CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ご近所のざいだんフェスティバルへ! | Main | 【9/3】五稜郭まちなか大学講座「地方の時代よ、もう一度」»
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
カラーマジックケーキを作ろう! [2014年08月25日(Mon)]
はこだて国際科学祭2014が8月23日より始まりました。
青年センターではその初日に毎年恒例の「キッチンサイエンス」を開催しました。
午前中には「みえる!さわれる!DNAをとりだそう」を行い、当日の活動日記
おいてご紹介しました。
さて、今回は当日午後に行われた「カラーマジックケーキを作ろう!」の様子を
ご紹介します!

140823_005.jpg
講師はNPO法人くらしとバイオプラザ21の佐々先生です。
青年センターのキッチンサイエンスを毎年担当してくださっています。

140823_019.jpg

140823_053.jpg
まずはケーキの生地づくりから。
ただ作るのではなく、黄色いマーガリンに砂糖を混ぜると白くなっていく色の変化や
マーガリンに含まれる水分で砂糖が溶解することでジャリジャリという音が聞こえなく
なる音の変化など、目で耳で観察をしながら作る過程に潜む科学を勉強しました。

生地にブルーベリージャムを混ぜ、、、レモン汁を混ぜ、、、などすると
140823_081.jpg
三色の生地が出来上がりました。不思議ですねぇ。

焼けるのを待つ間、「なぜ色が変わるのか」ということについて紫芋液を使った実験を
行いました。
重曹、レモン汁、保湿ローション、粉石鹸を加え色の変化を確認しました。
140823_088.jpg

140823_117.jpg

140823_130.jpg

140823_136.jpg
赤・ピンク系、青・緑系そして変化しないものがありました。
共通点を調べるためにリトマス試験紙とユニバーサル試験紙を用い、溶液の性質を調べました。

140823_157.jpg
どうやら酸性、アルカリ性という性質が色の変化を左右するようです。
うーん、おもしろい!

色のお勉強が終わったところで、、、
140823_160.jpg
焼き上がりました!

140823_183.jpg

140823_185.jpg
断面を観察したり、色の違いを確認しながらの試食。
ためになったお勉強のあとの美味しいご褒美にもなりました。

こういったことをきっかけに科学に対して少しでも興味を持っていただけたらうれしいです。
受講者者の皆様、ありがとうございました。

140823_193.jpg
そして、佐々先生、お手伝いしてくださった函館短期大学の学生の皆様にも感謝でいっぱいです。
ありがとうございました!

スタッフ いけだ



Posted by sen59 at 10:16 | センター日記 | この記事のURL