CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
インテリジェント・サプラー(研修生?)
【TWU:サプリメント編】サプリメントの評価C 科学的検証 (08/18)
所轄領光明
【御礼】BBアカデミー in 前橋 (04/30)
AKIKO堺
抗生物質と腸内細菌 (04/22)
Keiko Hizawa
抗生物質と腸内細菌 (04/21)
最新トラックバック
妊婦とその子供への微量栄養素への影響について [2012年08月29日(Wed)]
ハーバード大学公衆衛生学部の記事から。

******************************
ビタミンB6、亜鉛、ヨウ素のような微量栄養素を妊婦に与えると、妊婦の認知能力が向上し、その子供の運動能力と認知能力が促進されることが、ハーバード大学公衆衛生学部(HSPH)、SUMMIT開発研究所(SID)インドネシアのマタラム大学、イギリスのジョージタウン大学とランキャスター大学の研究者らが行った2つの新しい研究によって明らかになった。
微量栄養素による良い効果は、栄養失調や貧血状態の妊婦でより顕著に認められた。

幼児の認知機能向上

2012年8月20日Pediatricsに、母親の微量栄養素栄養補完が子供に与える影響についての研究が掲載された。
妊娠中に複合微量栄養素サプリメント(multiple micronutrients : MMNs)を摂取した母親と、鉄と葉酸のサプリメント(iron and folic acid : IFA)を摂取した母親から生まれた3歳半の子供の認知能力を比較した。
MMNsには、ビタミンD、ビタミンE、テチノール、アスコルビン酸、ナイアシン、亜鉛、銅、セレン、ヨウ素、ビタミンB6を含む4種のビタミンB群が含まれている。
この研究は、複合微量栄養素栄養補完介入試験(SUMMIT)後3年間、子供たちの追跡調査をしたものである。
SUMMITは、32000人以上のインドネシア女性を対象に、妊婦には日常的に摂取を推奨するIFAサプリメントとMMNによる栄養補完の効果の違いを比較した試験である。

MMNsは妊娠中に栄養失調や貧血状態であった母親の子供に顕著な正の効果を示した。
MMNsを与えられた栄養失調の母親から生まれた子供は、運動能力の発達が向上した。
貧血状態であった母親の子供も同様で、視覚的注意や空間能力の向上も観察された。

これらの結果は胎児の脳の発達に微量栄養素が重要であることを示しており、幼児期早期の発育の遅れが大きな問題となっている低中所得国では、これらのサプリメントは特に重要であると著者らは強調する。
この研究は、母親への栄養補完は鉄や葉酸だけよりも微量栄養素を与えたほうが子供の発育に重要な役割と長期的な影響があることを示していると、研究の上席著者であり栄養学部の上級研究者であるAnuraj Shankar氏と筆頭著者であるSIDのBeth Pardo氏は力説する。

妊婦の認知力も向上

Shankar氏とPrado氏は同僚と共に共同著者として、SUMMIT試験のデータをもとに再度2012年3月12日付PLoS ONE電子版に研究結果を発表した。
妊娠中にMMNかIFAを摂取した640人の妊婦の認知、運動の機敏さ、心的状態についてである。

認知テストと運動テスト、特に解読効率に関してはMMNサプリメントを摂った妊婦の方がIFAよりもスコアが高かった。
認知能力全体では、すべての母親が小学校教育1年分の効果とほぼ同程度、貧血状態だった母親では2年分、栄養失調の母親では3年分の効果であった。

より高い教育と能力を母親に与えることが、幼児の生存率や栄養失調だけでなく、子供たちの病気や発育不全のリスクも下げることになると今までの研究で指摘されてきたが、MMNサプリメントは女性の子育て―とそれに伴う幼児の健康と生存率の向上―を改善する重要な役割を果たす可能性があると、著者らは注目している。
「母親の認知改善が、母体の栄養が本人の健康と子供の健康と発育に影響を及ぼす可能性があるという、いままで認識されてこなかった経路に光を当てる」

さらにこの発見を調べるために、研究チーム ― Shankar、Prado、マタラム大学のHusni Muadz、SIDのSusy Sebayang、Mandri Apriatni、Ben Harefa、ジョージタウン大学のMichael Ullman、ランキャスター大学のKatie Alcock ― は、母親と子供の健康、認知、子供の学校生活に対するMMNsの長期効果を測定するために、SUMMIT研究に参加したすべての母親と子供たちの10年フォローアップを現在行っている。

--Karen Feldscher
******************************

子供の健康を願わない親はいない。
願うのならば、まず、自分が口にしている食べ物を考えよう。
自分も健康になり、子供も健康になる。
それが、シンプルだけど最高の幸せ。

ほどほどに運動、80歳まで元気に [2012年08月26日(Sun)]
同じく日経新聞朝刊から。

運動はいいとわかっているけれど、医療費への影響を数字で出されると納得せざるを得ない。
国民の3分の2が65歳以上になろうという超高齢化国「日本」。
文字通り、元気な老人が日本を救う!

****************************
・標語「アクティブ80、ポックリ90」を考案した三重大学長、内田淳正氏は、運動を「自分で調節できる最も効果的な方法」と位置づけている。
・平均寿命と健康寿命のギャップは、男性9年、女性12年。要介護期間をできるだけ短くする健康管理が必要。

ポイント1:同世代パートナーと一緒に。社交ダンスは運動量が比較的高く、よい緊張感を持って異性と接せられる点がオススメ。

ポイント2:少し疲れた程度で終える。やりすぎは翌日の運動意欲をそいで逆効果。心拍数が [220-年齢] x (0.7〜0.8) を超える運動は避ける。

・筑波大学と茨城県大洋村(現鉾田村)が行った健康増進プログラムの成果。
・運動習慣のない人とプログラムに参加した人の2年間の一人あたりの医療費増額を比較。
・運動習慣なしは9万5614円増、プログラム参加者は2万3449円増で、7万円超の医療費削減。

・「飲まず食わずで辛抱を強いる」健康維持ではなく個人の体調に合わせた健康法の浸透を願う。
・運動の継続性とともに心構えも大切。
・男性は色気を、女性はおしゃれを忘れずに。
****************************

食生活改善、がんリスク小さく [2012年08月26日(Sun)]
今日の日経新聞朝刊。

「寝て」「食べて」「動く」のは生活の基本。
どんな人だって一日のうちでこの3つをやらない人はいないはず。
だからこそ、この3つをきちんとするかしないかが、寿命に影響するんだよね。

*******************************
・死亡原因第一位はがん。
・2011年度人口動態統計では昨年だけで35万7千人ががんで死亡。およそ3人に1人の割合。
・男性は、肺がん>胃がん>大腸がん>肝がん
・女性は、大腸がん>肺がん>胃がん>乳がん>肝がん

・ガンの多くは生活習慣病の一種。環境要因が9割を占めるという説も。
・食生活やライフスタイルを改善することでがんの発生を抑えられる。

・がんを引き起こす要因のうち30〜35%は食事。
・食品の成分や食品添加物、調理でできた発がん性物質などでがんを誘発。
・食事との関わりが最も大きいのは前立腺がんで75%
・結腸・直腸がんが70%、すい臓がん・胆のうがん・乳がんなどが50%、胃がん35%

・肺がんは食事が関係する割合は20%だが、たばこの影響が強い。
・たばこには50種類以上の発がん性物質がふくされている。
・海外文献では、喫煙が寄与する割合は男性で84%、女性で77%。
・食道がんやすい臓がんなどほかのがんのリスクも高める。

・食事とたばこは2大原因と言えるが、肥満も見逃せない。
・ライフスタイルを正しくすれば、がんにかからない、もしくはかかっても進行を遅らせることができる。
*******************************







「家庭血圧」から不調を読む [2012年08月25日(Sat)]
今日の日経新聞朝刊記事。

「診療室血圧」と「家庭血圧」
「いつもはこんなに高くないんですけど…」と言った経験ないですか?
私はここ2年間、年に1回の健診で血圧が上がりつつあることを実感。
いつまでも放置していたら大変なことになるかもしれないと
1か月前から起床時血圧測り始めました。
血液検査は自分でできないけど、血圧は自宅で測れますからね。

記録用紙はオムロンのHPで印刷できます。便利です。

***********************
・血圧は体内の様々な変化を示す鋭敏なサイン、と専門家は指摘。学会でも測定を推奨。
・基本は毎日同じ時間に同じ条件で測定すること。
・毎朝起床後、朝食前に測るのが最適。
・塩辛いものをたくさん食べたり、運動不足が続いたりした時に、血圧が上がるのがわかるようになる。
・要注意はお酒の飲み過ぎ。欧州心臓学会での発表によれば、週に5回以上飲酒する人は飲酒しない人に比べて3年間で高血圧を発症するリスクが2倍だった。
・睡眠時間が短いほど糖尿病、心臓血管障害などによる死亡率が高くなることも判明。
・睡眠不足が続くと起床時血圧が上昇、脈が速くなるなど心臓血管系への影響が大きくなる。
・神経的なストレスも大敵。リラックスできる時間を持とう。
・交代勤務や長距離ドライバーなど深夜勤務は血圧が下がりにくい傾向がある。
・女性は一般的に低血圧傾向だが、更年期以降は高血圧が急速に進むこともあり要注意。
***********************

img044.jpg
【TWU:サプリメント編】サプリメントの評価C 科学的検証 [2012年07月25日(Wed)]
サプリメントの評価も
【TWU:サプリメント編】も最後になりました。

最後は科学的検証が行われているサプリメント素材です。

健康的な機能をサポートしているか
疾病リスクが軽減されるのか
症状は緩和されるのか
健康と栄養素材の関わりを科学的に研究するのは難しいことだが、その研究は進められている。
科学的に評価された素材は、全身の健康を実現できる可能性を秘めている。

table ingredient.jpg

テキストには個々の参考文献が示されていなかったので、詳細がわかりません。

気になる素材があった場合、
その素材を使った製品そのもので検証がなされているかどうかをチェックしてみることをお勧めします。
実験は、ヒト以外で検証しているものや、あり得ない濃度を用いている場合もあります。
また、製品に使っている素材と実験で使っている素材が同じとは限りません。
天然素材であれば尚のことです。



サプリメント先進国アメリカにおいてでさえ、法整備はまだ完全ではありません。
しかしながら、現在の規制が正しく行われれば、健康に寄与するサプリメントの役割の未来は明るいと言います。
優良企業と業界団体は、質の悪い、適正な化学的裏付けのない製品を排除するよう、強力にこの規制を支援しています。

消費者は大きく進歩した情報を得られるようになっており、統合的な健康への取り組みの一部としてサプリメントを賢く使うことによって、健康維持や生活の質の向上に強い興味を持つようになっています。

専門家の中には、カナダやオーストラリアのように、アメリカもより高い具体性やサプリメントに対するある程度の市販前承認を求める方向に動くのではないかと考えている人もいます。

科学的に評価されたサプリメントが、ある程度意味のある治療や予防効果を示すものとして認められることが、消費者にとってメリットになると予想されますが、現在の法律下では許されていません。

これは、日本でも同様です。
サプリメントを取り巻く、政府、業界、消費者みんなの問題でもあるのです。








【TWU:サプリメント編】サプリメントの評価C 第三者機関の評価 [2012年07月24日(Tue)]
これもテキストにはサラッとしか触れていなかったのですが、消費者にとって信頼できる製品かどうかの評価は大きな判断材料になります。

ここでは、アメリカと日本の第三者機関を紹介します。

★アメリカ★

テキストにも書いてあった通り、NSF InternationalとUnited States Pharmacopeia(USP)は法的な認証制度を有している非営利団体です。

NSF internationalは http://www.nsf.org/certified/consumer/listings_main.asp の画面の
〈Select a product 〉で dietary supplement を選択すると検索できます。

2012年7月24日現在、58社 522製品 が認証を受けています。

USPの認証済み製品は  http://www.usp.org/usp-verification-services/usp-verified-dietary-supplements/verified-supplements でわかります。

2012年7月24日現在 7社 です。

NSF-USP.jpg


★日本★

一般社団法人日本健康食品規格協会(JIHFS)と 財団法人日本健康・栄養食品協会(日建栄協))はそれそれ『GMPマーク』『GMP製品マーク』という名で、GMP認証工場で製造した製品である証を示すマークの承認を行っている。

JIHFの認証を受けた製品は約300(ただし使用停止品目多数)、日建栄協は約50ほど。

JHFS-JHFA.jpg

また、日本健康・栄養食品協会では、『GMP製品マーク』とは別に『JHFA認定マーク』を発行している。

『JHFA認定マーク』とは、商品の栄養成分や有用成分がきちんと表示通り含まれているか、商品の安全性は誰が保証しているのか、といった疑問や不信を取り除くために設定した健康食品の規格基準の設定とその基準に係わる認定制度である。

現在まで63種類の健康補助食品の規格基準が設定されており、63種類の食品については規格成分のみならず一般細菌や大腸菌なども分析した上、表示内容についても医学・栄養学の専門家から構成する「適否審査委員会」で審査をする。

『JHFA認定マーク』が表示されている食品群はこちら

JHFA certified.jpg


広告宣伝や個人の体験談をもとにサプリメントを購入する消費者も多いかと思いますが、そんな混乱を避けるために第三者機関での評価が行われています。
どこの国のサプリメントであっても、適正な評価がされているかどうかは重要な判断基準になるのではないでしょうか?

認定を受けるにはそれなりに費用がかかります。
残念なことに、限られた利益を何に振り分けるかは企業の姿勢に頼ることになりますふらふら

今回取り上げませんでしたが、独自の評価基準で認証している営利団体もあります。

消費者にとっては、どの認証が良いのかも分かりにくいですよねもうやだ〜(悲しい顔)

だからこそ、消費者もきちんとした情報を持って、購入したいものですexclamation
だって、直接からだに入るものを、安くない金額を出して買うのですから。。。










ランニングと脳の活性化 [2012年07月21日(Sat)]
最近ちょくちょくテレビでやっている
「ボケ防止と軽い運動」的な話。
ダイエット目的の運動は長続きしないけど
ボケ防止となるとちょっと真剣あせあせ(飛び散る汗)

運動好きの人って「走る」となると何キロも走るじゃないがく〜(落胆した顔)
運動嫌いの私はそれだけで「走る」行為が遠くなるたらーっ(汗)

でも、たった10分でいいなら
スロージョギングでも速歩でもいいなら
それにやりすぎは逆効果がく〜(落胆した顔)
これも運動嫌いの私には甘い言葉わーい(嬉しい顔)
継続さえできれば大丈夫なんじゃないexclamation&question

って実は、3週間前から始めてたんだよねグッド(上向き矢印)
私の思いつき、科学的にも正解だったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

【2012年7月20日(金)日経新聞朝刊の記事】

〈脳力アップ 走って実感〉

わずか10分でも、ジョギングなどの軽い運動をすると、頭がすっきりし、仕事がはかどる。
「まさか」と思うだろうが、すでに脳科学によって証明されている。

筑波大人間総合科学研究科の征矢教授らの実験
運動実験:最大酸素摂取量の50%の強度で自転車のペダル漕ぎ10分間。その後15分安静。
安静実験:25分間安静。
測定:ストループテスト
 ※ 上の文字の色と下の字が一致しているかどうかを判断するテスト。例えば、上の文字は赤で「あお」、下の文字は「あお」の場合は「異なる」が正解。

人間は文字の意味を認識しがちなので、瞬時に色を判断するのは難しい。

このテストを25分間の実験前後に行うと、統計的に運動後の方が成績が上がった。

どの脳領域の活動が高まったかを測定すると、運動後は左脳の前頭前野背外側部(ブロードマンの46野)が活性化していた。

この46野は対立した考えを区別したり、現在の行動により未来にどんな結果が出るかを類推したりする作業にかかわっているので、ここが活性化すると類推、選択、判断の機能が上がる。

勤務中に仕事力が低下したと思ったら、10分休みをとって、軽く走るだけで効果があるという。

46野は注意、集中、メモリー機能にもかかわるので、活動が低下すると認知症、自閉症、鬱病を患う危険性がある。
運動による刺激が認知症などの予防になるのではと期待されている。

ランニングなどの軽い運動は、海馬が活性化することも分かっている。
海馬は学習、記憶にかかわる部位で、ねずみの実験では、運動をさせると海馬の神経回路が活性化し、海馬が大きくなることが分かっている。
週5回の運動を6週間続けると、新たな神経が生まれ海馬が太り始める。(関連記事リンク

海馬が活性化すると本能的な欲求が抑制され、認知機能が高まる。
高齢者でも半年〜1年走ると効果が表れる。

運動の強度によって脳の刺激される部分が変わる。
最大酸素摂取量の50〜60%の強度の運動を中強度とすると、それ以下の低強度のランニングで最も海馬が活性化する。

高強度でも活性化するが、すぐに頭打ちになり、その後効果が落ちる。
海馬を刺激したいのなら、スロージョギングで十分、速歩でもいい。

前頭前野は中強度のランニングで活性化する。
視床下部も活性化するのでストレスを感じ、疲労感が出る反面、快感を覚えることもある。

img040.jpg


〈運動、ストレスも招く〉

運動をタスク化すると脳の機能が高まらなくなる。
いつも同じ時間に、同じ場所でというのでは効果がでにくい。
走るルートを変えたり、友人と走るなど環境を変えることで脳が刺激される。

持続的運動をすると、副腎からコルチゾールというホルモンが出る。
コルチゾールの血中濃度はふつう、夜、熟睡しているときは低く、朝になると高くなる。

激しいトレーニングを長い間続けていると、このホルモンが一日中、だらだら出続け、脳にマイナスの影響を与える。
海馬が小さくなり、ボーッとして元気がなくなる。いわゆる慢性疲労状態。

「運動はストレスを引き起こす。それを知っておかないと、大変なことになる」と征矢教授は強調する。
ストレスに弱い人は、免疫力や生殖機能が低下したり、脳の機能が落ちて、鬱になったり、認知症のような症状が出る。




お水の話 第2弾 [2012年07月18日(Wed)]
ネット上で比較した、お水のミネラル量とpHの違い。
でもバーチャルじゃ味や溶け方が分からない。

そこで、大枚はたいて2L6本入りを購入8
『白神山地の水』は送料無料で1575円
『温泉水99』は送料無料で1800円
やっぱり「送料無料」は魅力だよねわーい(嬉しい顔)

まずは普通に飲み、ごはんとお味噌汁の水にも使ってみました。
温泉水99はアルカリ水のせいか、わずかに滑りのような柔らかい口当たり。
白神山地の水は無味無臭で、癖のない味。
普段はブリタ浄水器を使っているのですが
ごはんもお味噌汁もちょっと腕を上げた感じがしましたわーい(嬉しい顔)

ここで大変な間違いを発見がく〜(落胆した顔)
前回の『お水の話』で比較表を掲載したのですが
『白神山地の水』のカルシウムとマグネシウム濃度が一桁違っていたのですexclamation
実物を買って分かったのですが、参考にしたHPが間違ってましたバッド(下向き矢印)

結局、硬度は『白神山地の水』が0.2、『温泉水99』が1.7であるのですが、カルシウムとマグネシウムはほぼ同じ程度ということがわかりました。

訂正版です。

table water.jpg


この段階で私の興味はpHの違いによる溶け方の違いにロックオン爆弾
だって『温泉水99』の宣伝ではお茶も溶ける、油も溶けるがく〜(落胆した顔)

書いてあることを鵜呑みにするのも悔しいし(どんな性格〜)
溶け難さだけがウィークポイントの粉を愛用しているので(どんな粉〜)
ここは十何年ぶりに実験となりましたグッド(上向き矢印)

まず使う粉の分量はこれくらい。
「知っている人は知っている。知らない人はぜーんぜん知らない」多糖類を配合したサプリメントです。
サンプルは『白神山地の水』pH6.6と『温泉水99』pH9.5〜9.9、コントロールはブリタ浄水器濾過後水道水(一応フィルターは変えたばかり)

water test 1.jpg

添加直後、それほどの違いは見えません。

water test 2.jpg

添加6分後、水面の粉の量と溶けていく粉の細かさが分かるでしょうか?

water test 3.jpg

添加9分後、このまま待っていても溶けないのでかき混ぜましたあせあせ(飛び散る汗)
水道水ではノリ状の塊がガラス面に。
『白神山地の水』にもついていますが水道水よりは少ないかな。
『温泉水99』は更に少なく、これなら溶けているって言ってもいいかも。

water test 4.jpg

撹拌してから放置すること約10分、溶けきれない粉は沈殿。
水道水の沈殿物が意外に少ないと思いきや、たぶんノリ状になったほうが多いからだと。
『白神山地の水』はやや沈殿物多し。

water test 5.jpg

そして2時間半後、コップをぐるぐる回して撹拌し、沈殿物の様子を観察。
どれも懸濁しているものの『温泉水99』はかなり均一に溶けていることがわかります。

water test 6.jpg

最後は全部飲んでみた。
おや?
『白神山地の水』と『温泉水99』の味は明らかに水道水と違う。

確か、田中先生は大腸ファイバーの前に飲む「飲みにくい下剤」も超軟水に溶かすとぜーんぜん大丈夫なくらい飲みやすくなるってお話しされてた。

ミネラル含量の違いは本当に味に違いが出るみたい。
おまけにアルカリ水の方が溶けやすいみたい。

つまり、田中先生のチョイスは大正解ということだわーい(嬉しい顔)

さてさて、私はどうするか…
ここまでやってまだ悩む私ふらふら



お水の話 [2012年07月09日(Mon)]
「超軟水が体にいい」というので買ってみようと。
いや、ちょっとその前に「超軟水」なるものを調べてみようと。

水広場レジスタードマークなるHPで硬度別商品が検索できたグッド(上向き矢印)

そもそも硬度とは、カルシウム(塩)とマグネシウム(塩)の含有量で決まるので、超軟水ということはカルシウムとマグネシウムが低いわけだ。フムフム。
じゃあ超軟水だったら『塩』と言われるものがぜんぶ少ない…というわけじゃないんだよね。
中性かアルカリ性かによってナトリウム含量が大きく違ってくるんだぁ。

今回は水広場レジスタードマークHPから「国内」「加工(水素や酸素を後から入れるなど)していない」を目安に超軟水3商品をピックアップ。
スーパーでもおなじみの『サントリー南アルプス天然水』を対象品にしました。


fig.water.jpg


最も硬度の低い『白神山地の水』
4種のミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム)が一律低い。
純水に近いのかな。こちらpHが6.6なのでほぼ中性。

次に硬度が低い『飲める観音温泉』と『温泉水99』
カルシウムとマグネシウムは確かに低いものの
ナトリウムは『サントリー〜』よりもかなり高いんだあ〜あせあせ(飛び散る汗)
こちらはpHが9以上でアルカリ水だからね。

対象にさせてもらった『サントリー〜』は硬度が30。
4種のミネラルがそれなりにそこそこ入っている感じ。

そしてやっぱり気になるのはお値段。
当然ながら『サントリー〜』はお安いわけですが・・・

硬度を取るかモバQ
pHを取るかモバQ
値段を取るかわーい(嬉しい顔)
有名人の推奨品を取るか(爆笑)

あ〜ん、やっぱり水商売は難しいふらふら
もう少し、検討してみようたらーっ(汗)


【御礼】ドクター講演会 in 大阪 [2012年07月08日(Sun)]
昨日は田中先生のドクター講演会を大阪で開催しました。
他2会場を上回り200名近いご参加をいただきました。
当日お申し込みも20名ほどあったとのことexclamation
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

私は3会場とも田中先生のお話を聞けることになったわけですが
食、水、空気、睡眠、運動などコアになるテーマはあるものの
毎回違うお話をしてくださって、先生の引き出しの多さには感服、脱帽です。

先生のお話は素人がよくやる「噂の域を出ない」健康話ではなく
科学的根拠に基づいた専門性の高い内容です。
それを素人に分かりやすい言葉で、面白く噛み砕いてくださる。
いやぁ〜、皆さんにも3回全部聞いてもらいたかったなぁ〜。

大阪では水の話も加わりましたね。
実は控室で水の話になったんです。
水って硬水と軟水がありますよね?
ヨーロッパあたりでは硬水が多く、日本は軟水が多いのですが
カルシウムやマグネシウムの含量によって区別されます。
カルシウム不足が気になると水にカルシウムがいっぱい入っている方がいいのではないかと考えがちですが
ヨーロッパ旅行をすると石けんが泡立たない経験をするように
硬度が高い水はものが溶けにくいという性質があります。

先生のお話にあったのは、なぜ人間は水を飲むのか?
目的はふたつ。
ひとつは汗をかいて体温を調節するため。
もうひとつは水溶性の不要物(毒物も)を体外に排泄するため。
つまり水は「溶けやすい」水の方が老廃物や毒物を排泄しやすい。

そこで先生は超軟水と言われているお水を宅配で購入しているそうです。
商品名は『温泉水99
「溶けやすさも味も全然違うよ」とのお話。

食についてはあれこれ気を付けている私ですが
お水はブリタで濾過するだけでした。
今は”お水商売”が流行っていて選びきれていなかったんですが
『温泉水99』検討してみたいと思います手(チョキ)


| 次へ
プロフィール

AKIKO堺さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/glyconutrient/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/glyconutrient/index2_0.xml