CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スコーラ・フォルツァ講座のお知らせ | Main | 第1回融資募集のおしらせ»
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エビ
第5回はちどり茶会 ご報告 (06/13) T・Y
消費者フォーラム 11・13 (11/26) はちどりバンク
消費者フォーラム 11・13 (11/25) はちどりバンク
消費者フォーラム 11・13 (11/25) T・Y
消費者フォーラム 11・13 (11/23) 向早苗
いよいよ設立へ (08/25) 木村真樹
いよいよ設立へ (08/24)
最新トラックバック
第2回 総会報告 [2013年12月12日(Thu)]

2013年 10月27日(日)に第2回総会を開かせていただきました。

また、総会に先立ち、
「はちどり(中間)審査会〜事業プレゼンを見てみよう〜」
と題して、2人の方に事業プレゼンをして頂きました。

はじめに鈴木良平さんに富山の空き家の問題。
それを改善するため、供給者と使用者のマッチングを行う団体の必要性についてお話をしていただきました。

参加者からは空き家の増加などを同じように問題と感じている という意見や、マッチングを行うにあたっての難しい点、利益を上げるうえでのアドバイスなど活発な意見交換がなされました。

二人目には 株式会社 笑農和 下村克巳さんに「ITで農業活性化」をテーマにプレゼンをしていただきました。

扱う農産物に、データが読み取れるコードを付けることで、現在行われているような、生産者の顔やトレーサビリティーがわかるだけでなく、どんな農薬を使って育てたか、どんな調理法があるかなど、より詳しく、確かな情報を付加することで、消費者が安心して購入でき、生産者が意欲を持って農作物を提供できる環境づくりを目指したいとお話していいただきました。

参加者からは、そのシステムが出来上がったら消費者としてとても魅力的だ という意見や、農業の技術を伝承していくうえでも、熟年者の経験値を数値に直すことは大切だ という意見が出されました。

どちらのプレゼンでも発表者の熱い想いが伝わりましたし、多様な視点からの多くの意見でとても有意義な時間となりました。

559744_542894645790860_378441_n.jpg

参加者のいろいろな視点は、出資者の方がどこに重きを置いているかの参考になりました。
今後、実際の融資審査をしていく上で活かしていきたいと思います。


総会では2期目の事業報告、決算報告、3期目の事業計画、予算計画を説明させていただきました。

休日の忙しい時間帯にも関わらず多くの方に参加いただきましてありがとうございました。
また、今回参加できなかった出資者の方々にも委任状の返信等ご協力いただきましてありがとうございました。


参加人数 27名(うち16名が出資会員)
Posted by 大角 成市 at 20:39 | 報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント