CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【申込みを締め切りました】水槽立ち上げ体験/親子で挑戦!海の生き物採集 | Main | 「子ども向け講座」ただいま申込受付中!»
2019年7月15日、函館朝市ミニ水族館オープン!こうご期待! [2019年05月25日(Sat)]
はこだて海の教室実行委員会は、2019年7月15日(月)、函館朝市えきに市場いか釣堀ひろばに「函館朝市ミニ水族館」を開設します。大型水槽4基を新設し、函館近海の海水魚を展示。子どもたちに、函館の海の豊かさを伝えます。この大型水槽は、12月30日まで当イベントの一環として展示されたのち、2020年1月以降は函館朝市えきに市場による継続運営が予定されておりますので、今後、常設展示となります。

また、夏休みスペシャル企画として、2019年7月15日〜8月15日は小型水槽5基による展示や、クイズスタンプラリーを開催。函館近郊の小学生や、観光で函館朝市を訪れる子どもたちに楽しんでいただければと願っています。


【函館朝市ミニ水族館】
開館期間 2019年7月15日〜12月30日(10月16日・11月20日は休館)
開館時間 7時〜14時
場所   函館朝市えきに市場 活いか釣堀ひろば
料金   見学無料
問合せ先 事務局 TEL0138-86-7602(平日10時〜17時)


【展示内容について】
4つの大型水槽で、函館近海の海水魚を展示します

「暖かい海の魚たち〜対馬暖流水槽」
メジナ、ホンベラ、イシダイ、マアジなどの南方系魚種
水槽01.jpg

「冷たい海の魚たち〜親潮水槽」
クロソイ、エゾメバル、ホッケ、ヒラメなどの北方系魚種
水槽02.jpg

「砂地で暮らす魚たち〜砂地水槽」
マガレイ、マハゼ、アナゴ、トラザメなど、函館湾の砂地帯で採集される魚種
水槽03.jpg

「岩場で暮らす魚たち〜岩礁水槽」
ニホンカジカ、クロソイ、アイナメなど、函館市内の岩礁帯で採集される魚種
水槽04.jpg


■夏休みスペシャル企画
2019年7月15日〜8月15日の1か月間は、大型水槽に加え、函館朝市内に小型水槽を5つ設置し、函館近海の海水魚を展示します。
また、小学生向けのクイズスタンプラリーを実施します(参加無料。ゴール受付時間 9時〜13時)。朝市に設置された小型水槽5つを巡ってスタンプを集め、ゴール(大型水槽)に持っていくと、もれなく、イカール星人ポストカードを進呈します。


MAP.jpg

⇒はこだて海の教室
 イベント公式サイトはこちら

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント