CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« Stay home, Enjoy at home | Main
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
とにかく勉強![2021年09月09日(Thu)]
浜田市に子どもの権利条例をつくろうというプロジェクトをスタートしましたが、その実現に向けては、まず条例とはなにか、子ども条例をすでに制定している市町村の策定プロセスや中身はどのようになっているか。子どもの参加をどのようにしているのか。制定後のオンブズマンパーソンの働きはどのようになっているか。包括的な条例として行政のあらゆる部署が子どもの権利保障にどのように関わっているか、その検証のしくみ、子どもの権利委員会のようなものはどうなっているか。などなど。
調べたり、専門家に尋ねたり。近道はないものかと思いながら、こつこつ勉強をはじめています。
先日はまちの縁側に福島裕彦さんにおいでいただき、条例とは何か、子どもの権利条例づくりに関する考え方について、短い時間でしたがレクチャーしていただきました。自らが市長を務められた我孫子市での取り組みなども興味深く、子どもの権利保障と児童健全育成は全く視点が違い、子ども権利条例は子どもが社会の構成員として権利を保障するものであるなど、共感する内容も多くありました。
プロジェクト「広げよう子どもの権利条約〜hamada〜」のメンバー5名で伺いましたが、わかりやすい説明で、みんな納得!今後の進め方について少し方向性が見えました。

条例のつくり方には、市主導のもの、議員主導のもの、そして市民が案をつくり有権者の50分の1の署名をもって市長に提出(直接請求)し、議会にかけて審議する方法と大別すれば3つあります。私たちのプロジェクトでは、50分の1の署名を集めることもある意味多くの方に知っていだけるというメリットがあるものの、なかなか大変な作業であると思いました。以前に島根県のエネルギー条例を県民サイドから署名をあつめて条例制定の直接請求をしたことがあり、署名は押印もいるため中々大変でした。そして結果として議会で審議されましたが否決されたという残念な経験があります。(うまくすすんだ中海の事例もあります。)

先日のはまだ市民一日議会後の浜田市議会からの回答も踏まえ、議会と市民プロジェクトが共同して条例案をつくり、議員のみなさまに議会に提出していただくという方法があるのではないかと話しあいました。松江で行われた自分ごと化会議のように、無作為抽出で選ばれた市民が自由に子どもの権利について話しあう場ももてたらよいなあとも思いましたが、この先の宿題です。

市が主導にならない理由としては、子ども条例づくりの主管が子育て支援課などいわゆる子ども分野の担当者がすすめている自治体が多いなかで、めざすイメージは、子どもの権利保障を全庁あげてさまざまな領域からすすめていってほしいと考えています。したがってより横断的な視野で担当いただける部署にお願いしたいということになりますが、そこがどこなのかピンとこない面もあります。
そう考えた時に、現時点では議員のみなさまとプロジェクトが共同で検討したのち、議員立法のかたちへで審議へとすすめたらよいのではないかと考えました。いずれにしてもまだまだ日々勉強です!
簡単に情報を得るにはかなりマニアックな内容なので、Googlescalarで検索したりしています。自治基本条例については沢山の文献が出てきますが、基本条例と子ども条例は少し性質が異なります。市議さんたちは改選モードですので、しばらくは私たちで情報をあつめてただき台なども検討していこうと思います。興味がある方は是非ご一報ください!

福嶋裕彦さんのご紹介
中央学院大学教授(地方自治がご専門)
千葉県我孫子市議を経て同市長を3期。東日本大震災時は消費者庁長官。

20210909_153354.jpg




Posted by 栗栖真理 at 14:17 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
広げよう子どもの権利条約〜hamada〜 Facebookページができました。[2021年09月08日(Wed)]
広げよう子どもの権利条約〜hamada〜のプロジェクトがスタートしました!
facebookができましたので、是非アクセス、いいねをよろしくお願いいたします。
2021-09-08 (3)_LI.jpg

以下 当プロジェクトFacebookより
2021年、島根県浜田市で包括的な子どもの権利条例をつくること、子どもにやさしいまちづくりをすすめることを願って、つながるネッ!トに連なる県西部の子ども支援団体有志でプロジェクト「広げよう!子どもの権利条約〜hamada〜」を立ち上げました。
島根県では、2005年に「しまね子育ち・子育て支援ネットワーク つながるネッ!ト」
が発足し、当初支援団体の心得として子どもの権利条約の学習やリーフレットづくりをしました。近年県西部では、子どもの成長発達にかかせない「子どもの権利条約 31条:休息・余暇・遊び、文化的・芸術的生活への参加」に関する取り組みや学習をしてきました。
そして昨年コロナ禍で子どもを取り巻く環境はますます厳しいものとなりました。待ったなしの子ども・子育て家庭支援も勿論必要ですが、自治体の多くが後回しにしてきた子どもの権利条約について、子どもと子育て家庭のエンパワメントを願って、浜田市で取り組んでいきたいと思いました。
とはいえ、全国で子どもの権利条例を有している自治体はわずか50程度。私たち自身手探りです。子どもの権利についての全国の取り組みから学び、さまざまな団体ともつながりながら、進んでいきたいと思います。ここではそういった他の取り組みや情報も共有していきます。長文の投稿が多いですが、共に考え、このプロジェクトの推進にお力をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
#広げよう!子どもの権利条約〜hamada〜
#広げよう子どもの権利
Posted by 栗栖真理 at 10:35 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
子どもの権利条約等を制定する自治体・子どもの権利に関する調査研究等(子どもの権利条約総合研究所)[2021年07月14日(Wed)]
浜田で子どもの権利条約普及、子どもの権利保障にむけて、先進的な取り組みや推進をミッションにしている団体等を紹介していこうと思います。

子どもの権利条約総合研究所(CRC)は、子どもにかかわる取り組みのグローバルスタンダードである子どもの権利条約に関する総合的でかつ実践的な研究をすすめることを目的として、研究者・専門家、医師、教職員・施設職員、議員、自治体職員、NPO・NGOスタッフ等が参加するなかで、2002年3月に設立されました。研究所は、国内ではNPO法人(非営利特別活動法人)として、国際的には国連NGOに登録されています。

子どもの権利条約総合研究所HPの「子どもにやさしいまち」2021年4月現在の子どもの権利条例等を制定する自治体一覧等も見ることができます。
また、調査研究など文献リストも豊富です。
20210714_085034.jpg



尚、CRCの一覧表を引用して、一般財団法人 地方自治研究機構のHPには先進自治体のリンクつきで詳しく紹介されています。

また、子どもの権利条例等をもつ自治体がホストとなって毎年行われる、「地方自治と子ども施策」全国自治体シンポジウム (CRCがよびかけ)では、各自治体の取り組みや子どもの居場所についてなど、充実した学び、交流がなされています。
直近では、2015年の西東京市のシンポジウムに、つながるネッ!トのメンバー(松江)と島根県少子化対策の担当者と参加し、とても刺激を受けました。
#広げよう子どもの権利条約
Posted by 栗栖真理 at 08:57 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
はまだ市民一日議会 夜7時まで放課後児童クラブを延長することについて   働く保護者を責めないために 加筆 &川崎市子どもの権利条例のご紹介[2021年07月13日(Tue)]
7月11日のはまだ市民一日議会で、放課後児童クラブの夜7時までの時間延長について触れました。
その趣旨は7時までの延長がよくないというものではなく、子どもの放課後のすごし方に大きな影響を与えることに関する決定に、子どもの声をしっかりと聴いてほしいということでした。

子どもの最善の利益を考えた時に、また保護者にとっても、できることならば夕方には家族で過ごしたいと思っているのではないかという前提にも聞こえたかもしれません。もちろん延長する前に、できるだけ早く保護者も帰宅できるような企業努力、生産性の向上も必要と思います。
女性の活躍を!といったかけ声のもと、子どもにとってどうなのか?と立ち止まって考えることは大切であると思っています。朝8時前に当校し、帰宅は夜7時。働き方改革で学校の先生だってそんなに長く学校にはいません。

