CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« みんなの居場所 | Main | わんでいしぇふ »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
秋刀魚・新米・里芋[2019年11月06日(Wed)]
この秋も、炭火で秋刀魚を焼き、くどで新米を炊き、里芋を収穫して豚汁に。
子ども時代に覚える味覚はきっと大事。
(先日ある参加した平田オリザさんの講演会で「身体的文化資本」のお話を聞きました。)
くどでの炊飯は防災訓練にもなる。

な〜んて意味づけは別として、おいしいものは子どももわかるんですね〜。完食でした。

20191019_121452_001.jpg


20191019_115806.jpg


20191027_211553.jpg


20191019_115816.jpg

Posted by 栗栖真理 at 04:11 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
お留守番の日にひとりでできるお昼ごはん 2016[2017年01月14日(Sat)]
簡単なごはんなら子どもでもつくれるようになるといいなということから、今年度は夏休みになる前に、「おするばんの日にひとりでできるお昼ごはん」というテーマで、ニコニコキッチンさんにお願いしました。
ミックスベジタブルとソーセージでつくるまぜご飯、ちょっとトライして卵も焼いてオムライス
夏野菜のカレー、冷やし中華、サンドイッチなどなど、材料をわかりやすくそろえて、なるべく大人は見守るだけにして仕上げました。

2016_0528_112301-P1060043.JPG

1.JPG
Posted by 栗栖真理 at 11:37 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
3月 お雛様ランチ[2016年03月19日(Sat)]
今年度も行事食を取り入れながら、月1回のニコニコキッチン(子どもの居場所で行われる、浜田ツーリズムのKさんによるクッキング教室)が開催されました。
3月は雛まつりにちなんで、押しずし、ひなバーグ、小松菜の煮びたし、貝汁、マカロニ安倍川でした。
お寿司にいれる牛蒡やニンジンの笹がき、初めは荒い笹がきだったけれど、子どもってあっという間に細かくできるようになりますね。
押しずしは具が真ん中に来るようにするには修業がいります。

ひなランチ.jpg


nikoniko.jpg


押しずし.jpg





Posted by 栗栖真理 at 20:21 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
6月、7月は浜田の海の幸をいただきました。[2015年07月25日(Sat)]
月1回のペースでお世話になっているニコニコキッチンさん。
今年も、季節の食材や浜田のお魚をつかったランチを考えてくださっています。

5月は筍(破竹)ごはん ふきの煮もの  
とれたてのふきの筋をとって、手でぽきぽきと折って調理しました。
2015_0530_105617-P1040692.jpg


2015_0530_121611-P1040693.jpg



6月はアジの蒲焼き丼といわしのつみれ汁
アジもいわしも、とれる量が減っているのは気がかりです。でも青魚はやっぱりおししい。
2015_0627_120925-P1040810.jpg


7月は、なんとぼべご飯!
今ではぼべそのものが、浜田の一般市民でも手に入りにくい貴重な食材。
今日は、そんなぼべが、ごろごろ入った磯の香りあふれるランチとなりました。
そして、箸やすめにスウィートバジルのてんぷら。初めてでしたが香りがいいですね〜。
夏ならトウモロコシとかき揚げにするのもおすすめだそうです。
2015_0725_123112-P1040952.jpg




Posted by 栗栖真理 at 21:48 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
もちつき[2011年12月10日(Sat)]
今年もあと残すところわずか。今年も縁側でお餅をつきました。人数が少なかったので、今年は2升を2回つきました。紫色は芋もちです。

           
Posted by 栗栖真理 at 21:42 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
11月のニコニコキッチン 芋ランチ[2011年11月26日(Sat)]

            秋の味覚、サツマイモをつかったコロッケ、紫芋を使ったスナックなど。
Posted by 栗栖真理 at 17:16 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
秋刀魚の炭火焼き&薪でご飯炊き[2011年10月29日(Sat)]
 すいません10月遡ってのご報告お許しください

 10月は恒例のさんまを炭火で焼こう!今年はそれに加えて、くどでご飯を炊くのに挑戦しました。薪でごはんを炊くときは、薪をいつひくかなど、やってみないとわからないことがあります。でも、本日はおいしく炊くことができて、みんなにっこり。災害時に火を起こして、煮炊きができる大人が、地域にどれぐらいいるでしょうか。今、たき火も簡単にできない地域になってしまいました。子どもたちは火を扱うことを禁止され、花火ですら、公園も校庭も禁止です。

 私も中学、高校と昼食を生徒たちで作り、ごはんは薪で炊くというユニークな学校に通っていました。日常生活のなかで、自分のことを自分でするための多様な体験は、できあがったものを消費するのでなく、できるだけ全プロセスを体験することが、生きる力、判断力、段取りする力などを身につけさせてくれたと感じています。

 縁側での料理もともすると子どもたちは部分的な参加になりがちですが、少しでも最初から最後までのプロセスに関われるようサポートすることは課題です。

        

        
Posted by 栗栖真理 at 10:12 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
クッキング教室にお父さんが初参加[2011年09月29日(Thu)]
夏休みあけのクッキング教室は、参加者が少なくてちょっと残念でしたが、なんと、お父さんが初参加。たくましい海の男って感じのお父さん。勘が的中。一年の半分以上は船にのっておられるとか。今日は陸ですごせる貴重なお休みに3人のお子さんを連れてきてくださいました。船で調理をすることも多いので、手慣れておられ、きっとお魚の調理は、私なんかよりもよっぽどプロフェッナルでしょう。

夏休みのえんがわで来てくれた兄弟がありましたが、今日は保育園の弟さんも参加。夏休みには見せなかった、お兄ちゃんとして弟へ接する、それはそれは母のようなまなざしと関わり方に、これまたびっくり。弟のめんどうをみることが必要ない、自由な時間だった夏のえんがわでは、もっと片づけとかちゃんとしてほしいなあと思った場面もあったのだけれど、日頃、私たちは子どもの一面しか見ていないことに改めて気づかされました。

それから、本当によく笑う女の子の参加。こっちまで幸せな気分にさせてくれます。

午後からはみんなでスライムをつくってすごしました。

     
   
     
Posted by 栗栖真理 at 12:19 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
縁側史上初!マイ包丁をもってきた女の子[2011年06月19日(Sun)]
昨日の居場所はニコニコキッチンさんのクッキング教室。。。。のはずでしたが、K先生のご都合で、えんがわスタッフだけですることに。はじめて参加くださった親子づれもあって、ちょっと緊張しましたが、参加人数が少なかったので、家庭的にゆっくりと料理をすることができました。

この度、縁側史上初!マイ包丁を持参で参加してくれた小1の女の子がありました。お料理がとても好きで、普段からお母さんのお手伝いを良くされるとか。野菜を切るのも、メレンゲ泡立てるのも手際よく関心しました。

午後からは、父の日にプレゼント、弟にあげるなどと言って、フリースやフエルトをベースにミニタペストリーを作りました。はじめてという小2の男の子、縫い物への意欲と集中力がすごい!約1時間半、細かい作業を工夫しながら、自分でも満足のいくものができたのではないかと思います。





Posted by 栗栖真理 at 16:31 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
5月のニコニコキッチン・みんなの居場所[2011年05月29日(Sun)]
皆様、台風による被害はありませんでしょうか。

さて、今月もあと少し。5月の子どもの居場所(みんなの居場所)の様子からご報告します。

今年も三階小学校の家庭訪問に合わせて、通常の水曜日以外に二日間、みはしスペシャルオープンを実施しました。お天気のよい期間だったので、どちらかというと女の子が中心で、
手芸や、基地づくりなどをして楽しんでいました。おやつづくりもしました。

この期間の笑顔かわいいエピソードをひとつ。

縁側のキッズコーナーでは、毎回、布や段ボールを使って、基地づくりが人気の遊びですが、
火曜日は、女の子がコーナーを占拠していて、2年生の男の子もあそびたいのだけれど、介入の余地がなく、考えたあげく、0がたくさんついたお札を作って、これ交換で、ここを使わせてよって、交渉していました。残念ながらお姉さんたちは、そのユーモアあるアプローチには、なびくことなく、占拠し続け、しかたなく、隣の部屋でお化けやしきごっこをいまいち盛り上がりにかけながらも、男の子たちとやっていました。

そんな子どもらしい、愛おしい姿を縁側で見せてくれた子どもたちが、いつの日か大きくなって、いろんなことにぶつかって、苦しいときに、ふと縁側に心いやしに来てくれるといいなあと
思います。もちろん嬉しいときにもね。

昨日のニコニコキッチンは、まきづくりとソーセージづくりがメイン。まきの葉は地域通貨を浜田でやっていた頃からお交わりをいただいているKさんが採ってきてくださいました。ソーセージ用のひつじの腸と、ソーセージづくりに欠かせない道具は、ケンボローさんから入手。どちらも手作りならではのおいしい仕上がりでした。写真はいまいちに撮れてますがね。。。

               

            
Posted by 栗栖真理 at 21:22 | ニコニコキッチン | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