CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年01月 | Main | 2022年03月 »
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
3月の予定 3月2日(水)から再開します[2022年02月27日(Sun)]
2月の下旬は寒い日がつづいていましたが、皆さまおかわりありませんか?
今日はあたたか。日も長くなり、春が近づいてきたことを実感します。
第6波、全国でコロナの感染拡大が続いて、特に受験生や残り少ない最終学年をすごしている6年生たちが無事に過ごせるようにと願うばかりです。

2月は浜田市教育委員会の通達でお休みしていましたが、感染予防に気をつけながら、
3月からまちの縁側を再開します。
今月の子どもニュースには、世界子ども美術館でもうすぐはじまる、柚木沙弥郎さんの展覧会の紹介もしています。今年100歳となる柚木さんの作品。ほんとうに楽しみです。

202202 いわみっ子子どもニュース.jpg



春休み中の企画も現在検討中です。感染状況を見ながら学期末にお知らせする予定です。


社会教育の再設計 シーズン3「民設公民館を考える」でお話させていただきました。[2022年02月26日(Sat)]
2月24日、東大の牧野篤先生からお声をかけていただき、2004年からはじまった「浜田のまちの縁側」の取組をお話させていただきました。
この講座は、社会教育の再設計というもので、今年で3年目(シーズン3)だそうで、今回のテーマは「民設公民館を考える」というもの。私以外にも4名の方が5週間にわたって担当され、とても楽しい内容になっています。私の担当は第3回目でしたので、残り2回もとても楽しみです。

テーマは「〜地域と学校をつなげる/子どもと共に学び育ちあうまちをめざして〜 」としていましたが、民設公民館的空間であるまちの縁側のこれまでを振り返り、「つながりを育む」を切り口に内容を広げてお話させていただきました。
私自身、講座でお話することを考えるプロセスでこれまでを振り返り、気づきを得、これからの展望も考える機会となりました。
また、当日は30分を超える牧野先生や参加者の方からのご質問、クロストークの時間をとっていただき、今後につながる貴重な学びとなり、感謝でした!また全体を通してサポートくださった杉並区の中曽根さんはじめスタッフのみなさまもありがとうございました。

講座のなかでは、時間の関係で足早にスライドを流していましたので、ここに掲載をしておこうと思います。

社会教育の再設計 シーズン3「民設公民館を考える」
第3回 「〜地域と学校をつなげる/子どもと共に学び育ちあうまちをめざして〜 」
                  浜田のまちの縁側 代表 栗栖 真理
シーズン3当日版 栗栖 2022 0224.jpg

パワポ資料はこちら↓
シーズン3当日版 栗栖 2022 0224.pdf

2022-01-14 (2).png






Posted by 栗栖真理 at 22:45 | 社会教育 | この記事のURL | コメント(0)
2月はお休み、3月より再開します。[2022年02月22日(Tue)]
2月は市内でのクラスター、休校も多くあり、蔓延防止措置は20日で終了しましたが、縁側は今月いっぱいお休みとしました。
3月から市内の様子を見ながら再開していく予定です。

3月5日(土)13:00〜16:00 5・6年生対象のハンドメイドクラブ 「魔法の鍋帽子🄬をつくろう」 定員6名。参加費500円
3月26日(土)10時〜12時に味噌づくり・こんにゃくづくり 要申し込み 参加費300円

鍋帽子をつくろう.jpg