CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月 »
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
えんがわチャリティCafe [2011年07月07日(Thu)]
震災からもうすぐ4カ月。震災当初から、たとえささやかでも、何かしたいと思って、えんがわCafeやワンデイシェフの売上げから、被災地への支援金を送っています。震災後間もなく寄付した支援団体からは、活動の様子や、今後の課題なども含め、報告書が送られてきています。被災地に行って支援するだけでも、大変ですが、その活動の報告を、寄付者に向けてしっかりと情報発信することのできる団体には頭が下がります。

報告書を読むと、またその団体に向けて寄付金をつくりたいと思うことができます。そうすることで、被災地から遠く離れた島根から被災地につながっていられるという思いもあります。

なかでも、「被災地の子どもに、遊びを通じた子どもの心のケアを!」ということで、子どものあたりえの日常であるはずの遊びにとりくんでいる、特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会は、当初3月〜6月の3か月間の予定でいた活動で、募金目標額を超えた募金が集まり、3か月延長で募金目標額もアップし、子どもたちの夏休みを支えようとしています。初め6月までと書かれていたので、でも子どもたちの夏休みは?と思っていたので、ささやかなことしかできていませんが、この報告は嬉しかったです。そして、5月以降のえんがわCafeの収益と、えんがわCafeで冒険遊び協会のことを知った友人が、チームシフォンというグループで朝日町でチャリティCafeをして集めたお金から、早速支援金を送ることができました。

もうすぐはじまる長い夏休みを、被災地の子どもたちが、笑顔ですごすことができますように!七夕の夜の願いです。
Posted by 栗栖真理 at 23:19 | 被災地と共に | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