CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年01月24日

プランイート

食生活と健康、地球環境を考えさせられるドキュメンタリーでした。

食生活とがんの関連を発見した「栄養学のアインシュタイン」と言われるコーネル大学のT・コリン・キャンベル博士は、中国での大規模な栄養調査をした結果、動物性食品ががんの栄養素となっていることを知り、自ら完全菜食者になり、ベジタリアンの栄養学を教えている。

バード大学の物理学・地球科学のガイドン・エシェル教授は、動物性食品のほうが、植物性食品より地球環境に負荷をかけていること、さらには農地の増加により種の多様性が失われることを指摘している。

ブリンストン大学の生命論理学のピーター・シンガー博士は動物実験と工場畜産を批判し、「食事の選択は道徳観の問題でもある。そういう視点で食べるものを選んでほしい。」と主張している。現在の大規模畜産は大量の穀物を消費しているがために、かえって食料不足を招いている間違ったシステムだと。

クリーブランド・クリニック臨床医のコールドウェル・B・エセルスティン博士は、食生活を植物性に変えることで心臓病の進行を食い止め、回復させることすらできると実際の治療で効果をあげている。

これらのちょっと硬い話の合間に、
ベジタリアンレストランの、美しく美味しそうな料理やケーキやパフェが次々とでてきます。

映画を観終わって、参加者11人で、感想を語り合いました。
・「真実は隠される」という言葉が印象的だった。
・個人の食生活だけでなく、今後の人口増加を考え、地球規模での食と環境負荷を考えて、少しずつ変えていかなくては。
・見ながら、ちょっと罪の意識が・・・
・野菜だけでは難しいと思っていたけど、こんなに美味しく調理できるんだ。
・ベジタリアンになるのは難しいけど、自分の食事を意識したい。
・人工飼料による肉の大量生産システムを意識したい。
・大豆などの投機対象になっている現実を考える。
・1%の金持ちが世界の富を独占している現実を考える。
・肉が好き。
・健康でないと調理もできないし。
・だしをとるのも、魚からだし・・・難しい。
・ベジタリアンレストランで使っていたセイタンとかキサンタンガムって、何?
・乳製品の影響で食物アレルギーはおきている。

参加者でざっくばらんに話せて、
同じ映画を見ても、人によって感じる視点が違うのが、おもしろい!!







posted by ひろ at 19:36| Comment(0) | (カテゴリなし)

2014年04月23日

グリコンスローシネマカフェ

グリコンスローシネマカフェ
5回連続ですが、1回だけの参加ももちろんOKです。
 上映後参加者同士が緩やかに語り合う・・シネマカフェ
 是非 ご参加ください。


●5月31日(土)13:30〜15:30 
「川口由一の自然農というしあわせ
           with 辻信一」

●7月5日(土)13:30〜15:30
「ファン・デグォンのLife is Peace
            with 辻信一」

●9月27日(土)13:30〜15:30
「ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて」


●11月1日(土)13:30〜15:30
「サティシュ・クマールの今、ここにある未来」

●2015年1月24日(土)13:30〜15:30
「PLANEAT プランイート」

■会場:コミュニティスペース 夢茶や〜muchaya
■会費:1000円(フェアトレードの飲み物付き)
■定員:20名(予約優先)

■主催:グリーンコンシューマー名古屋  共催:風”s
■申し込み・問い合わせ:夢茶や   TEL&FAX:052−931−8909
                    Eメール:muchayacafe@yahoo.co.jp


作品内容紹介・・・

川口由一の自然農というしあわせ
               with 辻信一

耕さない、草や虫を敵としない、大きな動力機械に頼らない。川口由一さんが語る「自然農」の世界を、初夏から秋へと、季節をまたいで追ったドキュメンタリー。
「いのちの世界では、生きる営みはそのまま増やす営み。いのちの世界を壊すようなことをしたならば、自らの生存は約束されない。それに気づくはずです。そのことに気づいたならば、人類は分かち合うというところに立たないと。足るを知るというところに立たないと」(川口由一)

ファン・デグォンのLife is Peace
               with 辻信一


無実のスパイ容疑で逮捕され、13年間、独房で過ごすことを余儀なくされたファン・デグォンさんが、野草との出会いから編み出したエコロジー思想とは。
釈放後、ファンさんが暮らす韓国南西部のエコビレッジ、生命平和マウル、そして、原発、米軍基地と韓国と同じ問題を抱える沖縄、福岡とファンさんと旅しながら、文化人類学者、辻信一さんが「降りる」、「弱さ」をキーワードに「人間の未来」を問うていきます。

ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて

科学者であり環境活動家のヴァンダナ・シヴァさんに焦点をあてたドキュメンタリー。
インド・ニューデリー、そして、ヴァンダナさんの故郷デラドゥンのナヴダーニャ農場にて、ヴァンダナさんが語る「TPP」、「遺伝子組み換え(GMO)」、「たねの未来」。インドの伝統的な宇宙観が示す「自由経済」、そして「生きる歓び」とは。
農民とともにあり続けるヴァンダナさんの「闘うエコロジー」には愛と希望があふれています。

サティシュ・クマールの今、ここにある未来
豊かさ、幸せ、食べること、眠ること、怒ることとは、何だろう。
西洋と東洋の思想を融合させた現代エコロジーの巨匠、サティシュ・クマールさんが、それらの問いにシンプルな言葉で語っていきます。環境と平和とスピリチュアリティの領域を、自在に行き来するサティシュさんの言葉が、たくさんの知恵と力を与えてくれます。

PLANEAT プランイート
私たちはどこで道を誤ってしまったのでしょう。なぜ心臓病や癌による死亡率が上昇し続けているのでしょう。急増する人口を養うためには、氷床を溶かし、死の海を拡大させ、熱帯雨林を切り拓いて食糧を生産するしかないのでしょうか。
オーガニック農園で生産された生き生きとした野菜、そしてそれを料理する世界的に有名なベジシェフの美しい映像と、問いの答えを探し求め、それぞれの研究に命をかけた3人の著名な科学者のストーリー。



posted by コクサン at 21:10| Comment(0) | (カテゴリなし)

2013年04月27日

「今、ここにある未来」上映会します。

グリコン、久しぶりのイベント

スローシネマカフェのご案内です。


「世界の変化を望むなら、自分がまず変わりなさい」とガンジーは 言いました。
いかにチェンジしていくか、「豊かさ」「幸せ」「仕事 と遊び」「怒りと変革」について、現代エコロジー思想の巨匠、サティシュ・クマールがたくさんの知恵と力を与えてくれます。
この映画を観た「今、ここ」からBe the Change!

映画 今、ここにある未来

出演:サティシュ・クマール/辻 信一/益戸 育江/加藤登紀子

5月26日(日)14:30〜16:30
会費:700円(フェアトレードの飲み物付き)
定員:20名(予約優先)
会場:コミュニティスペース 夢茶や〜muchaya〜
 上映後、お茶を飲みながら、未来について、生き方についてみんなで語り合いましょう。

主催:グリーンコンシューマー名古屋

お申し込みは・・・
〒461−0027 東区芳野3−13−2 後藤ビル1階 コミュニティスペース 夢(む)茶(ちゃ)や
п@052−931−8909  Eメールmuchayacafe@yahoo.co.jp


posted by コクサン at 20:21| Comment(0) | (カテゴリなし)

2012年06月20日

小学校 出前授業しました。

6月15日(金)
東区葵小学校で、環境に気を付けた買い物を楽しく学ぶ講座「あなたならどっちを選ぶ?」を行いました。対象は4年生。
環境にやさしい商品とそうではない商品を何点か並べ、「どっちを選ぶ?どっちも選べない?」子どもたちは、商品を比べ、真剣そのもの。
外国からやってきたオレンジ、それとも日本の甘夏?
フェアトレードチョコレートって何?
靴は修理する?しない? などなど・・
その後、一つずつについて解説をします。
3IMG_02502葵小.jpg
でも、決して、答えは言いません。どちらが良いのか?、それは、それぞれが決めること。IMG_02513葵小2.jpg
講座前と講座後で子どもたちの意識は変わったみたい。

次の時間は、環境省が出している「3R学びあいブック」付録「えこはちとためちゃうすごろく」をしました。
IMG_02568葵小.jpg
楽しみながら環境にやさしい生活を考えることができるこのすごろくは、子どもたちに好評でした。

