CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年03月 | Main | 2017年05月»
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
【4/9-10/3】石川啄木来函110年に寄せて〜啄木の函館132日〜函館市文学館 [2017年04月21日(Fri)]
4/9-10/3の期間、函館市文学館にて「石川啄木来函110年に寄せて〜啄木の函館132日〜」展が開催されています!
函館と啄木はとても深い関りがあります。
啄木が函館に暮らしていたのは132日という短い期間でしたが、どのような生活をして何を感じながら過ごしていたのかを今回の文学館の展覧会で知れるのではないかと思います。

SKM_C22717042111440.jpg

このブログを書くことを機に、啄木の短歌をいくつか読んでみました。
啄木の歌は貧困や孤独、日常生活などを詠んだものが多く、もの悲しくもそれがとても人間らしくて、共感できる方もいるのではないかと感じました。
また、函館を詠んだ歌は函館の情景と重ね合わせると、イメージがマッチして歌の深みがより増してきます。

最後に、私が気に入った函館を詠んだ啄木の短歌をご紹介して終わりにしたいと思います♪
函館で暮らした日々は、啄木にとって大切な思い出になったんだなと感じました。
「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」
(昔住んでいた函館の青柳町を思い出すと悲しくなる。友人の詠む恋の歌や美しく咲いていた矢車の花など愛おしい記憶を思い出すから)


石川啄木来函110年に寄せて〜啄木の函館132日〜
場所:函館市文学館
日程:4/9-10/3(臨時休館日:8/26、9/7、9/8)
入館料:一般300円、学生(小学生〜大学生)150円 ※20名以上の団体は2割引
お問い合わせ:函館市文学館0138-22-9014
Posted by sen59 at 12:00 | センター日記 | この記事のURL
| 次へ