CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«蒸しパンで鬼退治! | Main | 建国記念日のおやつ»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
しがさやか
動物応援団が届きました♪ (02/11) はせがわファミリー
スターリィマン紙芝居が慰問に訪れました (08/07) 三浦(元リハ職員)
粂様百寿式典を開催いたしました (07/13) 湖山泰成
寝具と家具が届けられました (05/18)
「3月11日からのヒカリ」プロジェクトご紹介 [2012年02月08日(Wed)]
今年は、一段と寒さが続く。
降り積もる雪の多さを見て、去年ではなくて良かったと、そっと心の中で思った。

俄かに、春めいてくる日差しに、人々は3月11日が近づいている事を
意識しないではいられない。

瓦礫の処理が進めば、解体される家が増えてくる。
町並みが一つまたひとつと、静かに思い出からかけ離れていく。

新たな地では、人々が一からのスタートに奮起する。
表裏一体と言おうか、思い出を失い続けながら、新たなる鼓動を感じる。
今の気仙沼は、アンビバレンスな感情が交差する。

3月11日の追悼を込め、被災地ではいろいろなイベントが企画されているようだ。

気仙沼では、悼みと希望のひかりを立ちあげるプロジェクト「3月11日からのヒカリ」プロジェクトが進行中だ。



日の入り後から午前0時まで、鼎(カナエ)が浦((柏崎・神明崎・蜂ヶ先の3ヶ所で囲まれた気仙沼湾))に、ひかりの柱を立ち上げる計画だ。

もうすぐ一年が経過しようとしている気仙沼の今を、知って欲しいと思い、このブログにて紹介しました。


(2012.2.8 医療法人社団湖聖会 介護部 熊谷洋輔)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント