CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年11月 | Main | 2011年01月 »
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
まちの縁側恒例 おもちつき[2010年12月25日(Sat)]
今年もお向かいに住むOさんのご厚意で、しめ縄づくりともちつきを子どもたちとすることができました。Oさんは毎年たくさんのしめ縄を出荷しておられます。今日は、しめ縄にゆづり葉や裏白をつける作業がはじまるところでした。

おもちは、紫芋、よもぎ入りもできました。雪も降り、tとても寒い日でしたが、つきたてのおもちを食べて、あったかいきもちになりました。保護者の方も参加くださり、「子どもの頃おばあちゃんに教えてもらいました。それ以来久しぶりにもちを丸めたけれど、手が覚えているものですね。懐かしい〜楽しいかった。」と喜んでくださいました。

この、おかあさんの言葉から、幼い頃に五感を通じて体験したことは、大人になって、久しぶりに遭遇しても、その記憶は確かなものとして、呼び覚まされると、あらためて思いました。私たち親世代は、次世代に、どれだけのものを継承していかれるでしょうか?情報としてはインターネットもあり沢山のものを伝えることができるかのように思いますが、手が覚えている、懐かしい香りといった確かな体験は、手をかけ、思いをこめて人から人へと伝えていかなければ、受け継がれていかないのではないか、そんな思いを強くしました。

ゆづり葉は、春になり、次の新しい葉が出てくるまでは、古い葉が枯れずに残り、世代を受け継ぐその様子からおめでたい葉として、正月飾りにつかわれるとのことですが、私たち親世代もゆづり葉のように、大事なものを継承していく大人としての責任を果たしていきたいと思いました。あなたは、次世代に何を残していきたいですか?

平和な日本。美しい浜田の海。。。










Posted by 栗栖真理 at 22:53 | みんなの居場所 | この記事のURL | コメント(0)