CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
しがさやか
動物応援団が届きました♪ (02/11) はせがわファミリー
スターリィマン紙芝居が慰問に訪れました (08/07) 三浦(元リハ職員)
粂様百寿式典を開催いたしました (07/13) 湖山泰成
寝具と家具が届けられました (05/18)
【介護老人保健施設はまなすの丘】海がある老健の暮らし [2021年03月10日(Wed)]
東日本大震災から10年、犠牲になられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
大切な方を失われたご遺族の皆様の心情を、今もなおお察しいたしております。

気仙沼はいま、八戸と仙台を繋ぐ三陸道の開通で賑わっている。
震災前、デイケアの送迎車を運転しながら、三陸道計画について「おら、生きている内にできねべおん(出来上がらないだろう)」とお客様が口々に言いておられ、「いやいや、私が生きている内も怪しいですよ」と話しをしていたのが夢の様だ。
DSC01016_R.JPG
震災復興道は気仙沼湾を横断する気仙沼湾横断橋(愛称:かなえおおはし)が3月6日に開通、NHK朝ドラの「おかえりモネ」の舞台となる気仙沼大島も大島架橋(通称:鶴亀橋)が架かり、住民にとっても観光にとっても大きな復興となった。
DSC01017_R.JPG

介護老人保健施設はまなすの丘の眼下には、小泉という町に100軒近くの家があり町並みも綺麗で地域の結束も強い地域だった。
3.11の津波により町のすべてが流失し、職員の家も流失した。
02._R.jpg

津波後、多くの地域住民が小泉中学校とはまなすの丘に避難し、当施設は高齢者施設ということもあり、高齢者や子ども、子どもの親たちが一時140名近く避難した。
栄養科の職員と地域の方々が奮闘し、三度の食事を施設入所・通所のお客様と地域の避難者に提供した。

何より驚いたのは、東京にいる湖山代表がいち早く駆け付け「まるで映画の様な光景だ。みんなよく頑張った」と、労いの言葉と「東北を応援する。できるだけ詳しくブログで状況を報告してくれ、湖山のみんなが動いてくれるから」と話され、他の東北の施設に向かわれた事だった。
その言葉通り新潟から山形へ、山形から当施設へ物資が続々と届き、届く度に全国の湖山グループの皆様の心遣いの温かさ感じた。
01_R.jpg

それからは夢中でブログに写真とともに「電気:不通。気仙沼階上地域と大谷地域の一部電気が復旧。ガス:ボンベにて配給。水道:不通。復旧作業1ヵ月以上かかる見通し。通信:不通。docomoとauが本吉町支所付近で繋がる様子」と刻一刻と変化する状況を綴ったのを記憶している。
誰も経験した事の無い自然の猛威に、これ程までに人の力は無力である事、身近な人が沢山亡くなっていた事を時が経つにつれ知り、長い期間悲しみに出くわす経験は、今でも忘れ様にも忘れられない出来事となった。

当施設のお客様は山形県にある医療法人社団緑愛会様と山形県老人保健施設協会様のご協力・ご配慮により、山形県にて一時避難し長期化する災害状況下でのケアを安全な環境に移す事で回避した。東北の皆様が大変な中、お客様を受け入れて下さった山形県の老健事業所様には、多大なるご理解・ご協力により私共のお客様が安心して帰還できた事を、職員一同感謝いたしております。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、また毎年のように自然災害が各地で起き、医療・介護・福祉業界が対策のマニュアル整備やシミュレーション、訓練の実施、BCP計画等、これまで以上に命を守る活動と改善が求められる様になった。
未曾有の災害を経験した者として後世に語り継ぐ事と、支援体制を今後も模索していきたいと思う。


<2021.3.10 医療法人社団湖聖会 介護老人保健施設はまなすの丘 熊谷洋輔>
ひな祭り行事食 [2021年03月08日(Mon)]
〜献立〜
・ちらし寿司
・鰆の西京焼き
・付)人参
・菜の花のお浸し
・もも缶
・三色豆
・澄まし汁

〜15時おやつ〜
・彩ロール苺ミルク

今月はひな祭り行事食です!
メインはちらし寿司!酢飯にはレンコン、人参を混ぜ込み、えび・絹さや・錦糸卵・桜でんぶをトッピングして彩り良く仕上げました。主菜は今が旬の鰆を使った西京焼き、副菜は菜の花のお浸しです。全体的にボリュームがあり食べ応えのある献立となっています。
15時のおやつはピンクの見た目が可愛らしい苺ミルク味のロールケーキを提供しました。

P1100210-2_R.jpg
ユニットへお客様の様子を伺い、「お味はいかがですか?」と声を掛けると「美味しいです!」
とのお返事が聞かれました。お客様に喜んで頂けて、良いひな祭り行事食となりました。

〜次回予告〜
4月 お花見行事食です!



