CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«2015年第1回はちどり茶会のお知らせ | Main
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エビ
第5回はちどり茶会 ご報告 (06/13) T・Y
消費者フォーラム 11・13 (11/26) はちどりバンク
消費者フォーラム 11・13 (11/25) はちどりバンク
消費者フォーラム 11・13 (11/25) T・Y
消費者フォーラム 11・13 (11/23) 向早苗
いよいよ設立へ (08/25) 木村真樹
いよいよ設立へ (08/24)
最新トラックバック
2016年第一回はちどり茶会報告 [2016年03月22日(Tue)]

2016年1回目のはちどり茶会は
「woodstudio×はちどりBANK」ということで、
ウッドスタジオ株式会社をお借りし、中川透代表にお話をしていただきました。

中川代表はオーストリアの研修帰りということで、
その研修の様子、オーストリアの木質バイオマスの利用の現状を
写真・動画を交えてお話していただきました。

最近では日本でもバイオマスエネルギーという言葉をよく耳にするようになってきました。
それでも日本全体のエネルギー割合で言えば1%です。
オーストリアでは11%と世界有数のバイオマスエネルギー先進国だそうです。

1978年、オーストリアは建設中だった原子力発電所の使用を国民投票で問い、
稼働に反対が過半数を超え、自然エネルギーへと舵を切ったそうです。

オーストリアでは薪やペレットをボイラの燃料として利用し、
全館暖房はもちろん、給湯までまで賄うそうです。
それを可能にする為、家々には薪やペレットを蓄える場所を用意し、
地域によっては、ペレットを供給するタンクローリー車が町を走っているそうです。

オーストリアは国土の約48%が森林という豊富にある地域の資源を
うまく活用していると言えるのではないでしょうか。
ちなみに日本の国土に占める森林割合は約66%。

日本でもエネルギーの地産地消が進んだなら、
森は守られ、雇用は生まれ、お金が地域で回り
今とは違った世界が広がるのはないか、そんな想像を抱かせるようなお話でした。

ただ、いきなりそんな社会は実現しません。まずは一歩目として、
薪ストーブの魅力をwoodstudioで感じてみてはいかがでしょうか。


お話の後の懇親会では、ウッドスタジオで扱っている薪ストーブで
ピザやチキンを振るまっていただきました。
三連休の初日にもかかわらず、30名を超える多くの方に参加いただきありがとうございました。

1144.jpg1143.jpg1141.jpg1145.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント