CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月 »
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
夏のいわみっ子まつりB[2011年07月31日(Sun)]




          中学生生活科学部:手作りのわたがし製造機は苦心の作でした。
                      毎回てづくりのポスターがかわいらしい。


  駄菓子屋さん:いつも仕入れは中学生のYくん。今日は生活科学部のコーナーに参加
           仕入れ方が上手だから売れ残りは2割程度。小学生が暗算が早くて助かりました。
           


 ゲーゴルゲーム:子育て広場のボランティアさんによる



 竹の水でっぽう:虫ちゃんの仲間たち。今回は水と竹をテーマに、この他に水風船のなげっこも。
 県大の海遊祭の企画:コスモスの種を植えました。
 平岡さんの痛ましい死を通じて、いのちの大切さをみんなで確認するそんな意図をもって、 
 企画されたようです。海遊祭のころには、平岡さんのメモリアルガーデンにもコスモスが
 咲くことでしょう。
 
Posted by 栗栖真理 at 08:06 | いわみっ子まつり | この記事のURL | コメント(0)
夏のいわみっ子まつりA[2011年07月30日(Sat)]
    さて、本日のいわみっ子まつりの様子をご紹介しま〜す。



     チャリティかき氷:子どもたちが一生懸命店長さんをしていました。
               収益は、気仙沼の子どものあそび場づくりの支援金にします。


     ぬりえコーナー:小さな子どもたちに大人気。家庭菜園のピーマンも売ってて愉快^^。


     県大生C-Artisによる手ではずむシャボン玉作り 

          

      中学生美術部さんのエコバックづくり    浜田レクリエーション協会のバルーンアート
Posted by 栗栖真理 at 23:53 | いわみっ子まつり | この記事のURL | コメント(0)
夏のいわみっ子まつり@ [2011年07月30日(Sat)]
夏のいわみっ子まつり、赤ちゃんからお年寄りまで、たくさんの方が参加してくださり、楽しいおまつりになりました。

このまつりは、毎回、子どもも大人も地域に居場所と出番があることの楽しさ、豊かさ、人と人とのつながりのなかで生きる幸せを実感します。

毎回、腹話術をしてくさるメンバーがありますが、このときの光景が私は大好きです。まるで地域が大きな家族になったみたいで、いいなあと思います。



                 

また、今回は島根県のふるまい向上プロジェクトを意識して、お茶席で茶の湯の精神を学んだり、玄関の靴を揃えること、気持ちの良いあいさつをすること、みんなにとって居心地の良い場をつくることなどを、つとめてすごました。受付担当の中学生が帰っていく子どもに「さよなら〜」とやさしく声をかけてくれたり、気づいた人が靴の乱れを直してくれたりしていました。(教育しまねNO48で、ふるまい向上に関するまちの縁側の取り組みも紹介しています。)

まつりの準備をはじめるにあたっては、スタッフ同士がアイスブレイクで打ち解け、それぞれのコーナーの思いを語り、まつりの最中には、スタッフもお互いのコーナーをまわり、地域の人と交わり、楽しみました。このまつりは、スタッフ自身がまず楽しむということが、とってもよくて、回を重ねるごとにその感じは強くなっています。このまつりの目的は、地域で人と人がつながっていくところにあるから、とても嬉しく思いました。

まつりの後には、スタッフみんなで振り返りをするのも、幸せなひとときです。なかでも、子どもたち(中学生や県大生)の感想は、毎回、ウルウルきます。まちの縁側に小学校の頃から来ていた子どもが中学生になって、このまつりを3年間支える立派なスタッフになっている姿は本当に嬉しいし、今日の感想のなかで、「大人になってもこうやって、このまつりに参加したいと思った。」と言ってくれました。子どもの参画を説いたロジャーハートは、「まちが育つには子どもが必要」と言いましたが、まさに、このまつりでの喜びは、子どもたちあってのことです。

なんだか、いいことづくめのような報告ですが、一方で地域では、潜在する二ート・ひここもりの若者の課題、子ども、大人のコミュニケーション力の低下などなど、いろんな課題があります。だからこそ、いわみっ子まつりを、子どもと大人が地域で育ち合う機会としたいと感じます。
Posted by 栗栖真理 at 22:28 | いわみっ子まつり | この記事のURL | コメント(0)
本日いわみっ子まつり13:00から16:00 in 石見公民館[2011年07月30日(Sat)]
本日、13時〜16時 石見公民館にていわみっ子まつり開催です。縁側では、チャリティーかき氷!駄菓子屋さん、水風船、れいみちゃんのぬりえコーナー等子ども店をサポートします。遊びに来てね〜。

その他、竹でっぽう、エコバックづくり、綿菓子、ヒノキの積み木でのパズルづくり、ゲーゴルゲーム、バルーンアート、そして、ふるまい向上プロジェクトの取り組みとしてお茶席、15時からは腹話術!




子どもと大人、地域のみんなでつくるいわみっ子まつり!
中学生生活科学部、美術部さんもがんばってます。
県大生も、スライムみたいなボールづくりや、コスモスをプランターで育てる活動など頑張ってます。
Posted by 栗栖真理 at 11:50 | この記事のURL | コメント(0)
1学期が終わりました。[2011年07月21日(Thu)]
中学校の学校支援コ―ディネイターとして、この1学期をふりかえって、先日学校支援だよりを作成して中学校の保護者さんにお配りした。同じ校区の小学校のコ―ディネイターは、毎月おたよりを出しているようだが、中学ではプリントも多いし、頻度は一学期に1回程度にしようと決めている。が、いざ1学期をふりかえると、「赤ちゃんと触れ合おう」の授業ひとつとっても、いろんな気づきがあって、それをすべてお便りに書けば、とうていA41枚では収まらないが、わずかでも、保護者や学校の先生方へのご報告となればと思う。以下、おたよりの一部抜粋。

●地域に伝わる盆踊りを体験しよう
地域の行事を守り、受け継いでいく大人たちとの出会い

今年は3年生全員が経験することができました。多くの生徒が初めてでしたが、生の太鼓と口説きで、中学生もいきいきと踊っていました。盆踊りの口説きや太鼓も受け継いでいかなければ、地域から消えていってしまいます。この経験をきっかけに、地域のつながりを支えている様々な行事にも目を向けていってくれるといいなと思いました。

●放課後あそび隊
 1年生の総合的な学習(ボランティア学習)として石見小・三階小・松原小で実施。
 中学生の力を期待している地域の大人たち、心まちにしている小学生との出会い

 中学生の感想:小学生と心が通じ合えたと思う。小学生が喜んでいる姿を見て自分も嬉しくなった/また来る?と聞かれて、あー楽しんでくれたんだなあと思った/名前を呼んでくれて嬉しかった
小学生の感想:優しくて嬉しかった/楽しい人がいっぱいいてバスケやサッカーが楽しかった/はじめは緊張したけど楽しかった/鉄棒で逆上がりができた

●スケッチ会のゆきかえりの見守り
 一中で毎年行われる、港でのスケッチ会を支える活動
 雨のため、1週間延期になりましたが、地域から3名の方が、港に向かう途中の横断歩道な どで見守りをしてくださいました。


 ●あかちゃんと触れ合おう  お母さんたちの思いにも触れて

 生徒の感想:私が思っている以上にすっごくかわいかったです。私もこんなかわいい赤ちゃ んを育ててみたいです。お母さんもこんなに大変だったのに、育ててくれてありがとう!って いう気持ちになりました/命が新しく生れてくるっていうことは本当にすばらしいことなのだ と思いました。また小さな命を母親だけでなく、周りのみんなで守りたいなと思いました/  すごく可愛くて、泣いてもこっちは笑顔になりました。まだ寝てばかりの子、歩き回る元気な 子、それぞれに個性があって、どの子にも一人一人違う良さがあるんだなって思いました。

