CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年11月 | Main | 2017年01月 »
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
熊野古道中辺路 高原熊野神社[2016年12月31日(Sat)]
熊野古道中辺路
高原熊野神社に行ってきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

高原熊野神社(たかはらくまのじんじゃ)は、熊野九十九王子には入っていませんが、応永10年(1403年)に建てられた朱塗り檜皮葺、春日造の社殿だそうです。
熊野古道沿いの神社では現存最古のものだそうですぴかぴか(新しい)
IMG_5074.JPG


また、境内には、樹齢1000年といわれるの大木がありますぴかぴか(新しい)
IMG_5076.JPG

こういう大木を見ると、近づいて耳をあてたくなりますよねるんるん

前回、2年前に訪ねた時は、ずう〜っと耳をあてて癒されたのですが、
今回は幹の周りにが張られ、近づけないようになっていましたもうやだ〜(悲しい顔)

私のような不届き者が多いのでしょうふらふら
根っこを踏んでいるってことですものねあせあせ(飛び散る汗)

訪れる人が多くなると、それに比例して立ち入り禁止も増えてきますバッド(下向き矢印)
自然との共存ですから、人間が気を遣う事ですねるんるん

高原の里からの眺め揺れるハート
IMG_5079.JPG

今年も今日が大晦日
皆様 よいお年をお迎えください
ぴかぴか(新しい)
熊野古道 風伝峠 風伝おろし[2016年12月25日(Sun)]
熊野古道 伊勢路の風伝峠
この山を越えてくる朝霧のことを『風伝おろし』といいます。

10月〜5月頃の雨の後、翌日が晴れになる時に多く見られます。
晩秋から冬にかけてが一番きれいに見られると言われています。
時間は午前7時〜午前8時頃の間、
山の向こう側の紀和町の温度が下がり、入鹿盆地に発生した霧が風伝峠を越え、さぎりの里側(海側)が暖かいときに尾呂志地区に下ってきます。

風伝(ふうでん)おろしで検索してみてくださいぴかぴか(新しい)

えっexclamation
画像ないんかい?
はい。ネットにはあらゆる角度からの風伝おろしが掲載されていますのでかわいい
そちらでお楽しみくださいグッド(上向き矢印)

この中央の山並をふわっと
IMG_5127.JPG
真っ白な霧が麓の尾呂志地区へと流れ下りてきます。

それは、それは幻想的ですぴかぴか(新しい)

JRきのくに線に乗っていても、条件が合えば見ることができます。
もちろんR42号からも揺れるハート
折形(箸包み)[2016年12月24日(Sat)]
いつから箸包は凶の包みになったのでしょう?

2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、翌年の2014年には和紙(日本の手漉き手漉き和紙技術)が同じく無形文化遺産に登録されました。日本文化が世界でも注目を浴びています。

昨今の和食ブーム。また熊野へも外国人旅行者が多く訪れています。その効果でしょうか?あちこちに古民家カフェがオープンしています。
各店が工夫をこらしたお料理をいただくのはとても楽しいものです。しかし、最近少し気になることがあります。

それは、脇役ではありますが、和食にはなくてはならない「箸」を包んでいる箸包(箸袋)がの包み方であることです。
店主がもてなしの意味を込めて手作りにこだわっているのでしょうが、日本の伝統作法『折形』をたしなむものにとっては、せっかくの食事に興ざめしてしまいます。

(どちらも凶の包み) 
IMG_5085.JPG

また、和紙の中では普段使いである千代紙で作成しているものにも、「おもてなし」の気持ちは感じられません。

和のしきたりをふまえた上で作成していただきたいと願うばかりです。
ここ数軒訪ねたカフェのほとんどが凶の包み方。
なぜ?とネットを検索したところ、ネットにあふれている箸包の多くがビジュアルだけを重んじた凶の包みであることがわかりました。

日本の伝統もこうした作法をご存じない方がネット上で拡散することで、やがてこの凶の包み方がまた伝統として受け継がれていくのも時代の流れととらえないといけないのかとも残念に思っていましたが、

市の私の折形カルチャー講座に通ってくださっている方々から、 「折形の作法を習って知ってしまうととても違和感があります」という意見が出されました。

そこで意を決してここに書かせていただいた次第です。

右がの包み方 左がの包み方
IMG_5086.JPG


折形は、相手を思って一折一折気持ちを込めて作成する作法です。差し上げた相手が開きやすいように右前に作成します。先に述べた凶の包みというのは左前に作成していることをいいます。つまり、死者の装束の着せ方を意味するのです。

紙も「おもてなし」を意味するのはです。淡い色合いの無地は良しとしても千代紙はさし色ならばいいでしょうが、メインで使用するものではありません。
どうぞ、これらをふまえて、日本人の奥ゆかしい心遣いを再度見直していただければと存じます。

今日は、静かに・・・おしまい
ひっちゃんぽ (三重県尾鷲市九鬼町)[2016年12月22日(Thu)]
三重県尾鷲市九鬼町
尾鷲市の市街地からは離れた漁村です。

熊野は切り立った山の中にあり陸地が乏しく、昔から交通手段はでした。
ここは、源平の戦いで手柄をあげた熊野水軍
九鬼水軍(くきすいぐん)があったところだそうですぴかぴか(新しい)

一鬼(いっき)、二鬼(にき)・・・・八鬼(やき)、九鬼(くき)と鬼は、木に変化しているところもありますが、未だに地名として残っています。
一鬼→市木(もめんやみかんで有名)

熊野速玉大社の秋の例大祭『御船祭り』の時、
九隻の早舟競争もこの熊野水軍の勇壮さを今に伝えていますかわいい

九鬼湾内
IMG_5087.JPG


IMG_5091.JPG


IMG_5092.JPG


IMG_5096.JPG

九木神社
IMG_5103.JPG

ご祭神は菅原道真公
IMG_5104.JPG

狛犬?が牛さんです。道真公だから天神様ですものねるんるん
紋もでしたるんるん
IMG_5109.JPG

九鬼漁港
IMG_5113.JPG

熊野(三重県)にはこうした風情のある漁港がたくさんあり、
熊野灘の良質な漁場で獲れた魚を私たちは日々いただいています揺れるハート
ひっちゃんぽ 新宮市高田 [2016年12月19日(Mon)]
今朝も冷えましたあせあせ(飛び散る汗)

と、言ってもここ佐野では、まだ霜が下りたり、氷がはったりはしませんたらーっ(汗)

今日は、新宮市高田の方をひっちゃんぽしてきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
高田は寒いたらーっ(汗)
霜も氷もありました。

近畿大学水産試験場のある道を入って行きました。
試験場で作業をされていた方がいたので、車を止め、施設内を見せていただけないか無謀にもお願いしてみました。

断られましたバッド(下向き矢印)

近畿大学の広報を通して見学許可が必要とのこと

断られて当然ですよね

素直に無礼を詫び、引き下がろうとしたら、
撮影なしでこの辺りならいいですよ。と見せてくださり、わざわざご説明までいただきましたm(_ _)m

仕切りなおして
ひっちゃんぽの続きです。

熊野川の支流高田川 高田川の支流 ○○川(高田川です)
透明度の高さはバツグンです。
自然の堰堤です。(一枚岩)
自然の魚道もありましたので、魚も遡上できるのですねるんるん
IMG_5116.JPG

カラスウリがユラユラるんるん
IMG_5117.JPG

一枚岩
IMG_5118.JPG

熊野では古座川町の一枚岩が有名ですが、
熊野を歩くと一枚岩はけっこう見つけることができます。
今日だけで一枚岩を二枚見つけましたひらめき

ダイヤモンドマウンテンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
IMG_5125.JPG

陽の光を全身に
贅沢な散歩じゃったexclamation
熊野和紙[2016年12月11日(Sun)]
今日は、かなり広範囲に動きました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

本宮〜中辺路〜高原熊野神社〜霧の里たかはら〜田辺へと

本宮は世界遺産熊野本宮館に用事があり、急ぎ用事を終え、中辺路へと車を走らせていると、
門前町の熊野和紙体験工房『おとなし』が営業されているではありませんか。

通り過ぎてから車を止め、工房を訪ねましたグッド(上向き矢印)

2年前に休業になったときはとても残念に思いましたが、商工会の渕上代表とメンバーの方がまた復活させたそうです。(さすが、甦りの地・・・ちがうか・・)
IMG_5069.JPG

今回、紙すきをご指導くださるのは、な、なんとアメリカご出身のMarshさん(笑顔の素敵なイケメンです揺れるハート
渕上代表と一緒に気軽に撮影に応じてくださいました。
IMG_5071.JPG

Marshさんは、もともと絵を描かれる方なのだそうです。
でも、渕上さんが『紙漉き』のお話をされたら、非常に興味を持ってくださり、今日に至っているそうです。

Marshさんが漉かれた紙に直筆のヤタガラスの絵でするんるん
IMG_5083.JPG

躍動感がありますね。
神武天皇が東征の時、大和までご案内したというヤタガラスはきっとこのような大きな羽だったのではないでしょうか。

絵葉書として販売されていましたぴかぴか(新しい)

熊野和紙体験工房 おとなし は、
毎週土曜日 9:30〜16:00まで
土曜日以外は1週間前に電話で予約をすれば、2名から受け付けてくださるそうです。
体験料は1,000円。
紙漉き後、20分で出来上がるので、その紙を持って熊野本宮大社でご朱印(300円)をいただくことができるそうです。
お問い合わせは0735-42-0269又は080-1440-8673(渕上様)

旅の思い出としてはもちろんですが、なんだか自作の和紙にご朱印って。
とってもご利益がありそう揺れるハート揺れるハート
権現山(千穂が峯)縦走[2016年12月08日(Thu)]
世界遺産神倉神社熊野速玉大社を結ぶ熊野古道の存在は地元民以外ではあまり知られていませんバッド(下向き矢印)

標高250mくらいの山ですが、登山道が他の熊野古道のように明確に整備されているわけではないので、観光ガイドさんに案内をお願いすることをおススメします。
登山道も急峻なところがありますので、しっかりとした山歩きの服装がベストですパンチ

さて、この権現山(千穂が峯)を先にご紹介させていただきます。
千穂ヶ峯は新宮市中心市街の西側に南北方向にそびえ立ち、市街地と熊野川を隔てている。2つのピークがあり、最高地点は北の権現山(ごんげんやま、253m)だが、神倉神社の所在地として知られる南の神倉山(かんのくらやま、199m)の方が名高い。数値のみで見れば都市近郊の低山に過ぎないが、とりわけ熊野川に臨む西面は急峻に切り立った崖をなしており、険山の様相を呈する。
千穂ヶ峯は、古くは鎮護ヶ峯(ちんごがみね)と称されていた。往時には、修験者たちの修行や国家鎮護の祈念が行われた山篭の聖地であったと考えられており、山中からは経塚や経筒が発見されている。また、神倉山にある神倉神社は、熊野速玉大社の運営にあたった修験者の集団・神倉聖(かんのくらひじり)が本拠地であった。
2つのピークをつなぐ尾根道が登山道として整備されており、近畿自然歩道の一部に指定されている。登山道は、神倉神社の付近から入り、熊野速玉大社近くの住宅地に降り立つ。山上の林は国有林(権現山国有林)であり、良好な照葉樹林が残された箇所がある。また、世界遺産(熊野速玉大社)のコアゾーンおよびバッファゾーンの一部でもある
。(wikipediaより)

では、神倉神社にお参りして、2km、2時間30分の旅に出発でするんるん
IMG_5041.JPG

今日の気温は12℃ ガイドさんの服装を参考にしてくださいかわいい
IMG_5043.JPG

急峻な坂を上ると尾根道に入ります。尾根道の東側(市街地の方は)杉やヒノキがきれいに植林されています。
IMG_5045.JPG

尾根道の西側は、眼下に熊野川が見えますが、断崖絶壁です。原生林がそのまま残っています。
IMG_5047.JPG

右、植林木。左、原生林の尾根道を歩くガイドさんかわいい
IMG_5048.JPG

第一展望台に到着しましたグッド(上向き矢印)
IMG_5052.JPG

ここからの眺めも最高ですぴかぴか(新しい)
IMG_5050.JPG

見事なセンリョウ黒ハート
IMG_5053.JPG

ヒノキの皮がはがれています。動物がはがしたのでもなく、檜皮を採取して、これは高野山のお寺の屋根に使われたと書かれていました。この皮を採取する人を原皮師(モトカワシ)というそうですが、10年くらいで再生するようにはがしているのだそうです。
IMG_5054.JPG

尾根道の西側に熊野川が見えます。
IMG_5055.JPG

断崖絶壁にはこうして柵が設置されていますが、覗き込んでは危険です。熊野川まで200m真っさかさまですあせあせ(飛び散る汗)
IMG_5058.JPG

千穂が峯の最高地点、三角点です。しかし、周りは木々がうっそうとバッド(下向き矢印)景色はみえませんあせあせ(飛び散る汗)
ガイドさんがせっかくなのでと。二人で手をつないでバンザ〜イをしましたグッド(上向き矢印)
IMG_5059.JPG

北側の登り口『三本杉口』に到着しました。紅葉がきれいぴかぴか(新しい)
IMG_5066.JPG

熊野速玉大社です。
IMG_5067.JPG

山の中は、鳥の声。風の音だけで、
眼下の市街地の音は何も聞こえません。

ガイドさんが山登り初心者の私のために、歩き方、歩くスピードと調節してくださいました。

お天気も応援してくれ。

知る人ぞ知る
権現山ウォーク
大満足の一日でした揺れるハート

ホルトノキ[2016年12月07日(Wed)]
家から1kmくらいのところに大型ショッピングセンターがありますガソリンスタンドレストランATM

ここは製紙で栄えた新宮市の巴川製紙工場の跡地開発でできたものです。

買い物に行くたびにず〜〜〜〜〜っと気になっていたことがあります。

ショッピングセンターから道路を挟んだところに稲荷神社のような鳥居がある神社?があるのですかわいい
ご神木?がホルトノキ
市の天然記念物に指定されているようです。

神社の名前は、わかりません。
今も管理は巴川製紙工場となっていました。

ここからは推測ですが、稲荷神社だから、商売繁盛、産業興隆、家内安全等々
工場の繁栄を願って建立されたものなのだろうと理解しました。(定かではありませんもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、ホルトノキが本当に立派なのです。
その木に呑み込まれそうに祠があります。

1481078797101.jpg


1481078867908.jpg


image01[1].jpg

ホルトノキ科の常緑高木で,モガシの別名もある。アジア東部の暖温帯に生じ,西日本の暖地に自生する。幹は高さ 20mにもなり,葉は柄があって互生し,長楕円形で長さ 10cmぐらいになる。6月頃,総状花序を出し白色の小花を多数つける。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

常緑広葉樹の高木で西日本に広く分布する。「ホルト」はポルトガルの意味。江戸時代の学者・平賀源内が同国由来のオリーブと間違え、この名になったとの説がある(2016-09-08 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

今までホルトノキは外来種で、神社のご神木と結びつかなかったのですが、
源内先生の命名でそのようになっただけで、
日本の固有種でもあるようです揺れるハート
検索
検索語句
最新コメント
おおえです
国体用千羽鶴の作成 (08/18) おおえです
頑張ろう!紀の国わかやま国体 (06/29) おおえ
駅前清掃と花壇整理 (04/07) 熊野川のおおえです
しんぐう元気フェスタ’15開催 (03/09)
駅前広場にぎやかに (11/27)
タグクラウド
プロフィール

tamakiさんの画像
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index2_0.xml