CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年10月03日

出前授業行きました。

暑ーい夏休みが終わり、2学期 グリコン出前授業に行ってきました。

9月11日(水)名古屋市立瀬古小学校、4年生4クラス
残暑厳しい日でした。

そして、10月1日(火)

葵小学校4年生、5年生、6年生
 10月なのに、気温30度!!

まずは、どちらの小学校でも4年生と一緒に体験した、グリコンお得意講座「あなたならどっちを選ぶ?」

4nenn1.JPG

4nenn2.JPG
4nenn3.JPG
4nenn4.JPG


今回は 商品は5つ
さてさて、あなたならどっちを選ぶ?

まずは レモン   広島産 アメリカ産

    ポテトチップ 薄味  無添加

   トイレットペーパー ふわふわシャワートイレ用バージンパルプ
             牛乳パック再生紙

   チョコレート  普通の板チョコ
           フェアトレードチョコ

   そして最後は 「靴」
       大切な靴 修理して使う
            捨てる

さあ、皆さんならどうしますか?

みんな、真剣に選びます。
 「本当の買い物の時こんなに悩んだことある??」

4nennkodomo.JPG


では、答え合わせ、
今回は環境に優しい買いものがどんな買い物かな?と考える授業です。

まずはレモン、アメリカから船に乗ってやってくると燃料をたくさん使います。しかも腐りにくくするために、防腐剤も使います。でも広島産ならどうかな??

4nenn5.JPG

物を買う時、商品の「裏」をみて、何が入っているか考えましょう。

4nenn6.JPG

なんでも「ゴミ」にしてしまわないで、分別し資源にしましょう。
そして、資源回収したものを使った商品を買いましょう。

4nenngomi.JPG

フェアトレード(公平貿易)を知り、世界中の子どもが、無理に働かなくてもよくなるような買い物をしましょう。

4nenn7.JPG

買い物が社会や、世界とつながっている事をわかってもらえたらいいなぁと思います。


そして、5年生、6年生とは、ここの所一般の人や、大学生と実施したチョコレートを通してフェアトレード、児童労働を考えるゲーム

4年生ののとき 買い物ゲームを体験しているので、児童労働はおぼえているかなぁ?と思い、質問。覚えている子が沢山いて、感激しました。

内容は、前回の大学生の時とほぼ一緒。

カカオの価格が暴落し、土地をもたない人たちは、子供を学校に通わせることすらできなくなりました。でも、フェアトレード組合に参加している農民はそんなに収入が減りませんでした。
一方、日本の製菓会社はカカオ豆を安く仕入れることができ、収入が増え・・・

あちこちから、「ずるい」「むかつく」などなど・・・
ガーナの人の立場に立てたからこそ出てきた発言。

世界には、働かされている子供たちがたくさんいることを知り、そして、私たちにできることをひとつずつ行うことが大切だと思います。
私のチームの男子がぼそっと一言「チョコレートが買えなくなった」
おばさんは感激しました。


posted by コクサン at 20:36| Comment(0) | 出前授業しました。
この記事へのコメント
コメントを書く