CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年02月 | Main | 2013年04月»
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リュウゼツランの最後 [2013年03月25日(Mon)]
平成24年3月15日に50年ぶりに最後の花を咲かせてくれるという多肉植物のリュウゼツラン。開花から4ヶ月間で、7,000人の入園者増に貢献しました。
昨年の9月頃から、花の跡に何百という子株を付けて驚かさせてくれました。
今年2月に入って子株がだんだん大きくなってその重みで8メートルの茎が少し傾きかけました。パッタリ倒れないように丈夫なシュロ縄で3方に固定しました。
しかし、平成25年3月3日の夜、シュロ縄を引きちぎって、高さ2メートルの所からポッキリと折れてしまいました。
付近にあったアオイリュウゼツランやキリンカクが少し傷みましたが、さほどの被害はありませんでした。ただ、数百個の子株が倒れた付近に散乱し、拾い集めたら90リットルの樽に4個分もありました。目下、その子株を入園者にプレゼントしています。
3年前に付近の地面から目を出てたした子株を鉢植えして育てていましたので、近日中にリュウゼツラン2世として元の場所に植栽する予定です。
今後、ご入園の際にご覧下さい。
DSCF8310.jpgDSCF8311.jpg
ポッキリと折れたリュウゼツラン

DSCF8313.jpgDSCF8318.jpg
数百個のリュウゼツラン子株

DSCF8354.jpgDSCF8355.jpg
リュウゼツランの2世
初心者向け写真教室のお知らせ [2013年03月25日(Mon)]
初心者向け写真皇室
熱帯植物園では5月より写真講習会を開催いたします。初心者を募集します。
講 師:松島 稔(まつしま みのる)
略 歴:鞄ケ映、潟tォトバンクにて吉村博道氏、清水武男氏に師事。2002年タンデムフォト開業
と き:5月14日(火)13:30〜15:30  材料費:1,000円 募集人員:15名
※植物園の花等を題材として、撮影方法を学びます。
 写真作品展は平成26年2月18日(火)〜2月25日(火)を予定しています。
 尚、アナログカメラの場合は、フイルム・現像代は別途負担となります。
 お申し込みは56-7486直接講師へお願いします。植物園受付は57-7833です。
顔.jpg
講師の作品

アート 2.jpgアート 3.jpgアート 2.jpg
ご入会をお待ちしています。
キダチチョウセンアサガオが満開! [2013年03月23日(Sat)]
キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)別名「天使のラッパ」で親しまれ、園芸名「エンジェルストランペット」が温室内ステージ前で、2本とも満開を迎えています。ブラジル原産でナス科の常緑低木です。下向きに垂れさがる姿がトランペットに似ていることから名付けられました。年に4、5回開花しますが、同時に2本とも満開なのは珍しいです。
DSC00042.jpg

DSC00040.jpg
ステージに向かって左側と右側に咲いています。
NPO法人函館エコロジークラブ創立10周年記念祝賀会 [2013年03月23日(Sat)]
「今後もっと進化を」
NPO法人函館エコロジークラブの創立10周年記念式典が3月19日函館ロイヤルホテルで開かれた。関係者72名が参加し、さらなる地域貢献を誓い合った。
 同クラブは生物とのふれあいや自然環境を大切にするまちづくりを目的に2002年7月に創立。函館市熱帯植物園の指定管理者として維持管理を請け負うほか、亀田川の桜の剪定や赤松街道の赤松並木を守る活動などを行っています。
 式典では福西理事長が『10年目は階段の踊り場にいる状態、今後もっと進化していこう』と抱負を述べたあと、工藤函館市長、秦渡島総合振興局副局長挨拶と続き、3月末で退職する坂井正治園長に感謝状が送られた。
 その後、祝宴で中宮七飯町長の祝杯で、参加者は思い出を語りながら、これまでの活動を紹介する映像で10年間を振り返った。
IMG_2204.jpg
さらなる地域貢献を誓う福西秀和理事長
IMG_2220.jpg
工藤壽樹函館市長のご祝辞
IMG_2234.jpg
秦賢一渡島総合振興局副局長のご祝辞
IMG_2276.jpg
中宮安一七飯町長のご祝辞
IMG_2256.jpg
職員から花束を受け取る坂井正治園長
墨絵講習会のお知らせ [2013年03月22日(Fri)]
熱帯植物園では4月より墨絵講習会を開催いたします。初心者を募集いたします。
講師:山岸佳華(やまぎし けいか) 道新文化センター水墨画講師 佳墨会主宰 函館大谷高校墨絵非常勤講師 
img131.jpg

と き:4月13日(水)13:30〜15:30 ところ:熱帯植物園
材料費:1,000円 募集人数:15名
お申し込みは57-1217直接講師へお願い致します。植物園受付は57-7833です。
※水墨を描くにあたって
 墨との融合にじみ、かすれの美しさに惹かれ身近な題材や犬、猫、風景などいろいろと描きます。主に中国の水墨画や日本伝統の水墨画などを模写したり筆使い余白の取り方などを参考にして楽しく自由に学びます。
 道具(墨、すずり、文鎮、筆(大・小)、下敷き、筆洗い、パレット、顔彩、半紙)は用意してあります。
陶芸講習会のお知らせ [2013年03月22日(Fri)]
熱帯植物園で平成25年4月から陶芸教室を開催します。初心者を募集いたします。
講師:高橋貴紀(たかはし たかき) ななえ赤松焼き
創作陶芸 きき窯 日本陶磁協会会員  第23回個展を函館丸井今井にて開催
img127.jpg

お申し先は65-8133です。直接講師へ電話を下さい。なお植物園窓口は57-7833です
材料費:1,000円 第1回講習会 募集人数:15名
と き:4月24日(水)13:30〜15:30 ところ:函館市熱帯植物園
※道具はこちらで用意いたします(手ろくろ等) 準備するもの:エプロン、タオル
 陶芸作品展は平成26年3月1日〜31日を予定しております。
講師の作品
img129.jpg

img130.jpg
赤松コモ外し体験会 [2013年03月15日(Fri)]
赤松街道を愛する会のコモ外し体験が3月9日(土)、国道5号線の赤松街道で行われました。町民やエコロジークラブの会員ら53名が参加、春に訪れを告げる恒例行事を体験しました。
img251.jpg
3月10日の函館新聞に掲載