CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«6月例会〜アートプログラム体験会のご案内 | Main | 9月例会〜アートプログラム体験会のご案内»
2018年6月開催の例会&ワークショップのご報告 [2018年07月10日(Tue)]
モノクロの不思議な世界が広がりました!

6月17日(日)に6月例会&ワークショップ体験会が開催されました。
暑い夏の始まりを感じさせるこの日、熱く繰り広げられたワークショップ体験会のご報告です。


今回のアートプログラムは「アナログアニマルワールド」。
「この模様は何の動物?」とメインの山村さんの動物クイズから始まった体験会。動物の模様を広げていくモノクロの不思議な面白さに引き込まれ、スタッフの方が声をかけるのもためらわれるほど集中した時間が流れました。鑑賞会では様々な表現のバリエーションにお互いが賞賛。笑顔が広がりました。
参加者の方々からは、
「プログラムもそうですが、メインの方のユーモアあるお話やクイズ等、始めから終わりまで楽しかったです。プログラムにのめりすぎて時間が全然足りませんでした。」
「動物の模様から発展させていくのがとてもおもしろかった。描きに夢中になって時間がたりないくらい。とても楽しい時間をありがとうございました。」といったコメントを頂きました。

ご参加いただいた21名の皆さま、この日の為にチームを組みワークショップに臨まれたスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

〈制作中の様子〉
1.jpg

2.jpg

4.jpg

3.jpg

〈作品写真〉 

作品1.png

作品2.png

また、当例会は゛チームセッションの経験を積む貴重な練習の場”としても位置付けております。
今回スタッフ参加された臨床美術士の皆さんの感想も紹介いたします。

〈メインスタッフを担当して〉
「ちゃんとできるかしら?」「失敗しちゃったらどうしよう?」という不安な気持ちは、例会先輩のアドバイスや、チームメンバーと準備をすすめていくうちに、ちっちゃなもんになっていきました。例会のスタッフになることを、迷われる方がいたら、大丈夫だから、やったほうがいいよ、と伝えたいと思っています。

〈サブスタッフに参加して〉
 ・チーム連携しプログラムを実施する事、又参加者様への心遣いや声掛け全て学び多き体験となりました。
楽しみながら学んだ事が次に繋がるようこれからも継続していきたいです。

・『事前練習の大切さ、事前準備の大変さ(想像以上に綿密でした・・・)を知ることができました。
本番では、プログラムをすすめるチームとしての楽しさと参加者さんと関わる楽しさを体験できました!』

・チームでおこなうということや、参加者さんとのやりとりにおいて、
その場でしか得ることのできない学びが多くあり、とても貴重な体験となりました。

・事前準備や練習会を通して、お互いに意見を交わしながら、それぞれの立ち位置での課題意識を持って本番に臨むことができたと思います。今回の気付きを、日頃のセッションにも活かしていきたいと思います。

次回の例会&ワークショップは、2018年9月23日(日)の開催を予定しております。
詳細につきましては、改めて掲載させていただきますので、そちらをご覧下さいませ。
皆さまのご参加をお待ちいたしております。

*アートプログラムは芸術造形研究所の著作物ですのでご注意ください。
臨床美術士の資格をお持ちの方でも、実施についてはご自身でのプログラム購入が必要です。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント