CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【期間限定】Twitter投稿キャンペーン「地ブリを食べてブリリアントな景品を当てよう!」を開催します! | Main | 10校の学校給食で青のり料理、うち1校では出前授業も 未利用海藻「北海道産天然青のり」を通じた海の学び提供»
2021年函館朝市ミニ水族館のテーマは「食を通じて海を学ぼう」 [2021年11月10日(Wed)]
A_210526asaichi47.jpg

はこだて海の教室実行委員会が運営する「函館朝市ミニ水族館」。

今年度のテーマは「食を通じて海を学ぼう」です。子どもから大人まで関心の高い「食」を切り口にした水槽展示で、海への学びのきっかけを作りたいと考えています。

具体的には、
干物でなじみのあるホッケの生きている姿を見られたり、魚の栄養について解説。また、ヤマメとサクラマスの両方を展示し、ヤマメが海に出るとサクラマスになることを紹介(意外に知られていないんですが、実は同じ魚です)。海の栄養が魚を大きく育てることや、その栄養をもたらすものについて等を解説しています。

11月からは、函館近海で採取したマアジと、北海道を代表する魚・ホッケを1つの水槽に入れ、テーマ「食卓でおなじみの魚」として展示しています。
アジ&ホッケ水槽.jpg


【120cm水槽4基に展示中の魚・海の生き物】
※2021年11月10日時点

魚8種類…サクラマス、ヤマメ、ホッケ、アジ、アイナメ、クロソイ、イシダイ、キツネメバル

海の生き物4種類…ムラサキウニ、エゾアワビ、ナマコ、ヒトデ


▼サクラマス

210511asaichi_01サクラマス.jpg

▼ヤマメ

210511asaichi_13ヤマメ.jpg

▼ホッケ

210511asaichi_65ホッケ.jpg

▼アジ

アジ.jpg

▼アイナメ(北海道での呼び名はアブラコ)

アイナメ.jpg

▼クロソイ

クロソイ.jpg

▼イシダイ

イシダイ_01.jpg

▼キツネメバル

キツネメバル_01.jpg

※生き物につき、展示は随時変更となることをご了承ください


【水槽4基に設置している説明版】

▼サクラマス水槽

2105朝市ミニ水族館_水槽説明板(出力見本)-1.jpg

▼ヤマメ水槽

2105朝市ミニ水族館_水槽説明板(出力見本)-2.jpg

クイズの答えは、函館朝市ミニ水族館でお確かめください!


▼食卓でおなじみの魚たち水槽

2111_aji.jpg

▼岩場に暮らす魚たち水槽

2111_iwaba.jpg

函館朝市食堂「二番館」とのコラボレーション企画として、11月12日(金)〜30日(火)まで、ホッケ定食をご注文の方にアジフライ1つを無料サービスします。水族館を見学した後は、アジを味わってみてください!


2111ミニ水族館コラボ企画(水槽貼付用)2.jpg

ぜひ、函館朝市に遊びにきてくださいね!


岩場水槽.jpg

 星座(うお座) 星座(うお座) 星座(うお座)




函館朝市ミニ水族館〜海と日本PROJECT〜


子どもたちや市民に地元の海の豊かさを伝えるための展示をしています。この企画は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。


期間:常設(ただし、えきに市場休業日は休み)
※2021年7月〜9月は無休

時間:朝7時〜14時


場所:函館朝市えきに市場 活いか釣堀広場


見学料:無料


問合せ先:はこだて海の教室実行委員会 

TEL 0138-86-7602(平日10時〜17時)


 星座(うお座) 星座(うお座) 星座(うお座)


20190712-_MG_0336.jpg



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント