CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

はこだて海の教室 ブログ

イベント・講座等の募集やレポート、ニュースをお知らせします


【函館ブリたれカツバーガー】BTKBの包装紙にはクイズを記載!海のグルメを食べて海を知ろう! [2021年04月21日(Wed)]

5月1日のキックオフイベント@函館蔦屋書店にてBTKB(函館ブリたれカツバーガー)を初お披露目します♪

みなさんにもっと海のことを知ってほしいという想いを込めて、このバーガー包装紙にはちょっとした工夫を施しています!

バーガーを購入する際に、「海のごみ問題、海の環境問題、函館のブリ事情」この3つのジャンルから、クイズを1問選んでいただきます。

出来上がったバーガーの裏面にはクイズの答えが書いていますので、ぜひ考えてみてくださいね。


          6CF84AC5-D312-4182-87F8-80639882A204.jpeg



【海のグルメを食べて、海を学ぼう】


Q1.〜海のごみ問題〜

近年、残念ながら私たちの海はごみであふれつつあります。では、海ごみ全体のうち約何割が街で捨てられたものでしょう?


12割 A 45割 B78




Q2.〜海の環境問題〜

海水温が極端に高い状態が5日以上続き、生態系に影響を与えている現象を何と呼ぶでしょう?


@海洋熱波 A 暖気流 B フェーン現象




Q3.〜函館のブリ事情〜

2018年の函館市内のブリの漁獲量は、市町村別で全国何位だったでしょう?



全国3位 A 全国5位 B 全国7





----答え----

※スクロールしていくと答えが書いてあります。
※ゆっくり考えたい人はここでストップしてください!


Q1. B 78


海ごみの多くは私たちが暮らす街から発生しています。

街で捨てられたごみが水路や川に流れ出し、やがて海へとたどり着きます。その原因は「投棄・ぽい捨て系」が大部分を占めており、街中での私たちの行動が海洋問題につながっているのです。ごみはごみ箱へ!海を守る行動を取っていこう!










Q2. @ 海洋熱波


北海道・東北沖でも2010年以降頻繁に観測されている海洋熱波は2010年以降の北海道におけるブリの漁獲急増に影響していると言われています。こうした「海の変化」への対応が私たちにも求められています。













Q3. @ 全国3


2019年にスルメイカの漁獲量を超え、2020年には1万トンを超える量のブリが水揚げされました。近年、函館市はブリの一大産地となっているものの、地元でのなじみが薄く消費量は全国平均の2分の1以下。

みんなで地ブリを食べよう!



BTKB(函館ブリたれカツバーガー)出店スケジュールはこちら

https://blog.canpan.info/hakodate-umi/archive/57


【函館ブリたれカツバーガー(BTKB)】出店スケジュール [2021年04月21日(Wed)]

2021年度、はこだて海の教室実行委員会は、もっと幅広い年齢層に函館ブリたれカツを親しんでいただきたい、という想いで開発した「函館ブリたれカツバーガー(BTKB)」を、キッチンカーで移動販売いたします。

51日のキックオフイベントを皮切りに、毎週末道南エリアを拠点に移動販売を行いますので、見かけた際には、ぜひお立ち寄りください!!

そして、「函館ブリたれカツバーガー」を通じて、海の今を伝えていく活動も展開しますのでご注目ください。


                   7F667CCD-2F95-4027-A935-68E7D6956ED1.png                                                                                    
AB6D6C86-B4BA-4FF3-8ECB-7BBFE53AAAF6.jpeg  



「函館ブリたれカツバーガー(BTKB)」出店スケジュール-------------


※出店場所や販売時間は変更になる場合がございます。

※各営業日での販売個数に限りがございます。売り切れ次第終了となりますので、予めご了承ください。

※一つひとつ丁寧にお作りしていますので、提供までにお時間をいただいております。


5月】


    1() 12:0015:00    函館蔦屋書店 「函館ブリたれカツ キックオフイベント」 

(函館市石川町851号 アクセス → https://www.hakodate-t.com/access/

   2(〜 5() 11:00〜販売スタート

    シエスタハコダテ前 (函館市本町24-1 


アクセス → https://www.sharestar.jp/access 


※70食限定販売です。お早目にお越しください。
※ひとつひとつ丁寧に作っていますので、提供に少しお時間をいただくことがございます。


    8()9()、15(土)、16(日)、22(土)、23(日)、29(土)、30(日)  


11:00〜販売スタート【1日60食限定販売】


 ハコニワ「ハコニワフードマルシェ」

(函館市亀田本町45-1ヤマダデンキ テックランド函館店向かい 

ハコニワGoogleマップ → https://goo.gl/maps/WkpD3wsBjyUV1p2W6 





6月以降の出店スケジュールは随時更新致します。




下指差し海のグルメを食べて海を知ろう!BTKB包装紙のクイズはこちら下指差し

https://blog.canpan.info/hakodate-umi/archive/58


【函館ブリたれカツ】5月1日キックオフイベント開催します! [2021年04月16日(Fri)]

はこだて海の教室実行委員会は、今年度のキックオフとして5月1日(土)に日本財団とはこだて・ブリ消費拡大推進協議会との共催でイベントを開催することになりましたので、お知らせいたします。


近年の海洋環境の変化(温暖化や海洋熱波)を受け、北海道でブリが獲れるようになってまだ10年足らずということもあり、道民のブリ消費量は全国平均の2分の1と低迷しているのが現状です。
そこで、はこだて海の教室実行委員会はこの地域課題の解決にむけて昨年10月に新ご当地メニュー「函館ブリたれカツ」を開発しました。



2104_・_0889825.jpg



今年は、もっと幅広い年齢層に「函館ブリたれカツ」を親しんでもらいたいという想いから、新メニュー「ブリたれカツバーガー」を開発し、本イベントではじめてお披露目いたします!
キックオフイベント終了後には、ブリたれカツの無料ふるまいも実施致します。

  
2104_.jpg



■イベント名 「函館ブリたれカツ」キックオフイベント
■開催日(期間) 2021年5月1日(土)11:00〜11:45
■開催場所  北海道函館市石川町85番1号  
函館蔦屋書店 2階イベント会場

【プログラム】
・2020年活動報告
・函館道南の「ブリリアントパーソン」によるトークセッション
・2021年活動紹介&函館ブリたれカツバーガーお披露目
・函館ブリたれカツバーガー活動トーク


12時より1階パーク部分にて「函館ブリたれカツ」無料ふるまいぴかぴか(新しい)と「函館ブリたれカツバーガー」の実演販売ひらめきをいたします。


今年度も「ブリ」の認知向上と新しい食文化の定着を通して、函館近郊の海の今を伝えていく活動をしていきますので、ぜひご注目ください。   

プレスリリースはこちら
2021_PR_函館ブリたれカツ_リリース最終.pdf

このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。
【トトタベローネ函館】ブリフェスは終わっても「函館ブリたれカツ」は終わらない [2020年10月17日(Sat)]


新しいご当地メニュー「函館ブリたれカツ」を市民の皆様に広く知っていただき、味わっていただくため「ブリフェス」と称して20店舗の飲食店と連携して約1週間(10月10日〜17日)にわたって活動して参りました。

FireShot Capture 204 - トトタベローネ函館 - 食を通じて海の問題を考える - www.tototabelone-hakodate.jp.png


フィナーレは豪華ブリリアントな景品が当たる抽選会を実施!
お店をめぐって函館ブリたれカツを食べ、3つ以上スタンプを集めた方は、
この抽選に参加でる仕組みです。

123877928_273553734048225_8197204297758404733_n.jpg


金色の玉が出ると特賞の「函館産神経締めブリ1本」をプレゼント!

おっと!ちょうど金色の玉がでましたひらめき

123710545_838093410322158_4981657627491357747_n.jpg

ブリ1本をどのようにしてお渡しするか相談中
(3枚おろしも対応可能です)

123759095_2490289687935060_4372704734405748339_n.jpg

この後も続々とブリリアントなお食事券や、ブリ加工品詰め合わせなどの景品をお渡ししていきました。
こちらは函館の老舗レストラン五島軒のペアお食事券です!
ブリのフルコースを召し上がっていただけます。

123663808_3366881523349687_4797094694950506541_n.jpg

こちらはご来場者全員にお配りしているブリ缶詰めと缶詰めを使ったレシピです。

123906910_1651512618363817_5294858320452256162_n (1).jpg

期間中はほぼ毎日いろんなお店をめぐってブリたれカツを堪能させていただきましたが、そのバリエーションの幅広さ、アレンジのしやすさに、さらなる可能性を感じているところですぴかぴか(新しい)

甘辛いタレを染み込ませるのもよし、タルタルをたっぷりかけてボリューミーにするのもよし、カツサンドにしたり、あんかけにしたり、カレーの上にのせたり、和洋中どんなジャンルにも見事にフィットするこの函館ブリたれカツ!

123847010_3425979997626325_6053051131451791095_n.jpg


イベントとしての「ブリフェス」は終了しましたが、「函館ブリたれカツ」は終わりません!!
一部のお店では、継続して販売してくださることが決定しました。


※函館産ブリの仕入れの状況に伴い、店舗によって今後の販売期間は異なります。急遽終了する場合もございますので、詳細は各店舗にお問合せください。

★トトタベローネ函館公式ページ
https://www.tototabelone-hakodate.jp/

公式Facebookページ https://www.facebook.com/tototabelone.hakodate/
公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/tototabelone_hakodate/

様々な方々のご協力によって無事に成功させることができたこの「ブリフェス」。予想を超える大きな反響をいただき、テレビ、新聞等、各メディアにも数多く取り上げていただきました。本当にありがとうございました。
ブリフェスにご参加くださった皆様、提供してくださった飲食店様、様々な形で連携、サポートしてくださった皆様には心からお礼申し上げます!
これを契機に、我々自身もより一層海の恵みに感謝の念を抱くようになりました。
いつまでもこの豊かな海洋環境が続くよう、さらに活動を深めていきたいと思います。

主催
はこだて海の教室実行委員会
共催
日本財団 海と日本プロジェクト、
はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(渡島総合振興局)
【トトタベローネ函館】ついに「ブリフェス」スタート!! [2020年10月11日(Sun)]

今まで準備をしてきた【ブリフェス】がいよいよ始まります!
今回もたくさんの報道関係者の方々に、集まっていただきました。

20.jpg

Gスクエアに設置したブリステーションの前で、パネル展示を使ってブリフェスの企画概要をご説明しています!

18.jpg


10月10日はトト(魚の意味)の日!
オープニングイベントとして市民の皆様に広くこの活動を知ってもらうために、「函館ブリたれカツ」の無料配布も行います。
そのため、キッチンでは着々と函館ブリたれカツの仕込みが行われています。


43.jpg

下ごしらえとして、牛乳に15分ほど浸すとふっくら柔らかく仕上がりますよ。
レシピ監修者の炭火割烹菊川の菊池さんも仕込みを手伝ってくださいました!

46.jpg

シエスタハコダテの1階に設置した特設テントに移動して、どんどん揚げていきます。

123826373_412427476422318_7761467094116259605_n.jpg

菊池さん特製のタレをしみこませています。厚みもたっぷり!食べ応えあります。

123490588_1998362846961141_1509258802961480870_n.jpg


お客様は手指の消毒をしてから、並んでお待ちいただいています。

64.jpg

揚げたてアツアツの函館ブリたれカツは最高です!!

108.jpg

子どもたちにも大人気。小さいお口を大きく開けてかぶりつきます。

98.jpg


たくさんの方々に「初めてブリカツを食べた!」「こんなに美味しいとは!」
「大人も子供にも食べやすい」「お店にも足を運んでみたい」
と非常に喜んでいただけました。
あっという間に配布終了!

132.jpg

函館エリアの飲食店で、この「函館ブリたれカツ」が食べられるブリフェスの詳しい情報は
こちらの公式ページとSNSをご確認ください!

★トトタベローネ函館公式ページ
https://www.tototabelone-hakodate.jp/

公式Facebookページ https://www.facebook.com/tototabelone.hakodate/
公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/tototabelone_hakodate/



主催
はこだて海の教室実行委員会
共催
日本財団 海と日本プロジェクト、
はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(渡島総合振興局)
【トトタベローネ函館】北美原小学校の給食に函館ブリたれカツが登場! [2020年10月07日(Wed)]

今回開発した「函館ブリたれカツ」を、子どもたちにぜひ食べてほしいという想いから、教育委員会や小学校に相談がスタート。
給食センターがある小学校と相談を重ね、北美原小学校の全校生徒の給食に「函館ブリたれカツ」が登場することになりました!

非常に大勢の報道関係者が集まってくださったこともあり、感染対策を入念に行った上で給食がスタートします。

6.jpg


まずは、函館近郊でブリが沢山獲れるようになってきた経緯を、渡島振興局水産課の石毛さん石本さんが紙芝居で分かりやすく紹介します。

29.jpg

今回のために特別に制作したランチョンマットも全員に配布しました!

10.jpg

できたての函館ブリたれカツが教室に届き、うれしそうな歓声があがります。

13.jpg

給食当番の生徒さんが上手に盛り付けていきます。

17.jpg

配膳完了しました!(これは撮影用に旗を立てています)

47.jpg

「いただきます」の合図でみんな一斉に食べ始めます。

39.jpg


「揚げたブリは初めて食べたけれど、とても美味しい」「家でも食べたい!!」
「函館でブリが獲れる量が全国3位とはびっくりしました」
生徒さんからはうれしい感想がたくさん聞けました。
皆さんいい笑顔です!!

42.jpg

レシピ監修者である炭火割烹菊川花板 菊池さんと握手する生徒さん。
「函館ブリたれカツ」を作った人ってすごいな〜と尊敬のまなざしです。

52.jpg

主催者であるはこだて海の教室実行委員会の國分、児浦も、生徒さんの予想以上の反響にじーんとしています。

24.jpg

函館に「ブリ」のムーブメントを起こす大きな1歩が踏み出せた1日となりました。
この後は飲食店と連携して開催する「ブリフェス」に続きます。

主催:はこだて海の教室
共催:日本財団「海と日本プロジェクト」、はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(事務局:北海道渡島総合振興局)
【トトタベローネ函館】アンケート結果でもブリは大人気! [2020年09月16日(Wed)]
先日の地ブリツアーでたっぷりブリに触れる経験をした子どもたちのアンケート結果を発表します!

【アンケート結果】
●参加者の満足度は100%!
●「ブリ料理を作りたい」と答えた人は85%


生きた「ブリ」に直接触れ、様々な食べ方を体験できたことから、ブリへの興味関心が強くなったことがわかる結果となりました。



123490588_1998362846961141_1509258802961480870_n.jpg


●コメント
ブリたれカツが美味しかったのでつくりたいです(子供)
ブリを捕まえるのが大変だったけどつかめるようになった(子供)
ブリって臭いと思ったことがあったけどおいしいと思った(子供)
料理の幅が広がった。いろいろな可能性があり家でも作りたい(保護者)
ブリの調理の仕方、食べ方を知るきっかけになった(保護者)
ブリについて広く調理方法を開拓し市内に広がればいいと思う(保護者)
43.jpg

ブリの下ごしらえとして、牛乳・ホエイに15分ほど浸した後、昆布エキスを塗り込んでみてください。
ふっくらと味わい深いブリたれカツへ変身します!!
ブリはまだまだこれから獲れますのでいろいろな調理方法を試して味わっていただけたら嬉しいです。


主催:はこだて海の教室
共催:日本財団「海と日本プロジェクト」、はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(事務局:北海道渡島総合振興局)
【トトタベローネ函館】親子地ブリツアーレポート〜その2〜 [2020年09月13日(Sun)]

親子地ブリツアーについて報告します!
今回のメインイベント「ブリのつかみ取り」は、南かやべ漁協さまのご協力により、前日に生きのいいブリ約30匹を確保していただくことで実現しました!

2.jpg

いけすの中を元気に泳ぎ回るブリに、最初はすこし遠慮気味だった子供たちですが、徐々に手を伸ばし始めます。

3.jpg

ぬるぬるしていて掴みづらいブリを追いかけまわします。捕まえて大興奮!!

繝√Λ繧キ逕サ蜒・0912_Buri-tour-52353.JPG

生きたブリを触るというめったにない貴重な経験ができて、なんとも言えない高揚した表情をしていました。

1.jpg



その後は、ブリが成長魚であることにちなんだゲームで親子一緒に遊んで盛り上がりました!

0912_Buri-tour-52399.JPG

0912_Buri-tour-52501.JPG

ブリのイラストと感想文執筆タイムでは、みんな集中してわき目も降らずに書き込んでいました。いろいろな色のペンを使ってカラフルに仕上げます。

0912_Buri-tour-52558.JPG

繝√Λ繧キ逕サ蜒・0912_Buri-tour-52602.JPG
繝√Λ繧キ逕サ蜒・0912_Buri-tour-52592.JPG

【参加児童の感想(一部抜粋)】
にこにこブリという魚はとても力が強くて、小さくてもつかみ取りするにはすごく力がいることが分かりました。
にこにこブリの力に驚き、ブリの味に驚き、(料理長さんのブリ)解体の腕に驚き、ブリの生態に驚きました。そして、(ワークショップ)ゲームをしてしっかり覚えました。とっても楽しかったです!
にこにこブリはサーモンより脂がのっていることが意外でした。
にこにこ(ワークショップで)ブリになりきる、ということが最初はどういうことか分からなかったけど、やっていくと意味も分かっていけて、それに楽しかった。
にこにこブリの解体が迫力まんてんですごかった!
にこにこ私は将来、ブリを取る仕事をしてみたいです。

0912_Buri-tour-52617.JPG

今年の夏は、コロナ禍で普段とは違う静かな夏休みになったご家庭も多かったと思います.
このツアーで思い切りはしゃいで楽しんで記憶に残る「ブリ」と一緒の時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。
これからも「ブリ」の情報発信は続きます!お楽しみに〜。

主催:はこだて海の教室
共催:日本財団「海と日本プロジェクト」、はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(事務局:北海道渡島総合振興局)
【トトタベローネ函館】親子地ブリツアーレポート〜その1〜 [2020年09月12日(Sat)]

9/11〜12に開催した「親子地ブリツアー」をご報告します!


函館のブリに慣れ親しんでもらうことを目的としたこのツアーは、ご家庭では簡単に体験できない特別なプログラムが盛りだくさんです。

まずは、笑顔の受付のスタッフがブリのぬいぐるみとともに小学生の親子10組をお出迎え!!

120539729_364726574682670_6913146936416200646_n.jpg

オリエンテーションでは今後のスケジュールや「ブリ」についての豆知識を学びました。

120217575_772790793504385_7950606172303884137_n.jpg

とっても泉質の良い「ホテル函館ひろめ荘」の温泉にたっぷり浸かって、夜は早めに就寝。

翌日は、贅沢なブリづくしの朝食です。南かやべ漁協様にご協力いただき新鮮なブリを確保しておいていただいたおかげでたっぷりとブリを堪能しました!!

8.JPG

【朝食メニュー】
星座(うお座)ブリたれカツ
星座(うお座)ブリ大根
星座(うお座)ブリと🦑イカの刺し身
星座(うお座)ブリユッケ
星座(うお座)オイル漬けの缶詰(試作品)
牛乳にくぐらせ臭みをとり、昆布で旨みを加える下処理をしたブリで作った「ブリたれカツ」は子供たちに一番の人気。

5.JPG

「もっと食べたい」「おうちでも作りたい」という声が続出でした!!
たくさんの種類の調理方法でブリを味わい尽くした朝食の後は、
「ホテル函館ひろめ荘」の料理長の高田さんによるブリの解体ショーを見学しました。

6.JPG

見事な包丁さばきであっという間に大きな魚体が美しい切り身になっていく様子は圧巻で大人もわくわくしました
きらきら

0912_Buri-tour-52277.JPG

渡島総合振興局水産課の石本さんが解体ショーの実況中継してくださったおかげで、子供たちは切り身のほか、残された骨や頭やしっぽにも興味深々でした星座(うお座)

0912_Buri-tour-52301.JPG
そのAに続きます〜。

#トトタベローネ
#海と日本プロジェクト
【トトタベローネ函館】ブリの新メニュー試食会開催 [2020年08月21日(Fri)]

地球温暖化などの影響により海流が変化し、近年、函館近郊でブリの漁獲量が急増していますが、北海道民のブリ消費量は全国平均の2分の1程度と、まだなじみの薄い魚です。

この課題解決のため、トトタベローネ函館では、ブリを「新たな地魚」と位置づけ、10月に複数の飲食店と連携して開催する「ブリフェス」や、市内の学校給食で「ブリメニュー」を提供することを通して、ブリの美味しさと魅力を発信し新しい「ブリ食文化」の醸成を目指して活動しています。

全体写真.jpg

今回は、有名料理人「炭火割烹菊川 花板 菊池 隆大氏」を中心とした開発チームが「ブリメニュー」の土台となるレシピを考案し、その美味しさをぜひ知っていただくために「試食会」を開催いたしました。
集合写真.jpg

試食メニュー.jpg

※マスク着用、消毒、パーティションの設置等、コロナ対策は入念に行っております。
0820_tototabe-TastingEvent-51964.JPG

秋には、この新メニューを実際に飲食店で食べていただけるイベントも開催予定です!

#トトタベローネ
#海と日本プロジェクト
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

はこだて海の教室実行委員会さんの画像
https://blog.canpan.info/hakodate-umi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hakodate-umi/index2_0.xml