<2021.3.8 医療法人社団 湖聖会 はまなすの丘 栄養科 千葉りん 芳賀友香>
【小規模多機能ホーム南三陸】ひな祭り企画 [2021年03月05日(Fri)]
灯りをつけましょぼんぼりに お花をあげましょ桃の花……
令和3年3月3日ひな祭り企画を行いました。。女の子の節句で元気で健やかに成長しますようにと願いを込めて、ちらしずし、はまぐりのお吸い物、菱餅などで祝います。

午前の部は、お雛様に変身!!
可愛いお雛様に変身しました手(チョキ)
1枚目_R.JPG

凛々しいお内裏様に変身
令和3年は、平和で安心で暮らせるど良いなや!
2枚目_R.JPG

緊張しているのかな?スマイルにこにこスマイル
3枚目_R.JPG

とても似合っていますね♡
4枚目_R.JPG

午前の部は、お雛様に変身して楽しみました。十二単に扇子を持ち、なりきっているお客様でした。お内裏様も冠を被りしゃくを持ち、「えへん!!」と言わんばかりにお似合いでした。

ひな祭り企画午後の部:プリン・ア・ラ・モード作り
甘いものが大好きなお客様達は、大喜びでした。

一人一人、ご自分が食べるおやつ作りをしました。桃やさくらんぼ、クリームが沢山準備されました。出来上がりが楽しみ楽しみ((´∀`*))
5枚目_R.JPG

「早く食べたいな〜」
6枚目_R.JPG

「男の料理!いかがかな?なかなか、いい感じ」
「ほんだな」
7枚目_R.JPG
出来上がり可愛く美味しく出来上がりました。「また、おやつ作りしたいな」

8枚目_R.JPG
「こんなのだったら、何回でも良いな。毎日でも良いよ」と男性お客様の声です。
皆さん、笑顔で召し上がりました。
コロナ禍で、外出などの自粛がつづいているので、少しでもお客様に楽しく過ごして頂ける様にとおやつ作りをしました。今後も、お客様からの声を参考に色々な企画を実施し笑顔で楽しく過ごせるよう職員一同支援していきます。



<2021.3.5 小規模多機能ホーム南三陸:芳賀・石川・畠山>
【介護老人保健施設はまなすの丘】蟹御飯・けんちん汁 [2021年03月05日(Fri)]
今回うめ・さくらユニットの企画は「蟹御飯・けんちん汁」を作りました!
IMG_7059_R.JPG
IMG_7064_R.JPG
皆さん久々のいつもながら気合が入っておりますね^^

今回の主役の蟹の登場です!!美味しそうですね^^
IMG_7091_R.JPG
IMG_7100_R.JPG

けんちん汁の方も出来上がりです!
IMG_7102_R.JPG

出来上がったので皆でいただきます!!
IMG_7113_R.JPG
皆さんとても美味しそうに召し上がっていますね^^

IMG_7129_R.JPG
ペロリと完食です^^

仲の良いお客様同士で調理や食事を共にされ喜ばれておりました。
両ユニットでの交流も出来、「美味しかった」「また食べたいね」と好評の言葉も
いただきました。次回もお客様が活躍出来る場・楽しめる企画を考えていきたいと思います。


<2021.3.5 介護老人保健施設はまなすの丘 介護員 及川瑞貴>

東日本大震災10年(南三陸町) [2021年03月03日(Wed)]
平成23年3月11日の東日本大震災発生から10年の歳月が経とうとしており、現在の南三陸町の様子を報告いたします。
あの忌まわしい過去を思い出したくない方、語り部として次の世代に伝えようとしている方、ご家族や友人、知人を亡くされて今でも心に深い傷を負われている方、被災者それぞれの思いがあり、一概に復興したとは言えない状況です。
1枚目_R.jpg

今回紹介するのはハード面の復興状況です。
台湾を始め国内外からの多くの支援のおかげで、平成27年12月14日に本設復旧した南三陸病院です。現在は地元の中核病院として地域の方々へ医療を提供しています。
2枚目_R.JPG
3枚目_R.JPG

次は南三陸町役場です。
平成29年9月に開庁しました。南三陸ブランドの地元の杉などを多く使用し、町民が集える設計になっており、2018年度グッドデザイン賞を受賞しています。
4枚目_R.JPG

そして全国的にも有名になった「南三陸町さんさん商店街」。「サンサンと輝く太陽のように、笑顔とパワーに満ちた南三陸の商店街にしたい」というコンセプトのもと、平成24年2月に仮設商店街としてオープンした「さんさん商店街」ですが、平成29年3月3日(サンサン)に本設オープンしました。28店舗のお店が営業しています。今は「キラキラ春つげ丼」がおいしいですよ。地元の野菜、魚介類を使用した贅沢な丼です。
5枚目_R.JPG

震災後は高台集団移転、かさ上げ工事などで震災以前の町並みはすっかり変わってしまいました。住宅再建が難しい人や高齢者向けに災害復興住宅も整備されています。
6枚目_R.JPG
7枚目_R.JPG

東日本大震災で南三陸町では20mを超える津波が襲来し、620名の尊い命が失われ、現在も211名の行方不明者がいます。追悼、継承、感謝、未来を想像する協働の場として「震災復興祈念公園」も昨年の10月に開園しました。
8枚目_R.JPG
9枚目_R.JPG

この10年、ハード面の復興は目に見える形で進みました。お金(復興予算)で解決できたものが大きいと思います。しかし、心の復興はどうでしょうか。今後も震災の出来事や心の傷を引きずっていく方々が多くいることを忘れないでいてほしいです。そして私たちがほんの少しでも支えになれるよう今後も一緒に歩んでいきたいと思います。


<2021.3.3 医療法人社団湖聖会 小規模多機能ホーム南三陸 千葉宏志>

【介護老人保健施設はまなすの丘】ひな壇と一緒に [2021年03月03日(Wed)]
今回は、うめ・さくらユニットの日常を紹介したいと思います^^
3月と言えばひな祭りですね!
今年も職員が頑張ってひな壇の設置をしました^^v
IMG_6996_R.JPG

ということで、早速お客様と一緒に写真撮影に行きました!
IMG_6999_R.JPG
IMG_7001_R.JPG
「お雛様綺麗だね〜」と目じりを下げて眺められておりました。
お客様の日常「ひな壇と一緒に」でした。


<2021.3.3 介護老人保健施設はまなすの丘 介護員 及川瑞貴>

【看護小規模多機能ホームはなもも】節分、鬼退治! [2021年03月02日(Tue)]
節分行事食を提供致しました☻

写真1.JPG

皆さん「のり巻き久しぶりだ〜」と美味しく召し上がっておりました。

写真2.JPG

写真3.JPG

午後からはホールにて豆まきを行いました!
鬼役は2名で行いお客様もノリノリ!

写真4.JPG

写真5.JPG

写真6.JPG

豆まきが終わったらお楽しみのおやつ時間です☻
おやつは皆大好き甘納豆!
鬼退治を終え、笑顔のお客様でした!

                  
2021.02.02看護小規模多機能ホームはなもも 姉ア

【看護小規模多機能ホームはなもも】みたらし団子を作るの巻 [2021年03月02日(Tue)]
たまにはみんなでおやつを作るのもいいよね!
急遽、おやつ作り。
みんなで白玉団子に挑戦☻
皆で頭にハチマキを付け、気合十分!!

写真1.JPG

皆で丸くきれいに丸めます☻

写真2.JPG

写真3.JPG

たくさん丸め、湯でたら完成〜!!

写真4.JPG

今回はみたらしのタレがたくさんあったのでお客様自身で
みたらしをかけて召し上がって頂きました!
「どのくらいかけようかな〜☻」

写真5.JPG

「みんなで作ると美味しい」「久しぶりに食べた」等
ご楽しい時間を過ごす事が出来ました☻

写真6.JPG
                
2021.02.21 看護小規模多機能ホームはなもも 姉ア