CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 今月の予定・イベント情報 | Main | 安心・安全のまちづくり »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
良心について[2017年12月29日(Fri)]
長文ですが、この一年を振り返って少し書かせてくださいね。

子ども時代に育っていく良心が育ちにくい時代になったという不安を、ふと感じる場面や出来事があった一年でした。勉強不足を顧みず、少し感じていることを書いておこうと思います。

テロ対策や防犯のためと監視カメラがつけられ、監視社会が広がりつつあります。公共施設内で、本来鍵をかけずに、誰もが気軽には入れるお部屋であってほしい空間にも鍵をかけて管理する。公共施設は不特定多数が利用するので、わからないでもありませんが、学校でも、子どもによるトラブルがあると、その部屋の入口に鍵が取り付けられ、子どもは日々成長しているのに、一年たっても鍵はずっとかけられたまま、見直しはなく過ぎていくなんていうこともあったり・・・
次世代に残したい地球環境のことよりも、目先の利益を追求する、今だけ、自分だけ、お金だけの大人。そして共謀罪の曖昧で不安がいっぱいな内容。
良心とは、本来、監視や管理で縛られた物理的空間や人の関係性のなかではなく、自由な空間や大人からの強制的な力が働かない関係性のなかでこそ、育っていくものではないか。また、大人自身のなかにある良心に基づく責任の主体としての判断や社会との関係性を見て、育っていくものではないか。そんなふうにも思います。

良心は、時代と共に、あるいは国によって変化するという見方も一部ではあるでしょう。江戸時代まではある意味よしとされた仇討ちは、現代社会では殺人であり犯罪です。
また、子どもたちが引き起こす社会的に不適切な行動、万引きやいじめといったことは良心の育ちというよりも、子ども自身が疎外や孤独を紛らわしたり、誰かに気づいてもらいたいとSOSとして生じることを考えると、良心とは何か、道徳とは何か、あらためて考えさせられます。

一方で昔から、「お天道様が見てござる」といった、誰も見ていなくても、人としてやってはいけないことはやってはならない、またよいことも人が見ていなくとも率先してやれるかどうか、それは良心の育ちと直結する価値観であったようにも思います。
そう考えると、良心というよりも、実はもっと深いところ、魂や宗教ともつながっているのかもしれないとも思います。

けれども戦前から敗戦までの日本を考えると、価値教育と宗教が生み出す危険性や個人の思想信条の自由よりも、国家権力が強く個人を縛る歴史があり、そのような時代に戻ることはあってはならないというある意味賢明な判断は、人間よりも大きな力の存在がこの世にあることを前提とした教育は公教育では難しくなりました。ますます科学技術は進化していく21世紀にあって、人間の力の限界を自覚した謙虚な選択をしていく力はどうしたら育まれるのでしょう。とはいえ、今現在の子どもや親をめぐる様々な課題を理由に、国による道徳教育や家庭教育支援が戦前回帰のような形で復活することは避けなければいけないのはいうまでもありません。

めざす方向をあやまることなく、個人の尊厳を互いに大事にする社会、子どもが幸せにすごすことのできる社会をめざして、そのための取り組みを、ささやかながら、身近な地域でまちの縁側からも尽力していきたいと思います。
この身近な地域での取り組みこそが、個人個人を大切にする視点を失うことなく前へすすめることができると信じています。

2017_1028_122613-P1070036.JPG

*写真は秋のニコニコキッチン さんまを炭で焼いて、ごはんをくどで炊きました。お味噌汁の里芋は縁側の小さなスペースで育てて、子どもたちと収穫しました。お味噌は今年の2月につくったもの。



Posted by 栗栖真理 at 00:05 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
2016年本年もよろしくお願いいたします。[2016年01月17日(Sun)]
2016_0117_110515-P1050579.jpg
2016
本年もどうぞよろしくお願いいたします


先日、キリスト教愛真高校の特別授業に参加させていただきました。
愛真の生徒も毎年数名がお邪魔しており、卒業生も働いている真木の共働学舎の営みをドキュメンタリー映画として発表された、本橋成一さんの講義です。
本橋さんは私の母校である自由学園の大先輩でもあり、とても楽しみに伺いました。

講義のタイトルは、写真のことばと同じ「ひとつのいのちは、すべてにつながっている」
この言葉をこの一年、心に刻み、ときどきの思考、選択、行動、対話に反映していきたいと
思いました。

浜田のまちの縁側も今年で13年目を迎えます。必要としている子どもたちに縁側の活動が届くように、子どもをとりまく環境(大人自身のふるまいも含めて)が少しでもよいものになるように、地域のみなさまのお力をいただきながら、つとめてまいります。と同時に、子ども自身がもつ力がまちづくりにも活かされるような取り組みもしていきたいと思います。

最後になりましたが、皆様の幸せを心よりお祈り申し上げます。
一人ひとりの自由と尊厳、そして平和を願って!

Posted by 栗栖真理 at 13:50 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
こぼれダネが発芽するように ボードゲームのお兄ちゃん[2015年05月24日(Sun)]
まちの縁側をやっていると、いろんな出会いがある。
まるで、こぼれダネが発芽するように、ひとつの出会いから時を経て、
また新たな出会いが発芽していく。

数年前に弥栄での大豆オーナーの取り組みから始まったSさんとのご縁。
ずいぶん御無沙汰していたのだけど、この春「ちょっと会ってほしい人がいるのだけど」というお電話。てっきり農か食関連なのかと思いきや・・・

世界のボードゲームを集めているという青年が縁側を訪ねてきて、子どもたちとゲームをする機会を提供したいと。正直最初はえ?って戸惑ったのだけど、縁側ってそういうところじゃん!と原点に返らせてもらった気がする。
そう!縁側とは、一人一人の宝物を分かち合う場なのだ!
縁側とは、昔からおすそわけをするのにふさわしい装置だったはず。

当日は子ども・大人あわせて16名が集い、ボードゲームを囲んで多世代で、わいわい楽しいひとときとなりました。多くのゲームはドイツで考案されたもので、カタチやデザインがかわいらしいものや、絵も色がきれいだったり、見ているだけでもわくわくしました。

11206032_477127812438556_3322314196151330871_n.jpg


2015_0524_140211-P1040673.JPG



Posted by 栗栖真理 at 10:36 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
2015 本年もよろしくお願いいたします。[2015年01月05日(Mon)]
hituji_edited-2.jpg


2015 あけましておめでとうございます
  旧年中はお世話になりました。
  皆さまのご健康とご平安をお祈りいたします。
  本年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年で11年目を迎える浜田のまちの縁側です。
これまで10年、続けられてきたことへの感謝を記念イベント等でカタチにできないまま次の10年へと進むことをお許しください。縁側にとってこの10年は、ほんとうに多くの方との出会いによって支えられてきました。昨年11月に地元の医療センターの広報誌スマイル&ハートでこれまでの思いや感謝を書かせていただいたので、その時の原稿を掲載させていただきます。

スマイル&ハート.jpg


また、今から12前、浜田のまちの縁側の開設を模索していた時に出会った、NPO法人まちの縁側育くみ隊の延藤安弘氏が2002年に書かれた文章「人と人の縁が輪を成す「まちの縁側」づくり」をご紹介したいと思います。

人と人の縁が輪を成す「まちの縁側」づくり     2002.12  延藤安弘

この頃、「まちの縁側」構想に胸ふくらませつつある。
「まちの縁側」とは、かつての「縁側」のもっていた意味の多重性をメタファー(暗喩)にして、現代都市空間のあちこちに、古い建物の再生にも、新しい空間づくりの何れにおいても、次のような多義的場所を育むことをいう。
「まちの縁側」の要件とは、次のようである。
内と外がとける安らぎのある縁側のように、高齢者と子ども、生活者と専門家、市民と行政の間柄がゆるやかに結ばれる色んな人々の「出会いの場所」。
休息にも応接にも仕事にも使われた縁側のように、生活も福祉も教育も景観も文化も他領域が横断する色々な機能が「混ざり合う場所」。
ふらりとやってくる人々を包み込む縁側のように、来訪する地域住民も市民もよその人々もあたたかく歓待する「もてなしの場所」。
スイカを食べたり、花火をしたりしながら生きる力を育む縁側のように、ユーザー達の多様な経験の織り成す恵みがはらむ知・情・意の束ねとしての「思いやりの場所」。
お互いが自ずから話しあえる縁側のように、違う価値観や経験や持ち味をもった人々同士が思いやりと意思を交流しあう、開かれた「対話の場所」。
手前の点景を生かして遠くの月を眺める縁側のように、当面のコト(近景)と未来のコト(遠景)をつなぐ、開かれたものの見方を育む「洞察の場所」。
板敷の表面を心を込めて磨きこむ縁側のように、ユーザーが自ら使いこなす空間を責任をもってお守りし、育み続ける「丹精の場所」。
ニッチ(Niche、気持ちの良いくぼみ、最適なところ)としての縁側のように、普通の日も土・日も多様な市民がくつろげる「Do Niche の場所」。







 
 
 
Posted by 栗栖真理 at 23:58 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
2014 本年もよろしくお願いいたします[2014年01月07日(Tue)]


馬 .jpg
2014

浜田のまちの縁側は今年で10年を迎えます

本年もどうぞよろしくお願いいたします


昨年は、身近なコミュニティの幸せと、その延長線上にある国のゆくすえが、どうしてもつながっていかない危機感を幾度となく覚えた一年でした。

2013年の新年のブログでは、若い人を応援したいと書きましたが、未来を担う子どもたち、若者を応援する前提として、大人自らが地域の幸せと国のゆくすえに責任をもつ姿勢をもたなければと思いました。 

浜田のまちの縁側は今年10年目を迎えます。日々の縁側での出会いのなかで、自由と平和、原発再稼働や持続可能なエネルギー、食の安全、教育のあり方、その他さまざまな地域課題等について、対話と学びを通して、自ら行動する当事者性=自立した市民性を育みあうことができたらと思います。

昨年は、代表の栗栖が4年間かけて少しづつ講習を受けていた社会教育主事の資格を得ることができました。資格がほしかったというよりも、今現在行っている縁側の社会教育事業の見直しになるからと考えてのことでした。そしてあらためて、社会教育が扱う領域は単に子どもの分野だけでなく、さまざまな地域課題にむけた当事者性を住民のなかに醸成していくプロセスを意図的にしかけていくという視点が欠かせないことを痛感しました。

自分たちの地域は自分たちで。。。という当事者をふやしていくために、まずは子どもとの関わりからすすめていくこと、放課後子どもプランや学校支援地域本部事業等、ここ数年の取り組みの多くはそのような視点で活動してきました。沢山の地域の方が、学校支援や放課後あそび隊に参加してくださり、更にボランティア同士の学びの場も生まれてきています。

更に縁側スタッフのひとりが、最寄りの公民館の主事として活動をはじめたことで、より校区内での社会教育のとりくみが、スムースに行くようになったと感じています。

また、昨年後半から始まった「三階まちづくり推進委員会」の構成団体として、縁側が当初からめざしていた、地縁と志縁、エリア型コミュニティとテーマ型コミュニティの融合をめざしていくスタートラインに立たせていただくことができました。今年は、少しでもより具体的な活動が地域で展開されるように、縁側も協力していきたいと思っています。

本日より縁側もスタートです。今日はえんがわCafe、15時までの予定。
おなじみSちゃんのケーキ:本日はアップルケ-キです。新年、おまけに共働学舎さんのクッキーと紅茶は西製茶所さんの紅茶をご用意したいます。
2014_0107_102244-P1030156.jpg
Posted by 栗栖真理 at 11:17 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
謹賀新年 2013 元旦[2013年01月01日(Tue)]

無題.png


あけましておめでとうございます


2013 元旦


 おけがさまで浜田のまちの縁側は、今年で9年目を迎えます。

 地域ぐるみで子どもを育むこと。

 人と人のつながりから生まれる、豊かさや、楽しさ、確かさを感じられるまちづくり。

 地域をよくするために、学び、行動していく市民の育ちあい。

 縁側はそんなことを願いながら、この一年も歩んでいきます。


 子どもの居場所づくり、放課後あそび隊、いわみっ子まつり、学校支援地域本部事業、

 中高生の総合的な学習等の企画、えんがわカフェ、わんでいしぇふ。

 石見公民館との協働。

 昨年から始まった、弥栄元気会さんとの交流(農業に従事されるみなさん)

 てのひらmomoの会さんとの協働は、若い人や、農業を担っている人を応援したいと

 いう願いから、つながった取り組みです。

 そして、この二つの活動の根底には、フクシマのこと、いのちへの思いがあります。

 8年間でたくさんの取り組みが増え、多くの方とのご縁が広がっていることを感謝して、

 ひとつひとつを大事にしていきたいと思います。

 

 

Posted by 栗栖真理 at 01:33 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
延藤安弘先生 愛知産業大学院 公開最終講義  夢のようなことを現実にするコミュニティデザインへ〜物語り計画論にむけて〜[2012年12月05日(Wed)]
12月1日 名古屋から1時間ほどの岡崎市にある市民交流センター むらさき館で、延藤安弘先生の講演があり、延藤先生にゆかりのある方たちが、全国から集いました。

PC台を使って、2枚のスライドを同時に写し、まるで弁士のような語り口で話す延藤先生のユニークな幻燈会形式で最終講義も語られました。

浜田のまちの縁側もスライドに登場しました^^

2012_1201_135401-P1010800.jpg


講義の主な内容は以下
@コミュニティデザインの系譜 

A人と人のつながり、縁が輪を育むまちの縁側→まちの縁側GOGO浜田のまちの縁側長野まちの縁側

B市民参加による公共施設設計におけるコミュニティデザインの要点→岡崎市中央図書館交流プラザLibraむらさきかん

C子どもたちがふるさとを求めて帰ってくるマンション→コーポラティブ住宅ユーコート ものづくり・生活づくり・仲間づくりを自発的に行う過程→神戸市真野地区まちづくり

 
D東北復興希望のデザイン→仙台 荒浜地区のプロジェクト

D結び
Posted by 栗栖真理 at 04:03 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
延藤安弘先生との出会い そして最終講義[2012年12月05日(Wed)]
2002年 転勤を繰り返してきた我が家でしたが、夫の郷里に定住が決まり、縁側のような地域の茶の間のような場所をつくりたいと思って浜田に移り住みました。

2003年 先進事例がないかネットサーフィンをしていた時、偶然見つけたのが、千葉まちづくりサポートセンターの延藤安弘先生のか『人と人の縁が輪を成す「まちの縁側」』づくりの文でした。

あの文に出会い、間もなく延藤先生がNPO法人まちの縁側育くみ隊を立ち上げられ、私は迷うことなく、先生にお手紙を出し、浜田の縁側づくりのためのサポートをお願いしました。名古屋から数回おいでいただき、縁側ってなに?という問いかけから、子どもから高齢者、多世代による、縁側づくりのワークショップをしていただきながら、2004年浜田のまちの縁側はオープンしました。その後も延藤先生には浜田においでいただくと共に、今日までずっと励ましてくださっています。

初回のワークショップのときのまとめが「かわら版」として今も残っています→浜田かわら版ss.pdf


12月1日、延藤安弘先生がこの度、愛知産業大学を退官するにあたって公開の最終講義をされるということ、そして先生を囲む会があるということで、これはどうしても伺いたいと思い、名古屋まででかけてきました。



Posted by 栗栖真理 at 03:08 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
ふるさと教育と観光振興 県大産業コンテスト[2012年01月30日(Mon)]
先日は県大産業コンテスト『MAKE DREAM 2011』最終プレゼン発表に行ってきました。これは島根県立大学の学生が、学生ならではの新たな視点で浜田の地域資源を捉え直し、地域資源を活用したビジネスプランを提案するもので、主催は石央商工会、共催はもちろん県大。Kをはじめとする先生方のサポートあっての企画のようでした。

短い準備期間のなかで、10数組の一次審査を経て、残った6組の発表はどれも力作でした。ビジネスとしての成立となると、きっといろんな課題があってブラッシュアップが必要なのでしょうが、学生ならではの視点、学生自身が浜田への愛着をもってデザインしたものに関心し、また頼もしく感じました。

なかでも、最優秀賞となった玉木さくらさんの石州和紙を使った浜田のご当地絵本は、地元の子どもたち、学校図書、そして県外の子どもたち、観光客の土産等、多様な販路や、その先の発展も視野に入れていること、書籍の電子化がすすんでも絵本の価値は今後も残ることなど、よく検討されていてました。

そして、この企画は彼女が地域の子どもに読み聞かせのボランティアをしていたからこそ、柔軟な発想でつくれたものだったように思います。ふるさと教育のことも知ったうえでの産業振興のプランであったということがよかったです。産業振興と教育という一見、異なる分野を同時に見つめることで生まれてくるもの。そんな企画であったと思います。

そういう意味で以前から私も提案してみたいことがあります。小学校入学前に行われる、学用品の購買で、石見焼の湯飲みを販売してほしいということです。修学前の子どもの多くはキャラクターがついたメラミンのコップなどでお茶を飲んでいるのではないかと思います。軽くて割れないコップは幼児まで。小学生になったら、石見の子は石見焼でお茶を飲む。。。という伝統をつくれないかと思います。いかがでしょう。

県外の人にモノを売るだけの産業振興は、石見のモノづくりの後継者をつくりにくくする、そういう危機感をもって、いろいろな体験型の授業、取り組みもされていますが、それと共になるべく日常のなかに石見のモノたちがある、そんなことができるといいなあと思います。

ふるさと教育と産業振興。これはとても大切なテーマだなとあらためて感じた一日でした。
Posted by 栗栖真理 at 10:08 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(0)
クリスマスの意味 誰のための縁側なのか?[2011年12月25日(Sun)]
昨日の子どもの居場所では、クリスマスのプチケーキをつくりました。先日訪れたキリスト教愛真高校でも、生徒たちの手作りのシュトーレンをいただきました。



クリスマスは本来はキリストの誕生を祝う日です。キリストの誕生は馬屋で、飼い葉桶に寝かされたと言われています。そしてその誕生のありさまは、キリストが最も弱い立場の人たちのそばにいてくださることを象徴したものであろうとも言われています。

クリスマスの意味は、クリスチャンとそうでない人によって、その位置づけは異なるとは思います。縁側でクリスマスケーキをつくって食べるのも、季節の行事として、食を通じて、そして手作りを通じて、子どもも大人もコミュニケーションをはかったり、人と人のつながりを築くきっかけになります。でも、それだけで本当にいいのか?そんな思いが残りました。子どもの居場所として、まず来てくれた子どもたちが居心地よく過ごし、豊な時間を過ごせるようにと願って活動はしていますが、ここに来れなかった子どもたちの中に、縁側が届けるべきことがあるのではないかという思いがあります。

放課後子どもプランが国の施策ではじまった背景として、経済格差が子どもたちの放課後の環境にも影を落としており、塾や習い事に行ったり、親子で過ごす子どもたちがいる一方で、一人で家でゲーム、孤食などの課題を抱えている子どもがあるということでしたが、昨年、放課後子どもプランのコ―ディネイター研修で、岡山大学の熊谷先生がどなたかの引用であったかもしれませんが、経済格差よりも、つながり格差が子どもを取り巻く環境に大きく影響しているというお話をしてくださいました。

近隣であっても、子どもが置かれている家庭の状況を知ることは難しい昨今、それでも日々のあいさつや、ちょっとした対話を心がけることで、多少なりとも家庭の状況を垣間見ることができるのであれば、また、学校の先生方が、今よりももう少し、子どもたちの放課後や休日の過ごし方に思いを馳せることができ、ニーズを拾っていただき、縁側ができることがあれば、つながっていきたいと思っています。先日の川北秀人氏の研修でも、社会によさそうなことをするのではなく、本当に必要なことをするという言葉を縁側も問いながら、2012年の事業をすすめていきたいと思います。
Posted by 栗栖真理 at 11:57 | えんがわの思い | この記事のURL | コメント(2)
| 次へ