CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月23日

グリコンスローシネマカフェ

グリコンスローシネマカフェ
5回連続ですが、1回だけの参加ももちろんOKです。
 上映後参加者同士が緩やかに語り合う・・シネマカフェ
 是非 ご参加ください。


●5月31日(土)13:30〜15:30 
「川口由一の自然農というしあわせ
           with 辻信一」

●7月5日(土)13:30〜15:30
「ファン・デグォンのLife is Peace
            with 辻信一」

●9月27日(土)13:30〜15:30
「ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて」


●11月1日(土)13:30〜15:30
「サティシュ・クマールの今、ここにある未来」

●2015年1月24日(土)13:30〜15:30
「PLANEAT プランイート」

■会場:コミュニティスペース 夢茶や〜muchaya
■会費:1000円(フェアトレードの飲み物付き)
■定員:20名(予約優先)

■主催:グリーンコンシューマー名古屋  共催:風”s
■申し込み・問い合わせ:夢茶や   TEL&FAX:052−931−8909
                    Eメール:muchayacafe@yahoo.co.jp


作品内容紹介・・・

川口由一の自然農というしあわせ
               with 辻信一

耕さない、草や虫を敵としない、大きな動力機械に頼らない。川口由一さんが語る「自然農」の世界を、初夏から秋へと、季節をまたいで追ったドキュメンタリー。
「いのちの世界では、生きる営みはそのまま増やす営み。いのちの世界を壊すようなことをしたならば、自らの生存は約束されない。それに気づくはずです。そのことに気づいたならば、人類は分かち合うというところに立たないと。足るを知るというところに立たないと」(川口由一)

ファン・デグォンのLife is Peace
               with 辻信一


無実のスパイ容疑で逮捕され、13年間、独房で過ごすことを余儀なくされたファン・デグォンさんが、野草との出会いから編み出したエコロジー思想とは。
釈放後、ファンさんが暮らす韓国南西部のエコビレッジ、生命平和マウル、そして、原発、米軍基地と韓国と同じ問題を抱える沖縄、福岡とファンさんと旅しながら、文化人類学者、辻信一さんが「降りる」、「弱さ」をキーワードに「人間の未来」を問うていきます。

ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて

科学者であり環境活動家のヴァンダナ・シヴァさんに焦点をあてたドキュメンタリー。
インド・ニューデリー、そして、ヴァンダナさんの故郷デラドゥンのナヴダーニャ農場にて、ヴァンダナさんが語る「TPP」、「遺伝子組み換え(GMO)」、「たねの未来」。インドの伝統的な宇宙観が示す「自由経済」、そして「生きる歓び」とは。
農民とともにあり続けるヴァンダナさんの「闘うエコロジー」には愛と希望があふれています。

サティシュ・クマールの今、ここにある未来
豊かさ、幸せ、食べること、眠ること、怒ることとは、何だろう。
西洋と東洋の思想を融合させた現代エコロジーの巨匠、サティシュ・クマールさんが、それらの問いにシンプルな言葉で語っていきます。環境と平和とスピリチュアリティの領域を、自在に行き来するサティシュさんの言葉が、たくさんの知恵と力を与えてくれます。

PLANEAT プランイート
私たちはどこで道を誤ってしまったのでしょう。なぜ心臓病や癌による死亡率が上昇し続けているのでしょう。急増する人口を養うためには、氷床を溶かし、死の海を拡大させ、熱帯雨林を切り拓いて食糧を生産するしかないのでしょうか。
オーガニック農園で生産された生き生きとした野菜、そしてそれを料理する世界的に有名なベジシェフの美しい映像と、問いの答えを探し求め、それぞれの研究に命をかけた3人の著名な科学者のストーリー。



posted by コクサン at 21:10| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く