ただ、夜7時をすぎてもお仕事をしておられる方、ダブルワークをしておられる方など、もやは今の日本社会で、子育て家庭では親は早く帰宅して、子どもと一緒に夕ご飯を食べるものであるというロールモデルを押しつけ、保護者を苦しめることがないようにと思います。(一日議会ではその時間がありませんでした。)
だとすれば、児童クラブの環境がほんとうに子どもの最善の利益を考えた環境となることを応援したいと思います。
それでも、子どもの意見を聴いてすすめることが前提であろうと思っています。子どもたちは親に気をつかっています。わがままを言ってはいけないと、仕事で忙しい親に気をつかっている面もあります。地域で大人は子どもたちの声を聴く力をつけていきたいと思います。

みんなで考えよう 川崎市子どもの権利条例 (中高生版)をご紹介します。
この条例をつくるにあたってつくられた、子どもの権利条例子ども委員会からの大人へのメッセージを是非お読みください。子ども支援と子育て支援(親支援)はどちらも大事です。

30teenager-outside.jpg


30teenager-inside.jpg

Posted by 栗栖真理 at 16:32 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
はまだ一日議会発言テーマ:市民と市議会、そして子どもたちと共に、浜田市子ども条例をつくろう!〜子どものあたり前が守られる、子どもにやさしいまちを目指して〜 [2021年07月13日(Tue)]
7月11日(日)はまだ市民一日議会で、子どもの権利条約を基礎に、包括的な浜田市子ども条例づくりを進めたいと思い、登壇させていただきました。

浜田市議会は議会改革の一環として、市民の声を聞くさまざまな機会をもっています。
この度の企画は初めての試みでした。応募した市民も大変多く、中高大生の登壇も複数あり、とても興味深い発言もたくさんありました。子どもの意見表明権が保障されたいており、その点も意義のある取り組みでした。

この度は、2005年に設立された、しまね子育ち子育て支援ネッ!トワークーつながるネ!ッ
トに所属し、浜田市で活動する8つの子ども支援団体を代表して、浜田のまちの縁側の栗栖真理が発言させていただきました。

以下が発言内容です。当日の様子(動画)と配布資料は浜田市議会のサイトから見ることもできますので、是非見てみてください。
私たちの発言は後半24分あたりからです。
添付資料には、奈良市や西東京市の条例、ユニセフの子どもにやさしいまちづくりなどをつけました。今後、どのようにすすめていったらよいか、みなさまのお知恵をいただきたく思います。単なる理念的な条例に留まらず、実行性と検証が可能なもの。そして子ども自身が参画できるプロセスを大事にしたいと思っています。

2021-07-13 (5).png





Posted by 栗栖真理 at 15:42 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)
浜田市に子どもの権利条約を基礎とする包括的な子ども条例をつくろう![2021年06月14日(Mon)]
この度、子どもの権利条約を基礎とする包括的な子どもの条例を浜田市につくるために、市内の子ども支援団体のネットワークで活動していくことにしました。
国レベルでも、子ども基本法の創設が待たれています。少しづつここでも発信していこうと思います。以下は今こそ「子どもに関する基本法」の制定を! 〜広げよう!子どもの権利条約キャンペーン提言〜  広げよう!子どもの権利条約キャンペーン実行委員会 2021 年 4 月 22 日時の一部抜粋です。

国連・子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)は、子どもが幸せな生活を送れるようにするためにそれぞれの国で守るべきことをまとめた、国際的な法律です。世界中の国々の代表が集まる国連(国際連合)で、1989 年 11 月 20 日に全会一致でつくられました。
子どもの権利条約には、子どもたちが当たり前のこととして持てなければならない「権利」が書かれています。条約を守りますと宣言した国は、そこに書かれている権利を守っていく義務と責任があります。
日本も 1994 年にこの条約を守りますと宣言したので、日本で暮らすすべての子どものために、条約に書かれている権利を守っていかなければならないのです。ここでいう「子ども」とは、国籍に関わらず(国籍のない子どもも含め)18 歳になっていないすべての人をさします。

84154600_862571287521497_1423753273185140736_n.jpg



Posted by 栗栖真理 at 15:10 | 子どもの権利条約 | この記事のURL | コメント(0)