一生懸命、私たちの話を聴いてくれた子どもたち!ありがとう。そして、にこやかに、お手伝いをしていただいた保護者のみな様に感謝です。
posted by コクサン at 22:06| Comment(0) | (カテゴリなし)

2011年12月28日

自然素材のミニ門松

生協に注文したら当たりました。明宝門松生産組合が製造、「郡上八幡・山と川の学校」販売です。全素材地元のもの。明宝産の松、南天、笹。美濃和紙の扇や繭花の紅白梅。台座はエゴの木(昔は和傘を作るときに使った大切な木)。華やかさもあり、清々しい美しい門松です。お正月があけたら、バオバブに置いておきますね!!
posted by よこちゃん at 12:42| Comment(0) | (カテゴリなし)

2011年12月14日

(無題)

三重県亀山市、関宿のオーガニックマーケットで見つけたキンツバヒジキです。黄色っぽいのはかぼちゃあん、黒いのは小豆。もちろん、中にヒジキが入っています。甘くなくてどちらかというとおかず。小豆は柚がきいていて、かぼちゃあんはココナッツミルクと絶妙なバランス。
明和町大淀のヒジキ屋の娘さんのオリジナルらしく、地元のお店もあります。ただいま店舗改装中。おすすめの逸品です。
posted by はまちゃん at 16:14| Comment(0) | (カテゴリなし)

(無題)

三重県熊野市の木花堂で見つけた「尾鷲ヒノキ」のタワシです。アクリルタワシのように洗剤なしで洗えます。
尾鷲は本州で一番降水量の多い地域。山の栄養分は雨で流されやせているそうです。その分、木は自分を守ろうと樹脂を蓄えるのだとか。だから尾鷲ヒノキは赤味があり、タワシはカビにくいそうです。
尾鷲ヒノキのカンナくずでコサージュを作る作家さんが開発したタワシ。最初はごわごわしていましたが、だんだん柔らかくなり、手と器に馴染んできました。木花堂には尾鷲や熊野の工芸作家さんたちの作品やヒジキ・ミカンジュースなどの農産物も販売しています。
店主の久保さんは「NPO法人熊野ふるさと倶楽部」のコーディネーター。尾鷲・熊野の魅力を発信するお店です。
posted by はまちゃん at 16:04| Comment(0) | (カテゴリなし)

2011年06月05日

油リサイクル

覚王山フランテに、こんなポスターが。
posted by ひろ at 21:21| Comment(0) | (カテゴリなし)

2011年05月12日

玄米菜食のラウンジ

中区新栄の雲竜フレックスビル西館B2階にある「Live&Lounge Vio」で、ドキュメンタリー映画「アレクセイと泉」の上映会がありました。
知らないと行けない場所だけど(寂れた地下って感じ)、料理はマクロビオティックを取り入れた玄米菜食。オーガニックワインや豆乳を使ったオリジナルカクテルもありました。
玄米おにぎりがおいしかった!
そしてこんなものも。
麻の手作りパンツ。体にいいらしい。とにかくいろんな情報発信基地となりそうです。

posted by はまちゃん at 00:22| Comment(0) | (カテゴリなし)

2011年05月08日

脱原発を伝えるTシャツ

5月8日、名古屋で行われた卒原発パレードでこんなTシャツをオリジナルで作って参加していた親子が!
かわいい方のモデルは作者の娘さん。
「原発がなくても電気は賄える」ことが一目瞭然で分かるグラフがデザインされています。
名付けて「えっ?足りてたの?」Tシャツ!

松本市から「長野県ではデモをやってないから」とわざわざ来られました。
共同購入できます!

ちなみに下の写真は玄米菜食&カフェ「バオバブ」のマスターで、決してこの子の「おじいちゃん」ではありません(笑)。
Tシャツは2枚セットで3000円で販売していて、1000円は震災で親を亡くした子への寄付に充てられます。
1枚は自分で着る分、あとの1枚は大切な人へ「伝えるため」にプレゼントということでセット販売をしているそうです。

posted by はまちゃん at 17:15| Comment(0) | (カテゴリなし)