CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

はこだて海の教室 ブログ

イベント・講座等の参加募集やレポート、ニュースをお知らせします


子ども海藻アカデミー 〜北海道産アオノリでノリノリ!の巻!〜フォトレポート [2020年08月07日(Fri)]
2020年8月3日(月)函館朝市イベントホールにて、イベント「海と日本プロジェクト・子ども海藻アカデミー 〜北海道産アオノリでノリノリ!の巻!〜」を開催しました。

主催する「はこだて海の教室」菅原会長のあいさつです。「いま、私たちの周りでは海の環境が変化しています。今日みんなが勉強するアオノリも、最近になって採れるようになった海藻なんです。海と日本プロジェクトでは、みんなで海を助けて、元気な海を未来に残そうと活動しています。ぜひ今日の講座でたくさん学んで、海のことを考えてみてください。」
0803_Aonori_s-51595.JPG

【アオノリ・リモート授業】
今日の主役であるアオノリについて勉強しました。教えてくださるのは、北海道大学大学院水産科学研究院で海藻について研究している越田先生。大学からのリモート授業です。
0803_Aonori_s-51615.JPG

どんな環境で育つかなど、アオノリの特徴を解説。お好み焼きなどにかける「青のり」のほとんどは、実は「アオサ」という海藻です。柔らかく口どけが良いアオノリと、固くて丈夫なアオサはどこが違うのか、顕微鏡写真も使いながら詳しく教えていただきました。
0803_Aonori_s-51629.JPG

【板海苔づくり体験】
北海道産アオノリで手すき板海苔を作ってみます。板海苔づくりの指導は、海藻活用研究会の奥田さんです。
0803_Aonori_s-51651.JPG

アオノリは最初に水で洗い、砂などを落とします。アオノリの手触りなどを実感。「海苔の香りもするけど、生だと海の匂いがすごく強いよ」
0803_Aonori_s-51709.JPG

洗ったアオノリを軽く刻み水でほぐしたら、いよいよ木枠に流します。穴ができたり厚くなったりしないように、少しずつ流し入れます。
0803_Aonori_s-51717.JPG

全体に流し入れたら、板海苔を破かないようにそうっと木枠を外します。
0803_Aonori_s-51853.JPG

すだれを立てかけて乾燥させます。とてもきれいにできましたね!
0803_Aonori_s-51941.JPG

【ユーチューバー体験】
北海道産アオノリをPRする動画をみんなで作ります。続いての先生は、函館市観光PRや会社の宣伝の映像制作を手掛けるクリエイターの木村さんです。
0803_Aonori_s-51676.JPG

「いいな!」と思ってもらえる動画にするためのポイントは「良い姿勢で話すこと」と「ハキハキと話すこと」。良い姿勢になるために準備運動をします。
0803_Aonori_s-51679.JPG

それでは1人ずつセリフを収録。最初は緊張の面持ちでしたが納得がいくまでリテイクを重ね、皆がんばりました。動画の仕上がりが楽しみです!
0803_Aonori_s-51773.JPG

みんなで一緒に撮影するときは、感染対策として海藻アカデミーオリジナルのマスクを着用しました。
0803_Aonori_s-51794.JPG

新商品「北海道手すきアオノリ」を、みんなで声を合わせてPRします。「ぜひ、お買い求めください!」
0803_Aonori_s-51815.JPG

【アオノリ料理】
国際ホテル総料理長・木村さんに食材としてのアオノリのお話しを聞きました。木村さんはさまざまな賞を受賞された函館を代表する料理人で、いままであまり使われてこなかった海藻を生かした料理の開発にも取り組まれています。より良いものづくりには努力と研究が欠かせないことも教わりました
0803_Aonori_s-51872.JPG

ランチはアオノリをはじめ、コンブやアカモクなどもふんだんに使った特製海藻弁当です。
0803_Aonori_s-51870.JPG

どの料理がおいしい?「全部おいしい!」笑顔のランチタイムになりました。
0803_Aonori_s-51917.JPG

みんなで記念撮影。かけ声は「アオノリで!」「ノリノリ〜♪」
0803_Aonori_s-51671.JPG
「トトタベローネin函館 キックオフイベント」フォトレポート [2020年08月07日(Fri)]
7月23日海の日に「トトタベローネin函館」キックオフイベントを函館コミュニティプラザGスクエアにて開催しました。

