CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ヒスイカズラ、初めての開花!(3月初旬) [2014年03月28日(Fri)]
前園長が、楽しみにしていた珍しいヒスイカズラ〔翡翠葛〕が開花しました。ヒスイカズラはフィリピン諸島の一部に自生するひすい色の花を咲かせるツル植物で、ひすい色の花を咲かせる植物はヒスイカズラしかないとされ、絶滅が危惧される希少植物です。是非ご来園ご鑑賞下さい。
P1080810.jpg

P1080902.jpg

P1080900.jpg
一度はご覧いただく価値がありますヨ!
君子蘭の群生が満開! [2014年03月26日(Wed)]
クンシランが熱帯植物園で満開になっています。クンシランは南アフリカに分布する多年草で、ランと名前は付きますが、ラン科の植物ではありません。主に森林内や岩陰など、強い日射しを避けた、湿り気のある場所に自生します。植物園では入口からすぐの日当たりのよい亀の池の周りに100株以上が見事に咲いています。花だけでなく葉も鑑賞対象となり、古典植物として扱われます。
P1080860.jpg

DSC00553.jpg

P1080760.jpg
可愛らしい紫蘭も満開です! [2014年03月26日(Wed)]
日本、台湾、中国などに分布するランの仲間で、紫色の花を咲かせます。栽培品は花壇や庭先などでごく普通に見られますが、純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されています。植物園では、園内の日当りがよい場所に植えており、毎年きれいに可愛らしく開花しております。扱いもランと言うより、育てやすい草花といった感じです。
P1080907.jpg

紫蘭.jpg

ブラシノキが満開です!! [2014年03月26日(Wed)]
函館市熱帯植物園では各種花木が開花しております。オーストラリア原産のブラシノキを紹介致します。ブラシノキ(ブラシの木)は、ブラシ状をした鮮紅色の花房をつけるフトモモ目フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木で、観賞用に栽培されています。
葉は緑色で堅い革質をしており、葉形は線形または被針形、船形で、葉の付き方は互生です。別名「キンポウジュ(錦宝樹)」とも呼びます。 花房は雄シベの先に金粉が付いているように光ります。 花後に実がなりますが山火事にあうまで木についたまま種子を出しません。 山火事にあって木が死んだら、実が割れて種子が飛び散る性質があると言われます。
DSC00556.jpg

DSC00557.jpg

DSC00558.jpg
珍しいブラシノキが満開です。是非ご来園をお待ちしております。
第9回赤松こも外し体験会!!(3/15) [2014年03月15日(Sat)]
赤松街道を愛する会主催の第9回赤松こも外し体験会が3月15日午前10時から正午まで通称赤松街道(国道5号線)で行われました。七飯町民や函館市民約50名が参加、昨年10月に巻いた約70本の赤松のこもを外し、コモの中に冬ごもりをしているマツクイムシなどの害虫を見つけ、こも巻の成果を体験しました。
毛虫を発見する度ごとに、参加者から歓声が上がり、全部で約30匹の毛虫が発見されました。
なお、函館エコロジークラブのメンバーも多数参加しました。
DSCF2529.jpg

DSCF2524.jpg

DSCF2531.jpg

DSCF2534.jpg


陶芸作品展 [2014年03月06日(Thu)]
熱帯植物園で平成25年4月から初心者を対象に陶芸教室を開催しています。講師は高橋貴紀(たかはしたかき)さんで、創作陶芸(きき窯)ななえ赤松焼きで日本陶磁協会会員です。講師は第23回個展を函館丸井今井にて開催致しました。
植物園では3月1日から31日9時30分から16時30分まで(最終日は15時まで)初心者の陶芸作品展を開催しております。是非ご来園ご鑑賞下さいますようお願い致します。
P1080743.jpg

P1080744.jpg

P1080745.jpg

P1080746.jpg

P1080742.jpg