CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年07月 | Main | 2014年09月»
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
ケニス実験教室 楽しく動くサカナの浮沈子 [2014年08月01日(Fri)]
140729kenis_193.jpg
函館市青年センター主催によるはこだて国際科学祭2014プレイベント「ケニス実験教室 楽しく動くサカナの浮沈子」が7月29日(火)に行われました。青年センターを会場に実施してきた科学祭のプレイベント、青年センター会場はこれが最後のプログラムです!

140729kenis_155.jpg
科学教材を取り扱っているケニス株式会社の方が社会貢献活動の一環で毎年講師を務めています。

140729kenis_230.jpg
今回の教室では、まず「浮沈子(ふちんし)」に色づけをします。
浮沈子?って言われてもピンとこないと思いますが、お寿司を出前で頼んだときなど入っている正油が入っているアレにナットをつけたものです!色塗りが終わったら、お魚のふたをはずして口にナットをねじこみます。

140729kenis_081.jpg
そのあと、浮沈子に約半分水を入れて、水をはったコップにそれを浮かべます。サカナのしっぽがちょっと水面に出るくらいがよいそうです。

140729kenis_076.jpg
「夏休みの自由研究に使うんだよ!」と必死にノートをとる男の子!とても感心しますね!

140729kenis_106.jpg
空の炭酸ペットボトルに水をギリギリまで入れて、浮沈子を入れたら出来上がりです!ペットボトルをグッとつかんだ力は水を経由して浮沈子に伝わって沈み、手をはなすと浮沈子が浮いてきます。

これは、満水になったペットボトル中の水に力を加えるとそれと同じ力がどの部分にも伝わるという「パスカルの原理」と、浮沈子の中にある空気に力が加わってそれが縮むことで浮力がなくなって沈むという「アルキメデスの原理」によるものです。

140729kenis_138.jpg
最後に昨年も実施した「首振りドラゴン」で目の錯覚を体験してもらいました。ドラゴンを台紙から切り取って丁寧に組み立てます。顔の部分の凹凸を逆に折って組み立てるのがポイントです。

140729kenis_143.jpg
片目で見ると、上下左右に動いてもずっとドラゴン君がこちらを見続けます。これが「錯視」です!とても不思議です。

140729kenis_315.jpg
ケニス株式会社の皆さん、当日お手伝いいただいた北海道大学水産学部の皆さん、ありがとうございました!

はこだて国際科学祭2014では、青年センターでは以下のイベントが行われます。お早めにお申し込みください!こちらも見逃せませんよ!

みえる!さわれる!DNAをとりだそう!
8月23日(土) 10:00-11:30
すべての生物はDNAという化学物質を細胞の中にもっていて、これは「生命の設計図」として働きます。台所の道具を使って、ブロッコリー、バナナ、鶏肉など身近な食材から、DNAを粗抽出してみましょう。
対 象/大人向け(中学生以上)
参加費/300円
定 員/定員20名(先着順)
申込方法/8/19(火)までに函館市青年センターまでお電話でお申込みください。TEL0138-51-3390 受付時間9:00-22:00(水曜のみ17:00-22:00)
講 師/佐々義子(NPO法人くらしとバイオプラザ21)

キッチンサイエンス カラーマジックケーキを作ろう ※残りわずか!!
8月23日(土) 13:00-14:30
ブルーベリージャムを使って、3色の色変わりケーキを焼きます。焼けるのを待つ間、同じ色の変化する仕組みを利用して、液体の性質を調べる実験をします。台所にある道具を使うので、家でもできます。
対 象/小学生と保護者
参加費/ひと組500円
定 員/6組12名(先着順)
申込方法/8/19(火)までに函館市青年センターまでお電話でお申込みください。TEL0138-51-3390 受付時間9:00-22:00(水曜のみ17:00-22:00)
講 師/佐々義子(NPO法人くらしとバイオプラザ21)

センター長 仙石
Posted by sen59 at 13:46 | センター日記 | この記事のURL
| 次へ