CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
第5回ミニ四駆競技大会、詳報! [2016年03月29日(Tue)]
K5SD7525.jpg
3月27日(日)に青年センター体育館にて第5回ミニ四駆競技大会を実施しました!体育館での開催は今回で2回目で、51名の選手にご参加いただきました!ご参加いただい選手の皆さん、ありがとうございました!またご協賛いただいた企業の皆様ありがとうございました。

K3SD3274.jpg
今回も事前にコースレイアウトを公開し、市内の2店(M's Craftほっかえん)に試走割引のご協力をいただきました!この場をお借りし感謝申し上げます。今回のコースはご覧の通りで、全長約116メートルです。

K3SD3277.jpg
函館市青年サークル協議会のメンバー(マキシマム劇団G4函館躍魂いさり火)もお手伝いにかけつけてくれました!ありがとうございます。大会運営にボランティアのお手伝いは欠かせません!

K3SD3292.jpg
受付終了後は3台ずつで3周を目安にフリー走行を行いました。1次予選に向けて、選手の皆さんがマシンの最終調整を行っていました。

K3SD3365.jpg
1次予選は全選手が1台ずつ走らせて、3周×3回のタイムアタック形式によるクラス分けを行います。ベストタイム上位18名が2次予選に進出(一巡した時点で完走したのが12名しかいなくてあせりました…)しました。タイム的には30秒台以上の選手が2次予選進出となりました。

K3SD3413.jpg
お昼休憩をはさんで2次予選を実施しました!決勝進出をかけて3周勝負の18台によるトーナメント戦です。他のマシンがコースアウトすることに賭けて、勝ちを進めていた選手も!?みんな勝負に真剣!作戦も様々です!

K3SD3513.jpg
洞内スタッフがジャンプセクションで3台同時にジャンプする瞬間を撮影!?こうして見ると…真直ぐ飛んだり、斜めに飛んだり、リヤ側から着地したりと、マシンの挙動は様々ですね!

K5SD7529.jpg
敗者復活戦進出に最後の望みをかけたBクラス戦の裏ではコンクールデレガンスの作品たちが集まってきます…今回も力作が20作品!青年センター女性スタッフ審査員たちが厳正なる審査を行いました。

K3SD3533.jpg
どのマシンも今回のコンテストのために丁寧に仕上げられていました!車体、パーツの加工方法の工夫、フルスクラッチの素材、塗装の美しさなど私が一台ずつ解説をしていきました。

K3SD3400.jpg
中でも、ひときわ異彩を放っていたのは青年センターミニ四駆「1059(センゴク)号」です!青年センターの壁画が車体に施され、私がミニ四駆を運転しているというもの!?素敵な作品をありがとうございます!とてもうれしいです!

K3SD3560.jpg
マシンのカッコよさ、可愛さ、アイディアなどを競うのが「コンクールデレガンス」!走行できなくてもOKのこの企画、タミヤ公式レギュレーションを逸脱していても参加可能です。毎回、力作やアイディアが様々で、審査員長の三浦副センター長をはじめとする他の審査員も選ぶのが大変らしいです。

【コンクールデレガンス リザルト】
「春が待ち遠しいで賞」 No.3 サクラアバンテ 澤口 裕介 選手
「妖怪に心を奪われたで賞」No.31 あの犬 福士 星矢 選手
「(コメントはさておき)ずば抜けてかっこよかったで賞」No.32 ベルダーガ 山本 孝太 選手
「青年センター特別賞」 No.41 青年センターミニ四駆「1059号」中野 颯太の父 選手

受賞おめでとうございます!年々作品のレベルが上がってきているので、次回はどんな作品が出品されるかとても楽しみです。

160327mini4wd1s.jpg
作品は青年センター受付前に4月3日(日)まで設置しておりますのでどうぞご覧ください!

K3SD3564.jpg
敗者復活戦はBクラスからの勝ち上がり2名を加えて、決勝進出をかけた熱いレースが繰り広げられました!「コースアウトしないで完走して!」と胸の内で祈っているのが選手の表情から伝わってくるようでした。

K3SD3569.jpg
最後は注目の決勝戦・・・マシンの性能だけで勝負してもらいたく電池を支給しました!スタートレーンはジャンケンで決定しました。みんな相性がよくてなかなか決まらなかったですが!?

K3SD3572.jpg
参加者全員が大注目のレースがスタート!もはや私の解説は要りません!会場の熱気は最高潮です。

K3SD3620.jpg
結果、予選タイム5位の坂本利一選手(中央)が優勝しました!おめでとうございます。

【レース リザルト】
優 勝 No.9 坂本 利一 選手(27.64秒 予選5位)
準優勝 No.29 井川 潤一 選手(26.62秒 予選1位)
第3位 No.19 泉澤 雄一 選手(29.58秒 予選14位)

K3SD3594.jpg
表彰式では賞状の他に、副賞としてご協賛店からいただいた景品(ホビーショップイルカほっかえん、文教堂書店函館昭和店)が贈られ、勝者を讃えて大会を締めくくりました!本当にたくさんの景品を頂戴しました。ご協力いただいた企業の皆さま、ありがとうございました!

K3SD3631.jpg
表彰式のあとは同じくご協賛店からいただいた景品(ホビーショップイルカほっかえん、文教堂書店函館昭和店)でお楽しみ抽選会!
今回もキッズの部(ハズレナシ)と一般の部に分けて行いました。レースの結果がよくなくても最後に何か当たるとうれしいものですよね!子どもたちが走って賞品を取りに来てくれる姿がとても可愛かったです!

20160326ミニ四駆01.jpg
今回の大会ではお友達同士はもちろん、家族連れがいつもより多く感じました。青年センターミニ四駆大会の知名度があがってきていることを大変うれしく思います。趣味を通じての仲間づくり、社会参加に一助できていれば幸いと思っております。

ミニ四駆競技大会ですが、次回は2017年3月26日(日)に実施いたします!
※実施日を3月最終日曜日で固定いたします。

より多くの方に楽しんでいただける大会にすべく企画を練っていきたいと思いますのでこれからも青年センターのミニ四駆競技大会にご期待ください!
最新情報はFacebookグループページでも公開しておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

センター長 仙石
Posted by sen59 at 09:09 | センター日記 | この記事のURL
| 次へ