伝える資料として利用するため、
一般への内部展示は実施していない。エンジンはもとより、食器の位置まで当時のまま残している。
全国の小学生から大学生までここへ来て、捕鯨の伝承を学んでほしいという願いからだそうだ。


へぇ〜そうなんだグッド(上向き矢印)

今日の画像の中で私が一番テンションが上がったのは3枚目
アオサです揺れるハート
地元のおじさんが教えてくれました。
思わず「おいしそう」と言ったら、
「それより、黒い海藻の方が価値があるぞ!海苔だ」
「へぇ〜」目
「あんた、どこから来たん?」
「しんぐう」
しんぐう元気フェスタ’17[2017年02月12日(Sun)]
第12回
しんぐう元気フェスタ’17
本日、新宮市福祉センターで行われました。

新宮市ボランティア・市民活動センター・新宮市社会福祉協議会が
楽しく体験!知って、見て、感じて!ボランティア
テーマに日頃の活動を案内したり、体験してもらったり揺れるハート

今回は、展示3団体、体験13団体、販売9団体とかわいい

体験のスポーツ吹矢で参加してきましたるんるん

開会式新宮市長のご挨拶
IMG_5390.JPG

スポーツ吹矢
IMG_5391.JPG

ボーイスカウト新宮第2団のわたがし販売
開会前に入念に作り方の練習をしていましたグッド(上向き矢印)
IMG_5382.JPG

新宮市観光ガイドの会
熊野参詣曼荼羅図の絵解きをされていましたグッド(上向き矢印)
IMG_5385.JPG

潟Lナン 
空中遊泳
IMG_5383.JPG

日本列島をすっぽりと包んでいる寒波の影響で寒い一日でしたが、
お天気が良く、子供も大人も
いっぱい、いっぱい
楽しんでいました揺れるハート


那智勝浦町狗子ノ川周辺[2017年02月08日(Wed)]
那智勝浦町狗子ノ川(くじのかわ)には、
熊野速玉大社と熊野那智大社を結ぶルートに熊野古道大狗子峠小狗子峠がありますかわいい
IMG_5369.JPG

大狗子峠への道
IMG_5370.JPG

意気揚々と上り始めたら、山のあちこちから鉄砲の音がく〜(落胆した顔)

わぁっexclamation×2

狩猟シーズンがく〜(落胆した顔)

自身の服装を確認したら、
アースカラーあせあせ(飛び散る汗) 

わぁっexclamation×2

早々に退散して、海辺の方へ方向転換しましたもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_5376.JPG

狗子の浦
白菊の浜ともいうそうですかわいい
伝説があり、
その昔、都から平維盛を追ってここまで来た、待女の白菊姫は
維盛が入水したのを知ってここに草庵をつくり冥福を祈ったといわれています。
IMG_5377.JPG

遠い昔の子供の頃の記憶ですが、
新宮市熊野川町の山間部で育った私は、小学校の低学年の頃だったと思います。
父の会社の社員旅行で、この浜に来て岩場で貝拾い
したような?しなかったような?

家に帰ってから、家族に聞くと、
やはりこの浜で磯貝を獲ったと言っておりましたるんるん

線路を渡った先に、岩場が今もあります。
画像には岩場が写っていませんがバッド(下向き矢印)

今はサーファーが波乗りしています揺れるハート
神倉山から熊野神がお移りになられたところ[2017年02月02日(Thu)]
和歌山県と三重県をつなぐ熊野大橋を渡り、県道35号を(旧R42)少し走ると、
IMG_5353.JPG

看板が見えてきまするんるん

IMG_5355.JPG

神代の頃に新宮の神倉山にお降りになった熊野神が約2500年前にここにお移りになり始めは速玉大神、夫須美大神、家津御子大神の三柱の神を二つの社殿に祀り約2000年前に石渕の祭神の内 家津御子大神が本宮へ移られ約1900年前に石渕の熊野神が新宮へお移りになった。この時に鵜殿諸手船(もろたぶね)神船を先導し奉ったことが伝えられている(熊野権現御垂迹縁起、帝王編年記、扶桑略記)

 このように御由緒から千数百年このかた私たちの生活の中に精神的なよりどころとして代々の人々の崇敬を*受けつがれている。 又境内からは古墳時代末期(約1500年前)から鎌倉時代(約700年前)頃までの崇神用の古い土器も出土し熊野地方とくに鵜殿村にとっては神倉山に次ぐ古い祭祀遺跡で最も貴重な文化財である。

昭和54年4月吉日 貴祢谷社保存会


神倉山に降り立った熊野神が北の岩淵に移られたという日本書紀に記載されている北の岩淵とされる神社ですぴかぴか(新しい)
IMG_5356.JPG

長い参道を上った先に、社がありますぴかぴか(新しい)
IMG_5357.JPG

山全体が神域

IMG_5358.JPG

熊野神がお移りになられた、阿須賀社後ろの北の岩淵
すぐそのなのに、
やっと行ってまいりました揺れるハート


検索
検索語句
最新コメント
おおえです
国体用千羽鶴の作成 (08/18) おおえです
頑張ろう!紀の国わかやま国体 (06/29) おおえ
駅前清掃と花壇整理 (04/07) 熊野川のおおえです
しんぐう元気フェスタ’15開催 (03/09)
駅前広場にぎやかに (11/27)
タグクラウド
プロフィール

tamakiさんの画像
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index2_0.xml