受付ではコロナ対策のための検温とアルコール消毒に加えて、ブリの動くぬいぐるみがお出迎え。

tototabe-kickoff-01_00103.jpg

会場に入ると、トトタベローネ函館のカラフルなフラッグがいくつも設置され気分を盛り上げます。
tototabe-kickoff-02-会場.jpg

いよいよイベントがスタート!
最初に、主催団体「はこだて海の教室 実行委員会」会長の菅原より開会のごあいさつ。

tototabe-kickoff-03-51430.JPG

【基調講演】
北海道大学名誉教授、函館国際水産・海洋都市推進機構 函館頭足類科学研究所の桜井さんによる基調講演「海洋環境の変化とスルメイカ、ブリなどの来遊の変化について」
tototabe-kickoff-04-51459.JPG

講演では、函館近海の海水温上昇や漁獲魚種の変化について、またブリやイカの鮮度向上などで付加価値を高める方策について解説がなされました。
tototabe-kickoff-05-0484.JPG

【トークセッション】
続いてはブリの魅力や活用の可能性について多様な立場から語っていただく、函館道南”ブリ”リアントパーソンによるトークセッションです。
tototabe-kickoff-06-51463.JPG

桜井さんは基調講演に続いての参加。ブリ活用に向けた科学的・技術的アプローチを解説いただきました。
tototabe-kickoff-07-51466.JPG

自ら漁を行いながら水産物の加工販売を行う、柴田商店代表で銭亀沢漁協 漁業指導士の柴田さん。漁獲魚種の変化など、漁業者の視点から近年の海の様子などを説明いただきました。
tototabe-kickoff-08-51472.JPG

ソネ食品株式会社 常務執行役員で工場長の中野さん。珍味製造を手掛ける同社はイカ資源減少への対策として、新たに函館産ブリを使用した製品を製造しています。
tototabe-kickoff-09-51532.JPG

漁協や水産加工団体などで構成される「はこだてブリ消費拡大推進協議会」事務局の石本さん。同会では函館水産高校と協力した商品開発も行っています。
tototabe-kickoff-10-51536.JPG

五稜郭町にある料理店「炭火割烹 菊川」の花板である菊池さんからは、和の料理人の目線からブリを生かす調理法や味付けについてお話しいただきました。
tototabe-kickoff-11-51538.JPG

函館水産高校3年の大沢さん、上原さん、沖本さん。函館水産高校ではブリ缶詰の商品開発を行っています。
tototabe-kickoff-12-51543.JPG

「トトタベローネin函館」が取り組んでいく企画について、事務局・國分が発表しました。
tototabe-kickoff-13-51550.JPG
今年度は、ブリを使ったメニュー開発、ブリ漁が体験できるツアー、飲食店と連携した「ブリフェス」などなど、ユニークなイベントを数多く企画しています。参加者の皆様も興味津々でメモを取ってくださっていました。

【フォトセッション】
トトタベローネのPRに向けて、登壇者・主催者によるフォトセッションとメディア取材応答を行いました。
tototabe-kickoff-14-51557.JPG

【試食】
加えてブリ加工品の試食も行いました。左上から時計回りに「鰤燻」「ブリふりかけ」「鰤皮燻製」「焼きブリ」です。
tototabe-kickoff-15-51577.JPG

函館市民にとって、なじみの薄かったブリですが、本日のイベントで、海水温の変化からブリの漁獲量が増えていること、鮮度を保つ方法や、美味しく食べる調理、加工の工夫について知っていただき、これを機にブリに興味をもってくださる方も多くいらっしゃいました。

「トトタベローネin函館」では、未来を担う子どもたちはもちろん、多世代の人々にとって、
ブリが愛される魚になってもらえるよう、そんな願いを込めて活動していきます。
これからの「トトタベローネin函館」の活動に乞うご期待!!


最新情報は、こちらをご確認ください!
公式Facebookページ https://www.facebook.com/tototabelone.hakodate/
公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/tototabelone_hakodate/

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

はこだて海の教室実行委員会さんの画像
https://blog.canpan.info/hakodate-umi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hakodate-umi/index2_0.xml