CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


用〜意!丼!

[2009年12月11日(Fri)]
時々、お楽しみドンブリがはぎの郷の食卓をにぎわせます。
アイデアがひらめくと、管理栄養士はノリノリで、実現に向けてありとあらゆる努力を傾けます。調理員の皆さんも、緊急技術会議を開いて、とてつもないメニューにどれだけ愛情を注げるか、勝負にかかってくれます。
最近食卓に出されたドンブリをご紹介させていただきますと、・・・
・キムチ納豆ノリマヨネーズ丼
 (ネーミングが材料・作り方を全て表しています)
・アボガド丼
 (これは好きな人・嫌いな人分かれました)
・コマーシャル見てそのまま作った丼
 (某牛丼チェーンのTVCMをみてそのまま作ってみたお好み牛丼)

 (研究のため職員が何度も食べに行ったのだからCMの効果はあった)
念のため白いご飯とふりかけをご用意するのですが、利用者の皆さんはほとんどの方がトライされます。そして・・・
「ごちそうさまー、おいしかった!」と食器を返しながら厨房の調理員に声をかけてくれる。
「わあ、良かった。おそまつさまでした。」感謝の言葉を返す。
施設という生活形態の中で、大切にしたい『食事』のココロ。
空いたどんぶりを受け取る調理員さんの笑顔の中にそれがあるような気がする。

さてさて、次です。次に考えているのが、『エジプト丼』
かのクレオパトラも掻き込んだという伝説の丼物です。(ホントか?)
来週実現に向けてカリスマ管理栄養士がただ今研究中!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメント
プロフィール

法念さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/hagi_daily/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hagi_daily/index2_0.xml