CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
オレンジ
オレンジはしょうがい児のための放課後支援や長期休暇の支援、一時預かり保育においてお母さんたちへの支援を行っていく団体です。
« 病後児保育 | Main | new オレンジへの軌跡 »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
社長ママ
18歳の誕生日 (02/28) Oサンタ(=^・^=)
本当にありがとうございます (12/20) 湯地
値段が3倍! (10/20) まっちゃん
来客と契約と避難訓練 (09/17) 川端
悩みは尽きません (04/09) オレンジの種
オレンジへ視察 (06/07) 加藤
オレンジへ視察 (06/06) はるママ
クッキング〜豚汁編〜 (11/29) ゆう
児童デイ開設準備に (09/25) 隊長
祖父母へのプレゼント作り (09/20)
月別アーカイブ
学校の対応もまちまちです[2021年02月09日(Tue)]
相談支援専門員としてここの所学校へ担当者会議において訪問することが多くなってきました。
緊急事態宣言が解除になり、学校も訪問OKとなったからです。
保育所等訪問支援事業において学校・保護者・福祉サービス事業所と担当者会議を行っています
その中で、子ども達の成長を聞くことが出来るととても嬉しくなりますね。
もっともっと多くの学校でこの保育所等訪問支援事業を実施できるようになれば
個々の子ども達で疲弊している先生たちにもいいのに・・・と感じるのです。
メリット・デメリットあるでしょうが、ぜひとも、学校の先生方が
病んでしまわないように、個々の子ども達の成長の一役になってもらえるといいな〜と。
学校の管理職の方々の意向によっても違うので、多くの子ども達へ、学校で抱える困り感への支援の手がいきわたるようになるといいな。
少しでも相談支援専門員としてお手伝いできればと思いますわーい(嬉しい顔)
成年の心の内には・・・。[2019年07月21日(Sun)]
先日、モニタリングで青年期の方の話しを伺うことが出来ました。

今、毎日通うところがあって嬉しと。
仕事にも行けずに家で過ごすことが続くと不安になって・・・と
なるほど・・・。

そして、漫画が好きなんだけれども・・・。
人に話しかけられるのが苦手で・・・。
だから、ヤバ系の漫画を手に取っていると。
ヤバ系の漫画を広げている人には話しかけないでしょう?
それに後ろに人がいると何かされそうで、怖くなるとも・・。
だからいつも壁際に立っていることも話してくれました。

なるほど、なるほど・・・。
全ては自分を守る為の方法を自分なりに考えて実行しているんだと

いろんなことを考えさせられました。
あなどれません、ゴミ問題[2016年07月15日(Fri)]
計画相談の中で、1週間の中で5日間ヘルパーさんの力を借りて
在宅で暮らしておられる障がい者の方が、日常に変化を求めて
生活介護を週3加えることにしました。
本人さんは生活にメリハリができて、とても有意義に過ごされています。
が・・・・。
ここにきて、なんとゴミ問題が浮上!
今までゴミ収集日にヘルパー利用があったので、ゴミも出してもらえていたので
気づきませんでしたが、ゴミ収集日に生活介護へ通うことになると、ヘルパーが
入らず、ゴミを捨てることができず溜まってしまって・・・。
週2ゴミ捨てできていたのが、週1になってしまいました。
冬場ならよかったのでしょうが、夏場は・・・・。大変です。
民生委員さんにも相談しましたが・・・。
なかなかうまくいきませんね。
ゴミ問題はあなどれません・・・。
きちんと利用者さんの生活状況を見て計画入れないといけないな〜と反省。
相談支援の派遣により行ってきました、熊本に[2016年05月25日(Wed)]
201605241803001.jpg
熊本に相談支援の派遣として、障害者・児の個別訪問を行ってきました。
役に立つかどうか不安でしたか、いざ熊本についてみると・・・。
ブルーシートを屋根にかけてある家が至る所に・・・。
危険と黄色い紙が貼られている家や、外観確認済みと書かれた緑色の張り紙が多数・・・。でもまだ家屋調査に来られていない家も多数・・・。
被災地支援に行くにも、宿泊地の確保がままならず、宇土市役所近くのホテルを確保できました。歩いて5分程にあの市役所があったので見てきました。テレビで見るよりはもっと傾いている感じがしました。

被災地支援の拠点となっている事務所に行くのに渋滞・渋滞で・・・。
かなりの時間を要しました。
事務所につくと、一日の振り分けがされて、一軒一軒本人さんに面会しながらお話を聞いていきました。
不在のところも多かったのですが、在宅されていた方からはいろんなお話を聞く事が出来ました。
車中泊した話や、食事をもらうのに並べずに困った話、避難所に行きたいけど多動の子どもさんを連れては遠慮してしまった話など・・・。
貴重な話をいくつも・・・。
今は自宅に戻っていても、家の修理もままならないし・・・と。
今は大丈夫です。と答えられる方が多かったですね。
今は・・・。いつと比べての今何だろうか…と。
いろんな事を考えさせられる、訪問活動でした。

熊本に行く予定です。[2016年05月16日(Mon)]
来週熊本に被災地派遣において相談支援専門員として派遣される事になりました。
行って何ができるのか・・・不安ではありますが
何か力になるのであれば・・・とも思っています。

ですが、ここにきて問題も浮上
派遣先の宿泊先が確保できないとの事。
テント泊でも大丈夫なのですが、そう簡単な事ではないのかもしれませんね。
意外と行く側より、受け入れる側が大変なんだろうなと。
寝袋は確保しましたが・・・。
とりあえず、宿泊先を探さなければ・・・。

先遣隊として行かれている方々の話も聞きつつ準備していきたいと思います。
継続支援・・・。[2016年04月27日(Wed)]
在宅で生活されている方のこれからの生活の見直しの為
いろんな場所を一緒に見学にまわっています。
年齢も50歳を過ぎているので、入所施設を見て回ったり
しますが、本人さんの気にいる場所が無く・・・。
生活介護の施設や就労支援B型の施設等など・・・。
ですが、50過ぎまでどこにも利用された事が無く、気ままに
生活されていたので、なかなか利用に結びつかないままに・・・・。
でも根気よく気にいるところを探していきました。
今日ようやく1事業所にスイッチがONになりました。

ある施設を見学してみると、様々な障がいを持っている方々が
一生懸命に作業をされていて、その仕事をほこらしく見学者の私達に
見せてくれる姿にすごいな〜と感心しきりです。
高校卒業後から今の方々は様々な福祉施設を利用されています。
でもその事で、継続的に支援が届くのです。
支援の継続及び相談事業の継続がその方々を支えていくんだな〜と実感しています。
様々な福祉施設が増える事は選択肢も増えるのですが、その方に会うものって何なんだろう。どう生活されたいのだろう…とあらためて考えさせられる日々です。
どう生活したいか・・・。自分も考えているのだろうか?
いろんな事を考えさせられる1日でした。
現任研修[2016年01月29日(Fri)]
相談支援者現任研修が27日から3日間行われました。
隊長ももちろん参加です。
初任者研修から5年の間に1回以上受講しなければなりません。
3日間の拘束は長いな〜と感じながら、事業所の事も気になりつつも
受けなければいけなくて・・・。
相談支援専門員の方々の話をたくさん聞いてきました。
皆さん頑張ってるな〜
どの講師の方々も、自分の体は自分でメンテナンスしていってくださいね。
頑張りすぎないように…と話されていました。
という事は相談支援専門員がどれだけ大変な仕事振りかが・・・。
どの事業所もです。
一人で100件、200件抱えていて・・・。
でも、中にはそれほど抱えていない事業所もあったりして・・・。
県外の取り組みも聞けてとても良かったです。
他県の取り組みも興味深いものでした。
とってもいい研修でした。わーい(嬉しい顔)

伝えるって難しい[2014年07月15日(Tue)]
今日は成人さんからの相談を伺う為に施設へ行ってきました。
施設の支援員さんが手話通訳者として同席してもらいました。
私の説明を通訳してもらうのですが、うまく伝わらず・・・
本人さんの思いはなんとも伝わるのです。
通訳の方が約1時間以上もの私たちの会話を繋いでくれたのです。
通訳してくださった方にも感謝ですが、自分の気持ちをしっかりと伝えてくれた本人さんにも感謝です。
いろんな学びが日々ありますが、今日の学びもまた、貴重なものとなりました。
より良く生活するために、どういろんなものを組み合わせていけるのか・・・。大きな宿題を頂きました。数年先を見据えた計画というのを頭に置きながら模索していきたいと思います。わーい(嬉しい顔)
皆が揃って[2014年06月04日(Wed)]
今日は個別支援会議が行われました。
多くの事業所方々や学校の先生にも来ていただいて、皆で話し合いました。
こうして多くの事業所の方々も参加されると、同じ方向性を向いて、その子どもさんの支援に関われます。
いろんな方々の支援方法を聞きながら、一番はお母さんの支援方法を皆で行う事に・・・。学校でも取り組んでいるので、よりよく支援できると思います。
皆でいい支援を学んで持ち帰ってもらいました。
学校の先生にも資料も準備していただいて、より分かりやすく支援方法を伝えてもらい感謝です。

今日参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
間違い発見[2014年02月10日(Mon)]
寒かったですね〜〜〜
しとしとと一日雨が降って、ますます寒かったですね。

今日は計画相談で案が出来上がったので、ご本人さんに確認してもら居ました。サイン頂こうと思ったら・・・ありゃりゃ・・・。
名前の一字が間違っていた。
他にも何点かあって・・・。
やはり本人さんに確認してもらうのが一番ですね

作り変えて、また次回サイン頂にお伺いします。

計画案を市役所に提出して受給量の協議が行われます。
受給量決定したのち、再度事業所等を入れて計画を確認していきます。
相談計画確定まで紆余曲折・・・。1カ月はかかるので皆さん、市より計画依頼の文書が届いたら早めに最寄りの相談事業所に提出してくださいね。
でないと、使いたくとも使えない事になってしまいますからねがく〜(落胆した顔)
気をつけてくださいね。

放デイは18歳になっても受給者証番号は変わりますが、そのまま18歳の3月末まで利用できます。
ですが、計画の請求を行おうとするとはじかれて・・・。
国保は障害者で市は障害児で・・・と。
請求がはじかれては元もこうもありません。
国保と市とで協議。
相談も児で請求という事に落ち着きました。
悩める18歳なのでしたわーい(嬉しい顔)
| 次へ
プロフィール

オレンジの種さんの画像
オレンジの種
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hagukumi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hagukumi/index2_0.xml