 
 笑顔コ―ディネイターより
 今年で4回目となる2年生総合的な学習の「赤ちゃんと触れ合おう」。17名の赤ちゃんとお  母さん、そして一中校区在住のスタッフに支えられて無事終了しました。事前の打ち合わ  せなど、先生方にも多くのお時間をつくっていただきましたが、中学生の当日のやわらか  な 表情や感想から、このプログラムをこれからも地域で支えていきたいと思いました。ス  タッフ の感想では、「このプロラムに関わることで、帰ってから自分の子どもに優しくなれ  た。」お母さんの感想では、「赤ちゃんを可愛いと思ってくれる中学生が地域に沢山いてく  れると思うと、心強い。」等、この授業に関わるすべての人にとって得るもののあった4日間でした。




7月のわんでいしぇふの様子[2011年07月13日(Wed)]
遡ってのご報告おゆるしください。7月のわんでいしぇふは、縁側のスタッフがいたしました。ただしパンは、HappyMamaさん作。
テーマは毎年この時期にしています「防災の備えができていますか?」日頃の防災への備えを振り返ってもられるように、チェックリストをお配りして参考にしていただいています。



尚、8月はお休みで次回は9月15日 シェフさんはHappyMamaさんの予定です。要予約です。
飲み物別にて800円。メニューはただいま思案中。

Posted by 栗栖真理 at 08:56 | わんでいしぇふ | この記事のURL | コメント(0)
夏休みのえんがわ お知らせ[2011年07月09日(Sat)]
梅雨があけたようです。もうすぐ夏休み。子どもたちにとって、夏休みは自由の天地であってほしいです。浜田の自然や、歴史に触れる。そんな企画ができたらいいのですが、そこはツーりズムの方々におまかせして、縁側では、ごくごくあたりまえの家庭での夏休みのような、
のんびりの一日をすごしてもらえたらと思います。日程は全部で6日間。それ以外はお休みです。



2011夏休みのえんがわ 
@7/21(木)10:00〜16:00    
     ごはんオムライス・サラダ・くだもの(ゼリー)
     カエルそうきんをぬおう:ぞうきんにしてもよいタオルをもってきてね。

A7/22(金)10:00〜16:00    
     ごはんサンドウィッチ・スープ・くだもの(バナナジュース)
     カエルペットプラアート(炭酸入りの空ペットボトル500mlがあれば持ってきてね)

B7/28(木)10:00〜16:00     
     ごはん夏やさいカレー・サラダ・くだもの(わらびもち)
     カエル布やフエルトでいろいろつくろう  バナナジュースをつくろう

C7/29(金)10:00〜16:00     
     ごはんそうめん・天ぷら・くだもの(焼きドーナツ)
     カエルドーナツをやいてトッピングをしよう

D8/25(木)10:00〜16:00     
     ごはんミートスパゲティーサラダ・くだもの(ゼリー)
     カエルたねのアート(たねで絵をかこう) 
       スイカやかぼちゃの種など、自分で見つけた種を乾かして、もってきてもいいよ。

E8/26(金)10:00〜16:00     
     ごはんやきそば・サラダ・くだもの(だ菓子)
     カエルスライムをつくろう
    この日は、おやつ代の集金はしませんので、だ菓子代を持って来てください。(予約はいりません)

★毎回昼食・おやつを定員20名用意しますので、希望者は開催日の3日前までにお申込みください。
 ただし定員になれば早めに締切させていただきますのでご了承ください。

★昼食代400円(要予約) おやつ代100円 (要予約)。メニューは変更することがあります。

★6回を通じて必要な持ち物:水筒、おはし、エプロン、三角巾、必要なら宿題。
  小さいですがビニールプールを出すので着替え、タオル。

★小さなお子さん連れの方もお年寄りも大歓迎。子どもの居場所スタッフ募集中!

★メニューは変更することがあります。

★夏休み中の開所日は下記の6日間のみです。ご了承ください。
7月13日わんでいしぇふのお知らせ[2011年07月09日(Sat)]
りんご来週の水曜日は、えんがわスタッフによる「わんでいしぇふ」のランチです。
 まだまだお席がありますので、お申込みお待ちしています。


わんでいしぇふ 7月13日(水) 11:30〜 
本日のシェフ: えんがわスタッフ
テーマ:防災の備えができていますか?



〜MENU〜
     夏野菜と大豆のトマト煮込み
     ズッキーニのグリル お魚のマリネ 
     かぼちゃのホットサラダ
     冷製バジルパスタ
     パン
     デザート

     1人800円(飲み物別)
     要申し込み 090 8064 7940
             krs.engawa@ezweb.ne.jp
Posted by 栗栖真理 at 10:09 | わんでいしぇふ | この記事のURL | コメント(0)
えんがわチャリティCafe [2011年07月07日(Thu)]
震災からもうすぐ4カ月。震災当初から、たとえささやかでも、何かしたいと思って、えんがわCafeやワンデイシェフの売上げから、被災地への支援金を送っています。震災後間もなく寄付した支援団体からは、活動の様子や、今後の課題なども含め、報告書が送られてきています。被災地に行って支援するだけでも、大変ですが、その活動の報告を、寄付者に向けてしっかりと情報発信することのできる団体には頭が下がります。

報告書を読むと、またその団体に向けて寄付金をつくりたいと思うことができます。そうすることで、被災地から遠く離れた島根から被災地につながっていられるという思いもあります。

なかでも、「被災地の子どもに、遊びを通じた子どもの心のケアを!」ということで、子どものあたりえの日常であるはずの遊びにとりくんでいる、特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会は、当初3月〜6月の3か月間の予定でいた活動で、募金目標額を超えた募金が集まり、3か月延長で募金目標額もアップし、子どもたちの夏休みを支えようとしています。初め6月までと書かれていたので、でも子どもたちの夏休みは?と思っていたので、ささやかなことしかできていませんが、この報告は嬉しかったです。そして、5月以降のえんがわCafeの収益と、えんがわCafeで冒険遊び協会のことを知った友人が、チームシフォンというグループで朝日町でチャリティCafeをして集めたお金から、早速支援金を送ることができました。

もうすぐはじまる長い夏休みを、被災地の子どもたちが、笑顔ですごすことができますように!七夕の夜の願いです。
Posted by 栗栖真理 at 23:19 | 被災地と共に | この記事のURL | コメント(0)
7・8月の予定[2011年07月03日(Sun)]

7・8月の予定


カエルみんなの居場所
7月 2日(土)13:00〜16:00 ペットプラアート
7月 9日(土)13:00〜16:00 おやつをつくろう  1人100円 予約不要
7月16日(土)10:00〜16:00  おはなし会&だがしやさん ひとつ10〜50円  


注:平日開催日の水曜日15:00〜16:00の開所は7月20日(水)まで。
その後は「夏休みのえんがわ」のみ開催。9月は3日(土)13:00〜16:00から再開します。                   

すいかわんでいしぇふ
7月13日(水) 10:00開所 11:30〜15:00   しぇふ:まちの縁側スタッフ      
          
              要予約 1食 800円 飲み物別  メニュー:只今思案中  


アイスえんがわCafe  
7月5日 10時〜15時頃  どなたでも自由に。 300円〜

 今年度のえんがわCafeはチャリティカフェ。売上の一部を被災地支援に寄付します。

ペンギン夏休みのえんがわ:以下の6日間 いずれも10:00〜16:00

 7月21日(木) 7月22日(金) 7月28日(木) 7月29日(金) 
 8月25日(木) 8月26日(金) 


★毎回昼食・おやつを定員20名程度用意しますので、希望者は開催日の3日前までにお申し込みください。ただし定員になれば、早めに締め切らせていただきますのでご了承ください。

★6回を通じて必要な持ち物:水筒、おはし、昼食代400円(要予約)おやつ代100円(要予約)、小さいですが、ビニールプールを出すので着替え、タオル、必要なら宿題。

★小さなお子さん連れの方も大歓迎。 お手伝い下さるスタッフも募集中です。
| 次へ