CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 市民の交流 | Main | 寄付 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
白蓮が咲き始めました[2019年07月07日(Sun)]
新宮市木ノ川にある白龍山宝珠寺では、白蓮が咲き始めました。
IMG_7751.JPG

雨が続き、この日の夜中も激しく雨が降っていたので、
きれいに咲いている花はありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
IMG_7752.JPG

でも、こちらの蓮池は約300年前の過去帳に存在の記述があるとか。
大きな蓮池ではありませんが、ご住職様に大切に育てられています。
白蓮は咲くと30cmくらいになるとか
IMG_7756.JPG

木ノ川地区には古より龍神信仰があり、その信仰を宝珠寺で祀ることを欲するお告げをさずかったそうです。
『我は白龍神なり、古より湧水の池に住むものなり
われ今池を潰され住むところなし
汝がわれを祭らば佛法と当寺とを護持したまわん』
白龍が住まわれるための白蓮の蓮池なんですね揺れるハート
潮岬をひっちゃんぽ[2016年01月11日(Mon)]
今日は成人の日
全国の新成人の皆さまおめでとうございますぴかぴか(新しい)

串本町に勤務する家族がやり残した仕事を片付けに行くというので、便乗することにわーい(嬉しい顔)
急ぎ、潮岬方面をPCで調べ、(私はまだガラケーあせあせ(飛び散る汗)
飛び乗りました。かなりいい加減な下調べですバッド(下向き矢印)

さてさて、スタートは潮岬観光タワー前の望楼の芝から
連休最終日ですが、今日も観光客は多かったです。
IMG_3732.JPG

海軍望楼跡日清戦争の時の海軍の望楼(監視所)の遺構(望楼の芝とはここから命名されたそうです)
IMG_3723.JPG

本州最南端潮岬から見た潮岬灯台
IMG_3728.JPG

望楼の芝を歩く猫揺れるハート
IMG_3730.JPG

潮岬灯台
IMG_3734.JPG

灯台敷地内にある潮岬小学校の生徒が描いた『スイミー』の絵。
たしか・・小さい魚のスイミーが仲間と一緒になって大きな魚の形の群れを作り、大きな魚に食べられそうになった仲間を助けたというような内容だったと思うのですが・・・
さすが串本(潮岬)ひらめきウツボがいるグッド(上向き矢印)(ウツボのおつまみが名産)
IMG_3737.JPG

やはり、敷地内の看板
周りは海。小石があれば投げたくなりますよね。でも投げてはいけません。
断崖の下には釣り人が・・・
IMG_3738.JPG

灯台上から潮御崎神社を見る
IMG_3742.JPG

潮御崎神社灯台に向かって右側に参道があります。
IMG_3752.JPG

御綱柏の木
冬なので落葉していますが、別名マルバチシャの木というそうで、その昔仁徳天皇の后が新嘗祭の準備をするために紀伊の国までこの葉を採りに来られたそうです。
葉の形が丸いのでお皿代わりになったり、円錐のようにして酒器にしたりしたそうです。
IMG_3753.JPG

潮岬の鯨山見跡潮御崎神社階段を上ったところに左手に突端につながる道を行きます。
IMG_3755.JPG

串本町出雲で会ったタヌキ揺れるハート
IMG_3761.JPG

朝貴神社
IMG_3762.JPG

朝貴神社裏の海岸
IMG_3765.JPG

朝貴神社と思われるのですが、どこにも社名がなく、ここへは行く時間がないと思っていたので、メモ書きもいい加減でバッド(下向き矢印)周辺を行ったり来たり。
家に戻って調べたらビンゴだったという次第ですたらーっ(汗)
ひっちゃんぽ[2015年12月19日(Sat)]
風は冷たく気温も低い一日ですあせあせ(飛び散る汗)
でも空は真っ青晴れ

今日のひっちゃんぽは、お買い物ついでの熊野古道でするんるん

画像を見ただけでお解りになられる方はかなりのツウ―
IMG_3648.JPG


IMG_3652.JPG


IMG_3658.JPG

熊野三山をつなぐ参詣道が熊野古道です。
昔は生活の道でもありました。
ここ佐野(狭野)は、熊野速玉大社と熊野那智大社を結ぶ道。
熊野速玉大社→浜王子→高野坂→佐野王子→浜の宮王子→市野々王子→多富気王子→熊野那智大社

石畳だけが熊野古道ではありません。

あまり知られていない古道をご紹介しました揺れるハート

さてさて、我が家のミツバツツジ
通常は4月〜5月に咲くものですが、うちの庭では同時期に他の草花が生い茂るため
埋もれてしまって、今年は咲きませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
今日、水やりをしていたら、蕾がふくらんでいました。
IMG_3645.JPG

なんてこったいexclamation
遅いんだかふらふら
早いんだかもうやだ〜(悲しい顔)

ピースフローラ―花壇[2015年10月21日(Wed)]
R42新宮市佐野、佐野郵便局の向かい側の沿道に
花のボランティア7団体のひとつ『ピースフローラ―』さんの花壇がありますかわいい

ジニアだけの花壇ですが、色とりどり植えられているのでとてもきれいでするんるん
151021_1200~01.jpg


151021_1159~01.jpg


佐野郵便局へおつかいに行ったら、
ちょうど作業をされていたのでお話を伺ってきましたかわいい
今年は苗を植えるとき雨が多く、また国体があったので、その時期まで持たせるために
肥料や水やりに大変苦労されたということでした。

この沿道で750株くらい植えられたそうですかわいい

鮮やかなピンク揺れるハート
プロフュージョンという比較的新しい品種だそうですグッド(上向き矢印)
151021_1202~01.jpg


今日の作業は、次に植える予定のパンジーナチュレのための土づくりをされていましたかわいい

1,200株くらい植えられる予定とかひらめき

スゴイ目

なにがすごいって、これを全ておひとりで管理されているのです揺れるハート

感心している暇があったら、手伝ってあげなよ!
と思われていますよね。
何度かお手伝いを申し出たのですが、
ご自身のポリシーを貫かれていらっしゃいますパンチ

お見かけした時にはこうしてお話をさせていただいていますグッド(上向き矢印)
問いかけにはいつも気軽で、丁寧に対応してくださいます揺れるハート

お花にとても詳しく、次に植えるパンジーも品種がステキ揺れるハート

春が楽しみでするんるん
タウンガーデンの花壇[2015年10月20日(Tue)]
新宮市には花のボランティアグループが7団体ありますかわいい

駅前花壇に行ってみましたが、ちょうど植え替え準備のためか土づくり後の何もない状態でした。

保健センターに用事があったので、その隣のタウンガーデンさんの花壇を見てきましたるんるん
IMG_3429.JPG


IMG_3428.JPG


IMG_3427.JPG

ハロウィンの飾り付けがされていましたぴかぴか(新しい)

パーゴラの下では、近隣の方々がおしゃべりしていましたわーい(嬉しい顔)

今日も秋晴れの気持ちのいいお天気です揺れるハート
熊野川河口[2015年10月18日(Sun)]
三重県と和歌山県の県境を流れる熊野川ぴかぴか(新しい)
世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』
参詣道としてこの熊野川が世界遺産に登録されています揺れるハート

河口を散策してきましたくつくつ
青い部分はまだ川です。空との境目の白いところから海です。
IMG_3412.JPG

今日はいい天気晴れでしたので、汽水域で釣りをしている人がけっこういましたかわいい
(でも一応立ち入り禁止区域です)

川の水の流れと海の波とで河口には河口堰ができています。

仮設橋
IMG_3413.JPG

2011年の台風で河口には大量の石が堆積されました。
それを取り除かないとまた台風時の災害がひどくなります。
取り除いた砂利を積んだダンプカーが通るための橋?だと思われます。

河口近くで一旦熊野川に合流する市田川(市田川水門)
IMG_3416.JPG

市田川は旧市内を流れています。
豪雨などで熊野川の水が逆流すると市内が洪水になりますので、
そういったときは門が閉まります。

仮設橋の向こうに三重県紀宝町鵜殿の製紙工場の煙が見えます。
かつては、ここ新宮も製紙で栄えていました。
3工場くらいありましたが、現在はこの鵜殿の工場だけです。
IMG_3419.JPG


IMG_3421.JPG

河口は工場や運送業者の会社が多く、
日曜日ということもあり

とても静かでしたるんるん
ひまわり満開[2015年10月13日(Tue)]
夏の花かわいいというイメージが強いひまわり

熊野川町日足(ひたり)でひまわりイベントなるものが行われたと地元紙に書かれていましたメモ
休耕田を利用して
『熊野川地域フラワーツーリズム推進協議会』
の皆さんが夏に種まきをして丹精込めて手入れをされたそうです。

ホントexclamationスゴイひらめき
ひまわりか〜バッド(下向き矢印)
って感じではないんです。

見事に咲き誇っていますぴかぴか(新しい)


近所に用事があったので、立ち寄ってきました車(セダン)
IMG_3340.JPG

見ごろはまだまだぴかぴか(新しい)
日足は夏真っ盛り晴れ

近くの三津野保育所の園児の皆さんが
ひまわり散歩をしていましたるんるん

かわいい園児たち揺れるハート
みつばちさんみたいでしたハートたち(複数ハート)
IMG_3344.JPG

新宮から本宮へ向かう途中
R168 日足集落に新しくできた橋から左手に見えます目

熊野川地域フラワーツーリズム推進協議会さんでは会員を募集しているそうです。
(パンフレット文をそのまま掲載します)
熊野川町で広がる「耕作放棄地」をなんとかしたい。
若い人に少しでも農業に目を向けてもらいたい。
そんな思いで夏の暑い日に種を蒔き、草を刈り、
一生懸命育てて花を咲かせることができました。
この活動を今後一緒に盛り上げていってくれる方、
そして熊野川町で農業に挑戦したい方を募集します。
  だそうです。

お問い合わせ先はメールアドレス
yusuke_m10@yahoo.co.jp(森さん)

このパンフレットは熊野川行政局でいただきました。
行政局の周りもいっぱいでしたかわいいかわいいかわいい


下北山村歴史民俗資料館[2015年10月09日(Fri)]
このブログにも何度か書かせていただいていますが
9月13日R169九重〜玉置口間が開通しましたぴかぴか(新しい)

瀞峡までが近くなり、さらに北山村までも楽に行けるようになりました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

奈良県下北山村歴史民俗資料館へ行ってきました。

この施設は大正14年に西村伊作氏(新宮市名誉市民)が当時、無医村であったこの地に医師の誘致を考え、病院として自ら設計し建築された桑原病院。のちに歴史民俗資料館になりました。
IMG_3271.JPG

道路拡張のため一部を移築した現在の歴史民俗資料館です。
IMG_3275.JPG

アーチ形のポーチが西村建築の特徴です揺れるハート

西村伊作が祖母のもんさんと暮らした家家
現在は西村山林株式会社で管理をしているそうです。
IMG_3281.JPG

広大な敷地ぴかぴか(新しい)立派な佇まいぴかぴか(新しい)
IMG_3289.JPG

敷地内の伊作のお墓にもお参りしてきました。
IMG_3298.JPG

伊作の下北山村での暮らしの資料が少なく、
今回は、下北山村教育委員会様にご案内していただきましたかわいい

お世話になりましたるんるん



尾鷲市 土井竹林[2015年10月04日(Sun)]
三重県尾鷲市は日本でも有数の豪雨地帯です雨

自動車道のおかげで新宮市からも1時間ほどで行けるようになりました車(RV)

以前から気になっていた土井竹林へ行ってきました。
この竹林は230年ほど前、林業で財をなしていた土井家の7代目当主、八郎兵衛が薩摩から
孟宗竹を移植して育てたのが始まりだそうです。

4000平方メートルの竹林

スゴくないですか?

雨が多いからすくすく育つのだそうです。
IMG_3215.JPG


手掘りのトンネルを抜けた先に広大な竹林がありましたぴかぴか(新しい)
IMG_3213.JPG


今は無住のため、門が築かれ閉鎖されています。
隙間から垣間見るだけですが目
それでも感動しましたグッド(上向き矢印)
IMG_3217.JPG

手掘りのトンネルは高さ3mくらいありましたかわいい
IMG_3222.JPG


観光情報ではあまり紹介されていませんが、それよりも驚いたのが、
八郎兵衛は(1751年〜1763年頃から)山を開墾し茶園も営み、紀州藩のお茶としてお江戸へも出荷していたようです。

文化十年(1813年)紀州藩10代藩主、徳川治宝(はるとみ)より
南山、浜木綿、松ヶ枝、琥珀、椰子の葉の銘を与えられたものもあり、文政の頃になると製茶にして3525貫(約13トン)も収穫していたそうです。

製茶で13トンexclamation×2

手摘みの茶葉はどれくらいの量だったのでしょうひらめき
IMG_3205.JPG


土井家古戸野焙炉所
IMG_3206.JPG

垣根に植えられている茶の木が当時を偲ばせてくれますグッド(上向き矢印)
IMG_3232.JPG

山一帯が茶園だったのでしょうか?
ところどころに高木になった茶の木が見えました。
IMG_3233.JPG


すべてが、人の手だけで行われていたことを思うと
本当に昔の人は偉大です揺れるハート
収穫祭[2015年09月24日(Thu)]
亥の子まつり(子どもたちによる収穫祭)
かつて、旧暦10月亥の日、亥の刻に行われていたまつりです。

今はハロウィンで収穫祭をというのが日本にも定着しつつありますが、
古き良き時代を求めて新宮市高田地区へ行ってきました車(セダン)
IMG_3158.JPG

雲取温泉があるところですいい気分(温泉)

高田の里地区と西地区では今も『亥の子まつり』をするそうです。
子どもたちが地区の家々を回り
いのこのうたを歌いながらるんるん
五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを願い、石で地面をたたいていくそうです。

かつては、日本の農村にはこのようなおまつりはたくさんあったのでしょうが、人口減少で継承できず途絶えていっているようです。

熊野地方でもこどもたちが行う『亥の子まつり』はこの高田地区くらいで、
那智勝浦町の高津気地区では、田の神様をおまつりする『亥の子餅まつり』は現在でも行われているようですが、やはりまつりを継承できる子どもがいないということでした。

高田地区も毎年旧暦の亥の日に執り行わるそうですので、
今年は、11月19日か?

「せっかく訪ねて来てくれたのに、まだお宿(子供たちが集合する当番の家)も決まってないんやダ。10月になったら決めようかっていやったとこや」と
それでも資料をたくさん用意してくれていました。

資料??
以前にもご紹介させていただいたことがありますが、
新宮市の福祉センターで行われている折形カルチャーサロンで10月は『亥の子餅包み』をしようと考えています。
左:外包  右:内包
IMG_3160.JPG

この玄猪餅の包は、餅を小さく丸め、圧しひろげて碁石ほどの大きさにしたものを、十月の亥の日に将軍家自らが、御殿に参った者に下し与えたもので、その包みで、位階・職階によって包紙の種類が違ったといわれています。
将軍様から餅(褒美)をいただけることはたいへん光栄なことだったようです。

と、先日、茶道をされている方とお話しする機会があり、
亥の子餅の話になり、茶道では、旧暦の亥の日に炉開きが行われ、その際のお菓子が亥の子餅だと教えていただきました。
しかし、茶道で使われる亥の子餅に折形で包みがあるということをご存じなかったようで、

二人してへぇ〜

収穫祭がどんどん広がっていきます揺れるハート

ここにアップさせていただいたのも、話題を掲載することで情報交換ができ、点と点が線になっていければいいなと思ったからです黒ハート

| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
おおえです
国体用千羽鶴の作成 (08/18) おおえです
頑張ろう!紀の国わかやま国体 (06/29) おおえ
駅前清掃と花壇整理 (04/07) 熊野川のおおえです
しんぐう元気フェスタ’15開催 (03/09)
駅前広場にぎやかに (11/27)
タグクラウド
プロフィール

tamakiさんの画像
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hanahanakkissako/index2_0.xml