CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
オレンジ
オレンジはしょうがい児のための放課後支援や長期休暇の支援、一時預かり保育においてお母さんたちへの支援を行っていく団体です。
« 新聞記事に | Main | 御祓いに行ってきました »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
社長ママ
18歳の誕生日 (02/28) Oサンタ(=^・^=)
本当にありがとうございます (12/20) 湯地
値段が3倍! (10/20) まっちゃん
来客と契約と避難訓練 (09/17) 川端
悩みは尽きません (04/09) オレンジの種
オレンジへ視察 (06/07) 加藤
オレンジへ視察 (06/06) はるママ
クッキング〜豚汁編〜 (11/29) ゆう
児童デイ開設準備に (09/25) 隊長
祖父母へのプレゼント作り (09/20)
月別アーカイブ
目の前の書類がはかどらない[2009年04月09日(Thu)]
年度初めになるといろいろと提出しなければならない書類が山積み困ったなのだが・・・。
どうもはかどらない
宮崎市役所から来た一通のメールが・・・悲しい頭を悩ます。
日中一時単独事業所への加算通知
宮崎市が提示してきた金額では現オレンジ規定料金からすると3割減。
ふ〜。
頭いたい落ち込み
どうすれば3割減を補えるのか。
宮崎市からすれば日中一時支援単独事業所がバラバラに施設利用料をとっている事に
頭を悩ましていたからかもしれないが・・・。
しかし単独事業所は施設利用料という形で加算してもギリギリなわけで・・・。
ギリギリから3割減は・・・厳しい悲しい

そして一番心痛めるのは日中一時支援事業は市町村によって金額が違う事。
このことで、ますます他の市町との利用料金が大きく変わってきてしまう事である。
同じ支援、同じサービスを利用して保護者が支払う金額が市町によって大きく差が開いてしまうのである。
これが児童デイザービス(県が認証)ならば市町村で金額が違うという事もなくなるのだが・・・。オレンジのプログラムは児童デイに引けは取ってはいないという自負があるのだが・・。

日中一時支援事業の難しさ(厳しさ)をより一層感じる21年度初めとなってしまっている。

オレンジに来てくれる子供たちの為に、オレンジを頼りにしていてくれる保護者の為にも・・・。

う〜ん悩んでいてもしょうが無い。
目の前の仕事から片付けていこう!!!


この記事のURL
https://blog.canpan.info/hagukumi/archive/831
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

オレンジの種さんの画像
オレンジの種
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hagukumi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hagukumi/index2_0.xml