CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«回転寿司にいらっしゃ〜い♪ | Main | 春野菜と花の種まき»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
しがさやか
動物応援団が届きました♪ (02/11) はせがわファミリー
スターリィマン紙芝居が慰問に訪れました (08/07) 三浦(元リハ職員)
粂様百寿式典を開催いたしました (07/13) 湖山泰成
寝具と家具が届けられました (05/18)
未来へ伝える「津波記憶石」 [2012年03月20日(Tue)]
3月16日、当施設の所在する地区の小泉小学校内に、
2011年3月11日の津波の教訓を未来に伝える「津波記憶石」が建立された。
全国優良石材店の会が中心となり、昨年12月の岩手県釜石市に立てられた
津波記憶石に続いて第2号目、宮城県内では初の建立となる。
IMG_2752.jpg


小泉地区を一望できる高台に立てられた、高さ4.3メートル、
幅2.8メートル、重さ14トンにもおよぶ巨大な石碑には、
上部に直径50センチの円形の穴が開けられており、
震災で亡くなられた方々と繋がる窓とする想いが込められ、
その存在感を際立てている。
IMG_2747.jpg


「津波の教え」と力強く彫り込まれた傍らには、後世へ伝えるメッセージも刻まれている。
IMG_2751.jpg

 未来の人びとに
 2011年3月11日午後2時46分
 東日本の大震災が起こり
 大津波が太平洋沿岸に襲来した。
 気仙沼市小泉地区は大被害を受け
 多くの命と家を失ってしまった。
 学んだことは「地震があったら津波がくる」
 ともかく上へ上へと逃げること。
 「てんでんこに逃げよ」
 その教えを伝えたい。


記されたQRコードにアクセスすると、
震災前の地区の風景や、津波の様子などが見ることが出来る。

忘れてはならない、伝え継がなければならない記憶を
はるか未来へと語り継いでいく。


(2012.3.20 医療法人社団湖聖会 介護部 菊地俊彦)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント