CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
とにかく勉強![2021年09月09日(Thu)]
浜田市に子どもの権利条例をつくろうというプロジェクトをスタートしましたが、その実現に向けては、まず条例とはなにか、子ども条例をすでに制定している市町村の策定プロセスや中身はどのようになっているか。子どもの参加をどのようにしているのか。制定後のオンブズマンパーソンの働きはどのようになっているか。包括的な条例として行政のあらゆる部署が子どもの権利保障にどのように関わっているか、その検証のしくみ、子どもの権利委員会のようなものはどうなっているか。などなど。
調べたり、専門家に尋ねたり。近道はないものかと思いながら、こつこつ勉強をはじめています。
先日はまちの縁側に福島裕彦さんにおいでいただき、条例とは何か、子どもの権利条例づくりに関する考え方について、短い時間でしたがレクチャーしていただきました。自らが市長を務められた我孫子市での取り組みなども興味深く、子どもの権利保障と児童健全育成は全く視点が違い、子ども権利条例は子どもが社会の構成員として権利を保障するものであるなど、共感する内容も多くありました。
プロジェクト「広げよう子どもの権利条約〜hamada〜」のメンバー5名で伺いましたが、わかりやすい説明で、みんな納得!今後の進め方について少し方向性が見えました。

条例のつくり方には、市主導のもの、議員主導のもの、そして市民が案をつくり有権者の50分の1の署名をもって市長に提出(直接請求)し、議会にかけて審議する方法と大別すれば3つあります。私たちのプロジェクトでは、50分の1の署名を集めることもある意味多くの方に知っていだけるというメリットがあるものの、なかなか大変な作業であると思いました。以前に島根県のエネルギー条例を県民サイドから署名をあつめて条例制定の直接請求をしたことがあり、署名は押印もいるため中々大変でした。そして結果として議会で審議されましたが否決されたという残念な経験があります。(うまくすすんだ中海の事例もあります。)

先日のはまだ市民一日議会後の浜田市議会からの回答も踏まえ、議会と市民プロジェクトが共同して条例案をつくり、議員のみなさまに議会に提出していただくという方法があるのではないかと話しあいました。松江で行われた自分ごと化会議のように、無作為抽出で選ばれた市民が自由に子どもの権利について話しあう場ももてたらよいなあとも思いましたが、この先の宿題です。

市が主導にならない理由としては、子ども条例づくりの主管が子育て支援課などいわゆる子ども分野の担当者がすすめている自治体が多いなかで、めざすイメージは、子どもの権利保障を全庁あげてさまざまな領域からすすめていってほしいと考えています。したがってより横断的な視野で担当いただける部署にお願いしたいということになりますが、そこがどこなのかピンとこない面もあります。
そう考えた時に、現時点では議員のみなさまとプロジェクトが共同で検討したのち、議員立法のかたちへで審議へとすすめたらよいのではないかと考えました。いずれにしてもまだまだ日々勉強です!
簡単に情報を得るにはかなりマニアックな内容なので、Googlescalarで検索したりしています。自治基本条例については沢山の文献が出てきますが、基本条例と子ども条例は少し性質が異なります。市議さんたちは改選モードですので、しばらくは私たちで情報をあつめてただき台なども検討していこうと思います。興味がある方は是非ご一報ください!

福嶋裕彦さんのご紹介
中央学院大学教授(地方自治がご専門)
千葉県我孫子市議を経て同市長を3期。東日本大震災時は消費者庁長官。

20210909_153354.jpg




Posted by 栗栖真理 at 14:17 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
広げよう子どもの権利条約〜hamada〜 Facebookページができました。[2021年09月08日(Wed)]
広げよう子どもの権利条約〜hamada〜のプロジェクトがスタートしました!
facebookができましたので、是非アクセス、いいねをよろしくお願いいたします。
2021-09-08 (3)_LI.jpg

以下 当プロジェクトFacebookより
2021年、島根県浜田市で包括的な子どもの権利条例をつくること、子どもにやさしいまちづくりをすすめることを願って、つながるネッ!トに連なる県西部の子ども支援団体有志でプロジェクト「広げよう!子どもの権利条約〜hamada〜」を立ち上げました。
島根県では、2005年に「しまね子育ち・子育て支援ネットワーク つながるネッ!ト」
が発足し、当初支援団体の心得として子どもの権利条約の学習やリーフレットづくりをしました。近年県西部では、子どもの成長発達にかかせない「子どもの権利条約 31条:休息・余暇・遊び、文化的・芸術的生活への参加」に関する取り組みや学習をしてきました。
そして昨年コロナ禍で子どもを取り巻く環境はますます厳しいものとなりました。待ったなしの子ども・子育て家庭支援も勿論必要ですが、自治体の多くが後回しにしてきた子どもの権利条約について、子どもと子育て家庭のエンパワメントを願って、浜田市で取り組んでいきたいと思いました。
とはいえ、全国で子どもの権利条例を有している自治体はわずか50程度。私たち自身手探りです。子どもの権利についての全国の取り組みから学び、さまざまな団体ともつながりながら、進んでいきたいと思います。ここではそういった他の取り組みや情報も共有していきます。長文の投稿が多いですが、共に考え、このプロジェクトの推進にお力をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
#広げよう!子どもの権利条約〜hamada〜
#広げよう子どもの権利
Posted by 栗栖真理 at 10:35 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
9月の予定・子どもの居場所として[2021年09月08日(Wed)]
新型コロナウイルスの全国的な感染拡大のなか、新学期がはじまりました。
みなさまお元気でしょうか。すでにご自身、あるいは身近な方のなかに感染された方がある方も
多いのではないでしょうか。誹謗中傷を受けることなく、安心して医療が受けられ後遺症なく回復されることを祈っています。

島根県内でもこれまで以上に感染者が増え、デルタ株は子どもへの感染の広がりも心配されています。緊急事態宣言のある地域では休校、オンライン授業といった判断も出ています。
そのような中、子どもの感染予防と共に子どもの心をどう守るか。毎年9月、子どもたちの自殺予防月間とされています。令和2年度の子どもの自殺はそれまでの2倍となっていて、長引くコロナ禍の子どもへのストレス、虐待等が心配されます。

浜田市でも医療状況がひっ迫してきているなかで、縁側も大事をとってお休みにすることは簡単ですが、子どもの居場所として開所を継続することにしました。ただ、料理教室や駄菓子屋さんなどリスクがあがるものはとりやめ、シンプルに自由にゆっくり過ごせる居場所としてあけています。

2021・9月いわみっこ子どもニュース.jpg


あらためて子どもの居場所とは何か?

*ありのままの自分でいること,休息して自分を取り戻すこと,自由に遊び,若しくは活動すること又は安心して人間関係をつくり合うことができる場所
 (川崎市子どもの権利に関する条例より)

*1)安心してひとりでほっとできるところ
 2)同じ立場の「仲間」とつながり、「壁」を乗り越えていくところ
 3)「すきま」「秘密基地」のようなもの
 4)意味ある他者との温かい関係を結べるところ
 5)ネットの中に居場所を求める子ども 
 6)居場所がないとは、「場の欠如」ではなく、「自分の 信頼しうる関係の欠如」
浜田進士氏  日本評論社 子どもの権利研究第22号 子どもの居場所ハンドブック 2013.2