CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«家電の贈呈 | Main | 通所ミニ夏祭り»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
しがさやか
動物応援団が届きました♪ (02/11) はせがわファミリー
スターリィマン紙芝居が慰問に訪れました (08/07) 三浦(元リハ職員)
粂様百寿式典を開催いたしました (07/13) 湖山泰成
寝具と家具が届けられました (05/18)
New Beginning KOIZUMI [2011年08月16日(Tue)]
「復興」から「再生」へと題し、『送り火を灯す集い』が本日、小泉小学校駐車場で開催された。
小泉地区集団移転協議会が主催しており、小泉地区復興会連絡協議会と小泉地区の明日を考える会が共催となっている。



例年であれば、各家庭の庭先で送り火を焚く習慣があった小泉地区。
今年は、津波の被害により、町ごと無くなり今を生きることで精一杯の毎日となってしまった。
今回のイベントでは、そんな中でも力を合わせ先祖の供養と在りし日の町並みの姿・営みを思い出し、その素晴らしさに思いをはせ小泉地区の再生に向けた心を更に強くしていこうという思いが込められている。



今回送り火となったのは、仮設住宅の住民が集めたペットボトルと蝋燭となっている。
ペットボトルを利用し、灯籠を作り以前の町並みに並べた。
明りを灯すと、町が幻想的で温かな光に満ちる。



この夏、気仙沼市内各地で復興イベントが開催されている。
これまでとは違い、支援者たちが主催するイベントから、支援者と合同で開催するイベント、そして地域が自ら主催するイベントと様相を変えつつある。

正に、復興から再生へと地域住民が歩み出している。


今回の集いでは子どもたち向けに「夏の思い出つくり隊」による、かき氷・水ヨーヨー・クレープの出店が並んだ。



ご先祖様や・物故者様には、まちなか灯籠が流しと読経供養が捧げられた。

最後には小泉地区の方々に、「元気あげます花火大会」と題し花火が打ち上げられる。

小泉地区の歩みだしは、次回9月中旬にも予定されている。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント