CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« わんでいしぇふ:びっくりたまごさん | Main | 6月のわんでいしぇふは「いのやん」さん »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

浜田のまちの縁側さんの画像
リンク集
震災から明日で3カ月[2011年06月10日(Fri)]
明日で震災から3か月。自分ができることをやり続けるという思いは今も変わらないけれど、映像だったり、被災地にボランティアとして活動してきた人の話だったり、被災者でありながら被災者支援に走りまわっている友人のメールだったり、常にアンテナを貼っていなければ、被災地への思いもひとりよがりのものになっていくだろうと、感じています。

そんなわけで、この1か月は、被災地支援に行った方たちの発信や、原発に関する書籍、勉強会にアクセスする機会が増えています。島根は東京に比べると、情報格差は否めませんが、ustreamなどの動画や、SNS、そして書籍は、その格差を埋めてくれていると実感しています。
本日チェックしているのは、studio-Lさんが、進行役をつとめているワークのustream。今日はほぼオフの一日でいろいろしながら、聞いていましたが、手がとまってしまう場面もたくさんありました。被災者当事者の声。中でも、被災地の子どもや若者、次世代を担う子どもたちをどう支えるかをあつく語っている、その軸足が厳しい現実に根ざしていて、心に突き刺さります。現在も進行中です。よろしければアクセスしてみてください。⇒http://www.ustream.tv/channel/openjapan-tokyo
Posted by 栗栖真理 at 13:47 | 被災地と共に | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/h-engawa/archive/171
コメントする
コメント