CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 6月の予定 | Main | 夏休みの縁側 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
ヤングサポーター育成チーム 商業高校 課題研究開発講座 [2015年05月27日(Wed)]
商業高校の課題研究講座が今年もはじまっています。
浜田市において、次世代育成に関わる複数の団体からなる、ヤングサポーター育成チームですが、年間70校時を、分担しながら、多様な切り口から授業を行っています。
社会福祉協議会からはボランティアについて、NPO法人浜田おやこ劇場からは、生の舞台を親子で見ることの意義や活動紹介、そして生徒に選んでもらった活動の一部としてチケットづくり等の実践、NPO法人海からはあいサポーター研修、はまだCAPからはワークショップ、子育て支援センターからは子ども・子育てに関する動向や課題のレクチャーと支援センターでの赤ちゃんとのふれあいや母子手帳の見方など、参加型の学習を中心に展開しています。

そして、まちの縁側からは様々な企画をしておられるオレンジのかけらのOさんや、作画指導をしてくださるHさん、そのほか絵本を出版された方等の協力を得ながら、高校生と絵本づくりをしています。この授業が時間的にも一番多く、今年で4年目となりますが、私たち自身が試行錯誤しながら、学んでいます。
絵本づくりのテーマはPass The Story 高校生が0〜18歳までの自分の思い出をふり返り、思い出の場所に出向くなかで、気づいたこと、愛おしく感じた人とのつながりなどを18歳の感覚で物語にしていくというものです。そして絵本づくりの過程は極力高校生の主体性を尊重することとしています。大人の感覚で作り込もうとせずに取り組むようにしています。

今年は弥栄、金城、浜田と3つのエリアに住む女子4名がこの講座に入ってきてくれました。同じ浜田市であっても、それぞれ子どもの頃の体験は違いがあります。山間部と町の違いからも来ているのかもしれません。5月はそれぞれの思い出をもとに、思い出の場に出向く授業をしています。

よく遊んだ川だったり、今は立て替えによってなくなってしまった保育園のあと地だったり、母校(小学校)だったり、懐かしい先生だったり、それらとの再会によって、あっという間にその当時にもどったかのように遊び始める高校生、子ども時代の終盤にある彼女たちのなかにしあわせな子ども時代の一面を感じ、嬉しいキモチになります。

さて今年はどんな絵本になるでしょう。楽しみです。
そして、できあがった絵本は、小学校へ読み聞かせに行く予定です。
自分たちの物語をPass The Story!
尚、これまで3年間の絵本は中央図書館にも寄贈しておりますので、よかったらご覧ください。

  2012年度作品
IMG_0003.jpg

  2013年度作品
IMG_0002.jpg

 2015年度作品・新聞記事:自分たちが作った絵本で小学生に読み聞かせをしている様子 
IMG_0004.jpg

IMG_0001.jpg
 
まちリサーチ:思い出場所に行ってみよう! 弥栄
2015_0507_144437-P1040645.JPG

     
Posted by 栗栖真理 at 07:22 | 社会教育 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/h-engawa/archive/306
コメントする
コメント