CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«クラウドファンディングに関するフライヤーが出来ました! | Main | クラウドファンディング始まりました!»
ADI作品展のエントリー料が高い理由 [2016年08月16日(Tue)]

すすめる会の代表のフルイです。
いよいよ8月26日から、クラウドファンディングサイトのREADYFORでプロジェクトがスタートします。ADI国際会議で認知症の方の作品展示をするための目標金額は90万円です。

なぜこんなにかかるのか。会議参加のエントリー料が割に高いのです。
今日はその理由をご説明します。

会議場のスポンサーなどのブース出店料、また研究発表やシンポジウム、講演などへのスポンサー参加すべてに、うん十万円、場合によっては百万円単位の寄付金が事前に決められています。
会議に関わりたい企業は寄付をしなければならない、企画をしたい場合もスポンサーを探して参加しないといけない仕組みです。

なぜそうなっているのかというと、国際会議は世界中から参加があります。集めたお金で、いわゆる発展途上国と呼ばれる経済的に貧しい国々からの、認知症患者や介護者の渡航費や宿泊費などの援助をしてあげているのです。ADIは毎年このスタイルで国際会議を成功させています。
そういう事情ですので、これは払わないといけません(汗)

私たちはクラウドファンディングの形で費用集めをすることは、ただお金を集めるのではない特別の意味を見出しています。

臨床美術士はもちろん、講座を実施してくれている施設さんや病院、臨床美術を応援してくれている方々にも協力をお願いし、またこれから臨床美術を伝えたい方にもこれをきっかけに積極的に声をかけ、支援してくれる心を集めながらお金も集めていきたいのです。

どうぞみなさんのご理解とご協力をお願いします。
プロジェクトのページは26日に開くようになります。今は予告のページです。
  ↓
https://readyfor.jp/projects/adi


ADI国際会議のHPがあります 
 ↓
http://www.adi2017.org/ja/
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント