CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月 »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
中高年の男性中心の政治の本音と実態であり弊害では[2019年06月30日(Sun)]
 朝日新聞2019年4月24日付け「「下手なこと言うとセクハラ」 自民市議の発言に批判」から、女性市議が初めて誕生することが決まった鹿児島県垂水(たるみず)市の市議選(14日告示、21日投開票)をめぐり、自民党の川越信男市議(66)が告示前、女性市議について「やりにくい。下手な言葉を言えば、セクハラ・パワハラと言われる恐れもある」と語っていたことがわかった。民放番組で22日夜、コメントとして放送され、批判が集まった。テレビ朝日の報道ステーションで同市議選を特集した際に放送された。川越氏は「期待はないね。かえってやりにくいと思う」とコメントしたうえで、セクハラ、パワハラと指摘を受ける可能性に言及した。川越氏によると、取材を受けたのは先月で、「女性市議が誕生したら」という趣旨の質問に答えたという。発言に対し、ツイッター上では「男尊女卑は未(いま)だ凄(すさ)まじい」「これでは女性が全部出て行って市が潰(つぶ)れても自業自得」といった批判が相次いだ。市役所にも苦情が複数寄せられたという。川越氏は23日、朝日新聞の取材に対し、「悪気はなかった。ちょこっと言ったことが大きくなっている。悪かったのであればおわびをします」と語った。党県連会長の森山裕衆院議員は番組を見てはいないとしながらも、「極めて遺憾。事実であれば厳重に注意する」とした。同市議選には定数14に女性2人を含む17人が立候補し、女性1人が当選した。川越氏も3選した。004.jpg

 国政はもちろんですが、地方も同様に中高年の男性中心の政治の弊害が出てきているのではないでしょうか。女性議員が増えれば議会にも緊張感が出て、住民のためになるような政策が推進される可能性がたかいでしょう。男性ばかりの議会だから、女性市議について「やりにくい。下手な言葉を言えば、セクハラ・パワハラと言われる恐れもある」と発言するのではないでしょうか。女性議員が誕生したことに対して「期待はないね。かえってやりにくいと思う」という発言も、傲慢で奢り以外の何ものでもないでしょう。男性と女性しかいないのだから、本来議会は男性と女性半々が望ましいのでしょうが、それが実現できないのであれば、3分の1程度を女性議員が占めるようにならなければ住民や国民のためにはならないのではないでしょうか。女性が活躍する社会を目指している日本であれば、国民的議論を展開して真剣に考える必要があるのではないでしょうか。002.jpg
いじめの解決には教育現場と保護者、子どもが一緒に考える仕組みを[2019年06月29日(Sat)]
 朝日新聞2019年4月23日付け「いじめ放置の教員処分案、消える 対策法改正に遺族反発」から、いじめ防止対策推進法の改正案について、いじめが原因の自殺で子どもを失った遺族らから批判の声が上がっている。超党派の国会議員勉強会の座長・馳浩元文部科学相が4月に公表した改正案では、検討されていた「いじめを放置した教員の懲戒処分」「学校側がいじめ防止の基本計画を策定」などの内容がなくなったためだ。馳氏らは学校側の負担増などを懸念したとみられるが、遺族らは「誰を守るための法律なのか、考えてほしい」と反発している。「一体どちらを向いて法律を作っているのか。座長試案を見直してください」。いじめによる自殺で一人娘を亡くし、いじめ問題に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事の小森美登里さんは22日、文科省内で会見して訴えた。隣には、他の遺族ら5人が並んだ。19日にも、いじめ自殺の遺族ら43組の連名で、座長試案に反対する意見書が馳氏へ手渡された。2011年に中学生の子をいじめ自殺で亡くした父親は「学校のガバナンスができていなかったから、いじめ死が起きたと私たちは考えています」と語った。13年9月に施行された同法には「3年後の見直し」を検討する規定があるが、議員の勉強会が動き始めたのは昨年。総務省が同年3月、「学校がいじめの限定解釈をする事例が多い」として、文科省に対して改善するよう勧告したことを受けたものだった。032.jpg

 いじめの問題は、当事者にとっては耐えることができないし、亡くなってしまう人が出てしまっている現状を何とかしなければならないことは明らかでしょう。いじめが起きた際に学校の対応は迅速であれば解決する可能性があるかもしれません。しかし、対応が後手になってしまい当事者が苦しんでいるケースが多いのではないでしょうか。子どもからいじめの相談があれば、担任ばかりでなく学年、学校全体でいじめとしてすぐに真摯に対処することが大前提なのでしょう。教育現場では、担任や学校長の責任問題を追及されることを恐れて解決が遅れてしまうことがないのでしょうか。教員の仕事が増え続け、会議や部活動などで時間が取られ、子どもたちと正面から接する機会が減っているために子どもたちの実態を把握しにくくなっていることを何とかしなければならないのではないでしょうか。教員の負担を軽減して教員が子どもの勉強を見たり相談に乗ることができる時間を増やすためには、教員採用を増やすことが最も大事なことではないでしょうか。いじめの当事者の気持ちを最大限に尊重するような制度を構築することが求められているのではないでしょうか。garounotaki.jpg
NHKの問題性を多くの人たちに認知してもらう運動では[2019年06月28日(Fri)]
 2019年4月23日付け堤治コピーライター・メディアコンサルタント「「NHKから国民を守る党」が東京23区中19区議会で議員を当選させていた」から、これからNHKは「今後の受信料をどう徴収するか」の問題に直面する。放送と同じ内容をネットで視聴可能にする常時同時配信が実現に向かっている。だからと言って「ネットで受信料を取る」ことは現状の法律では無理だ。だからと言ってそれを可能にする法改正なんて簡単にはできない。下手をすると国民全体を敵に回しかねない。そんな中での「NHKから国民を守る党」の躍進は、さほど興味がなかった層にもこれからの受信料の問題を喚起しそうだ。もう一つは、NHKと政権との距離にはこのところ気になる部分が多いこともある。最近もNHKの役員人事について疑問を投げかける報道があった。受信料と直接は関係ないが、政権との距離を見誤ると受信料拒否の大きな運動に火をつけかねない。「守る党」はこの意味でも影響を及ぼす団体になる可能性もある。 005.jpg

 今までほとんどタブー視されていたかもしれないNHKをタブー視しないで問題性を多くの人たちに伝える運動が起きているのではないでしょうか。国民に受信料の問題を喚起して考えてもらうことの意味はあるのではないでしょうか。NHKはあまり触れることができないようなタブー視された存在だったかもしれませんが、NHKと政権との距離をはじめ問題がないわけではないでしょう。不偏不党で公平、公正であるべきNHKが、政権との距離感を縮めて偏向していると感じている人たちが少ないかもしれません。NHKのアナウンサーは特権意識がないのでしょうか。出演者中でもお笑いタレントや視聴者に対して上から目線で見ているような言動がないでしょうか。そのような感じる人も少なくないのではないでしょうか。アナウンサー一人ひとりがある程度個性を持って自分の言葉で伝えることができないでしょうか。保守的であることがNHKであるように感じることがないでしょうか。今後「守る会」の影響を受け、NHKに対して変だなと思いそれを指摘するような大きな動きになっていく可能性もあるかもしれません。001.jpg
敵対的にならずに平和な世界を構築する努力を続けるべきでは[2019年06月27日(Thu)]
 朝日新聞2019年4月22日付け「スリランカ爆発、日本人死者は30代女性 緊張なお続く」から、スリランカの教会やホテルなど計8カ所で21日に起きた連続爆発事件で、スリランカ警察は22日、死者が290人、負傷者が約500人に達したと発表した。ロイター通信が報じた。河野太郎外相は同日、事件に巻き込まれて日本人1人が死亡し、4人がけがをしたと明らかにした。犯行グループの特定には至っておらず、最大都市コロンボ郊外の空港近くで新たな爆発物が見つかるなど現地は緊張が続いている。スリランカ警察は一連の事件の犠牲者が少なくとも290人に上ると発表。AFP通信によると、米国、英国、中国、インド、オランダ、ポルトガルなど少なくとも35人の外国人が含まれている。スリランカ外務省によると、コロンボ市内の病院で19人の外国人が治療を受けており、行方不明者もいるという。006.jpg

 紛争や争いごとが増え、異なる宗教同士でいがみ合い、世界中のどこでもいつでも何が起きるかわからないような状態になっているのではないでしょうか。格差や貧富の拡大によって過激思想が浸透して特に富裕層に対する反発が強くなっているのではないでしょうか。グローバル時代になり世界中の人たちがボーダーレスの世界を飛び回っていますが、恵まれない人たちにとっては裕福に見える人たちに対して反発が大きくなってきているのではないでしょうか。格差や貧富の問題を正面から受け止め世界中が平和で安全に安心して生活できるような仕組みを真摯に考え実現するようにしなければならないのではないでしょうか。格差や貧富の問題が解決できなければ世界中いつどこで何が起きても不思議ではなくなってしまうのではないでしょうか。1国でできることではありません。国連を通して実現できるのであればいいですが、すべての国が平等に同じテーブルについて格差と貧富の問題を解決する強い意志で取り組む必要があるのではないでしょうか。ゆっくり時間をかけている余裕がなくなっています。すぐに取り組むべきではないでしょうか。042.jpg
なぜNHKの報道のあり方にチェックが入らないのでしょうか[2019年06月26日(Wed)]
 2019年4月22日付け水島宏明上智大学教授、元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター「説明しないのはわざと? NHKニュースが何を伝えたいか意味不明な報道」から、「天照大神」とは神話の話ではなかったのか。それが現存する皇室の「祖先」と断定的に伝えていた。断定するとは「事実だと認定する」ということだ。神話の世界の人を実在の人物であるかのように伝えるのはオカルトである。いろいろな説を主張する人がいる場合には断定的に表現しないのがニュース原稿の鉄則である。たとえば「とも言われる」とか「と言い伝えられている」などと表現するのがニュース原稿のセオリーである。少なくとも、もしも民放ならば「皇室の祖先”とされる”天照大神」あるいは「皇室の祖先”と言い伝えられる”天照大神」などの表現になるはずだ。それなのにNHKは「断定」的な原稿にしていた。これは大きな問題だと思う。しかもメディアでこの問題を大きく報じたのはBuzzFeedだけである。BuzzFeedの記事によると、NHK以外のマスコミは報道のセオリーに沿った原稿の書き方をしている。BuzzFeedによると、「天照大神」の表現についてはNHK広報局も「丁寧さを欠いていた」と反省の姿勢を見せたという。だが、こと政権が関係したり、皇室が関係するニュース原稿のチェックはどの会社でも厳重に行われるのが通常である。仮に担当の記者の能力が低いとしてもキャップやデスクが手直しするのがテレビ報道の世界では常だ。だとしたら、これは単に「丁寧さを欠いた」というだけなのかは相当に疑わしい。「皇室の祖先が天照大神」と断定的な表現をしたり、首相の靖国神社参拝に対する近隣諸国の反発の歴史をほとんど説明しないままで「真榊奉納」だけを伝えようとしたり、報道機関としてのレベルで見ても現在のNHKニュースの現場が危ういと感じるのは筆者だけだろうか。024.jpg

 NHKは国民から受信料をいただいている以上は、言うまでもなく公正、公平な番組制作を行うべきで偏向していると思われるようなことがあってはならないのではないでしょうか。「天照大神」とは神話の話ではなかったのか。それが現存する皇室の「祖先」と断定的に伝えていた。断定するとは「事実だと認定する」ということだとなれば、水島教授が指摘するように偏向した考え方ではないでしょうか。番組制作に関わっているすべての人が不思議に思わなかったのでしょうか。変だなとも思わずに当たり前のように受け止めて放送しているのでしょうか。「皇室の祖先が天照大神」と断定的な表現をしたり、首相の靖国神社参拝に対する近隣諸国の反発の歴史をほとんど説明しないままで「真榊奉納」だけを伝えようとしたりしているとすれば、組織内で偏向していないかチェックする機能が働かなくなっているのでしょうか。現場の問題なのでしょうか、上層部の指示なのでしょうか。政権との距離感も政権に対する配慮が優先して近すぎるということはないのでしょうか。偏向している番組作りを進めて行くとなれば、朝ドラなど見たいと思っても受信料を払いたくなる人が出てくるのではないでしょうか。NHKを見ないで民放だけ見るという人が増えることはないでしょうか。若い人たちの中ではテレビを見ない人も増えているので関心が薄い人もいるかもしれませんが、チェック機能を働かせるはっきり指摘して改善させる仕組みをしっかり考える必要があるのではないでしょうか。国民が関心を持って見守る必要があるのではないでしょうか。044.jpg
南白神山地と春紅葉を売り出したい[2019年06月25日(Tue)]
 南白神山地は、世界自然遺産白神山地の秋田県側を南白神山地と呼んでいます。白神山地の秋田県側と説明するのではなく、南に位置することから南白神山地と呼ぶ方が愛着を感じやすく、覚えやすいのではないかと思っています。春紅葉は、秋の紅葉と異なり、初春の枯葉の状態から少しずつ緑に色づいていく過程を楽しむものです。桜前線が北上して山桜が斜面を色づける頃には淡い紅葉のような状態になり春紅葉と呼んでいます。百聞は一見に如かず、と言いますが、一度訪れて見てください。024.jpg

 世界遺産白神山地とは言っても観光地とは違い、1000b級の比較的低い山々ですが、登山をするとなれば結構厳しいので、老若男女が楽しむところではありません。それでも岳岱自然観察教育林はブナ林を楽しみながらあまり無理なく散策できます。白神山地とはいっても青森県側と秋田県側では核心地帯への入山の対応も異なるので、秋田県側と青森県側と区別して言うことになりますが、南に位置する秋田県側を私たちは南白神山地と呼びPRするようにしています。いい響きでありませんか。春紅葉は秋の紅葉と異なり、色鮮やかではなく、淡い心を癒すような色遣いを楽しむことができます。春紅葉という言葉が一般的でないというのはわかりますが、是非とも残雪の残る北国の春の自然の中で実感してほしいと思います。いつか春紅葉が秋の紅葉同様に国内で楽しむことができるようになれば北国の人たちも元気になるのではないでしょうか。044.jpg
努力を積み重ねて夢を実現するか[2019年06月24日(Mon)]
 サンスポ2019年4月19日付け「あるぞ夢の昇格!ヤンキース3A・加藤豪将、メジャーGO砲」から、米大リーグ、ヤンキース傘下3Aスクラントンの加藤豪将(ごうすけ)内野手(24)がリーハイバレー戦とのダブルヘッダー第2試合に「3番・二塁」で出場し、三回に4号ソロを放つなど、3打数2安打1打点と活躍した。2013年のルーキーリーグのデビューから6年。ここまでチーム2位の4本塁打、11打点の好成績を残すなど、米国生まれの日本選手は、夢のメジャー昇格も視野に入ってきた。夢に見ていた舞台が手の届くところまできた。1点リードで迎えた三回2死。加藤が振り抜いた打球は、グングンと伸びて左中間スタンドに消えていった。「メジャーまで近いけど、まだいっぱい練習しないといけないことがあると分かりました。急ぐ、焦るっていうよりも、結果を出して(メジャーに)いきたい」2月24日のオープン戦で初めてメジャーでベンチ入りした際、口にした思いが現実味を帯びてきた。3試合ぶりの一発が飛び出すと、五回2死一塁では左前打を放ち、この日は2安打1打点。開幕前に昇格した3Aで11試合に出場し、打率・278、4本塁打、11打点の好成績で、本塁打と打点はともにチーム2位だ。名門球団のメジャーに上がるのは容易ではないが、今季のヤンキースは故障者が続出し、負傷者リスト入りが12人という異常事態。投手も野手も欠けた状態で8勝9敗と苦しんでいる。24歳が結果を残し続ければ、メジャー昇格の可能性は出てくる。13年6月のドラフトでヤ軍にドラフト2巡目(全体66位)で入団。弱肉強食のマイナーでルーキーリーグから1A、2A、そして3Aに昇格し、細身だった加藤はたくましく成長した。入団時から身長は7a伸びて188a、体重も6・5`増えて、88・5`になった。チームからは筋力アップのほかに一日6食の“食事トレーニング”も課せられ、パワー不足も克服。今季は本職の二、三塁以外に一塁や外野にも挑戦している。2人のレジェンドの“DNA”を受け継ぐ。1人は3月に引退を表明をしたイチロー元選手(45)だ。6歳のときに父親に連れられ、サンディエゴでパドレス−マリナーズを観戦し、天才打者のプレーに感動した。13年の入団直後から親交がスタート。神戸で自主トレに参加したこともある。2Aではマイナーの巡回打撃コーチを務めている松井秀喜ゼネラルマネジャー付特別アドバイザー(44)の指導も受けた。同氏もメジャーを夢見て、実直に取り組む後輩を「彼なりに頑張っていると思います。もう少し、ですね」と評価している。「毎日、毎日新しいことが学べて、すごく楽しい」と加藤。憧れの大選手の背中を追いかけてきた24歳の未来が、大きく広がりはじめた。014.JPG

日本の選手で大リーグで活躍しているのは日本のプロ野球で実績を積んで大リーグからオファーが来たり、ポスティング制度を利用して挑戦していますが、加藤選手はアメリカで育ってドラフトで入っている特異なケースです。それにしても努力の積み重ねで摘み取った3Aから這い上がって名門ヤンキースの一員になろうとしています。メジャーリーグで活躍するためにはそれなりの体と体力を備えなければならないでしょうが、1日 6食の食で体重を増やしパワーを付けてきているのでしょう。イチロー選手と松井選手との出会いから影響を受けたのでしょうが、本人の努力がなければ成長できません。夢が努力で実現できるという生き方を実践しているのではないでしょうか。そう簡単に真似のできることではないので、次から次へと現れてくることはないかもしれませんが、生き方を参考にするという点では真似して挑んでもいいのではないでしょうか。今後メジャーリーグで大活躍して第2のイチロー選手、松井選手のようになってほしいと思います。子どもたちや若い人たちは夢を持ってそれを実現するためにはどのような努力をすればいいのか自分で考え挑戦してほしいものです。004.JPG
原発は危険性と隣り合わせ状態で維持できるのでしょう[2019年06月23日(Sun)]
 朝日新聞2019年4月19日付け「対テロ施設、建設間に合わない 原発9基が停止の可能性」から、再稼働した関西、九州、四国の電力3社の原発全9基が停止を迫られる可能性が出てきた。新規制基準で義務づけられている原発のテロ対策施設の建設が設置期限に間に合わないためだ。3社は期限の先延ばしを含めた対応を原子力規制委員会に求めているが、委員からは厳しい意見が相次いでおり、3社の見通しの甘さが露呈された形だ。3社によると、九電川内(鹿児島県)や玄海(佐賀県)、関電高浜、大飯、美浜(いずれも福井県)、四電伊方(愛媛県)の6原発12基で建設工事が遅れ、設置期限を1年〜2年半ほど超える見通しという。玄海の超過期間は精査中だという。最も早い川内1号機は来年3月に期限を迎える。テロ対策施設は、航空機の意図的な衝突の際などに遠隔で原子炉を制御する。当初の設置期限は新基準の施行から5年だったが、2015年に、再稼働に向けた原発本体の工事計画の審査を終えてから5年以内に設置することになった。建設が遅れた理由について、3社は「安全性を向上させた結果、高度で大規模な工事が必要になった」などと主張。関電の役員は17日の規制委の会合で、「見通しが甘かった」と陳謝しつつ、「土日なしの工事で最大限の努力をしてきた」と理解を求めた。037.JPG

 原発を取り巻く状況は厳しさを増しているのではないでしょうか。設備はもちろんですが、原発事故が発生した場合に本当に安全に避難できるのでしょうか。新規制基準で義務づけられている原発のテロ対策施設の建設が設置期限に間に合わないためだ。3社は期限の先延ばしを含めた対応を原子力規制委員会に求めているが、委員からは厳しい意見が相次いでおり、3社の見通しの甘さが露呈された形だ。テロ対策に対して日本だけは大丈夫という安全神話は通用しないでしょう。どのような状況でも安全面を含めて万全の対処ができることが望まれている以上は、相当の費用がかかるのではないでしょうか。廃炉にするにも多額の費用がかかりますが、事故が起きた際には人命を守るための対処、救助、非避難など費用以上に大変なことが想定されます。それでも原発を推進するのか国民的議論を巻き起こしあり方を真剣に考える必要があるのではないでしょうか。国民の判断に従って原発を取りやめ、再生可能エネルギーなどに切り替えることも考える必要が出てくるのではないでしょうか。036.JPG
新卒一括採用と通年採用を併存する考え方は正しいのでは[2019年06月22日(Sat)]
 共同通信2019年4月19日付け「経団連、新卒一括採用を見直しへ」から、経団連が新卒学生の採用活動について、春の一括採用に偏り過ぎている慣行を見直し、通年採用との併存を推進する方針を固めたことが18日、分かった。週明けにまとめる大学側との産学協議会の報告に盛り込む。040.JPG

 就職氷河期で就職できなかった人が多かったことを考えても、新卒一括採用の弊害は理解できるのではないでしょうか。企業も新卒に対して訓練して仕事を教え込むよりも即戦力となる中途採用を含めた人材が必要になっているのかもしれません。大学を卒業してもすぐに就職するのではなく、海外に留学したり、地方で一定期間農林漁業に従事したり、インターンとして中小企業で働いたり、興味関心のあることに取り組んでさまざまなことをさまざまな人たちと一緒に過ごすことで得るものが多いのではないでしょうか。多様な価値観を共有して、多様な考え方を容認できるような人が増えれば、大きな問題を抱えてもそれをチーム力で解決することができるようになるかもしれません。多様な人材が集まってチームとして難題を解決する仕組みづくりを確立していく必要があるのではないでしょうか。新卒採用と通年採用が共存する社会は正しいのではないでしょうか。038.JPG
批判するだけの弱体野党では国民から信頼が得られるでしょうか[2019年06月21日(Fri)]
 弱体野党は批判を繰り返すだけで、国民が期待するような政策を提示しているのでしょうか。野党が政策を提案しても数で劣るので国会の場では通らないかもしれませんが、国民にはどのようなことを考えてどのような政策を推進しようとしているかわかれば、評価して野党に力を与えるかもしれません。ところが、政権の言葉尻を捉えて批判したり、失敗をさらして国民に同調を求めるだけでは国民からの支持を得ることはできないでしょうか。どうしても譲ることができないことに関しては徹底的に抵抗することがあってもいいですが、国民のことを考えた政権との対立軸になるような政策を掲げているのでしょうか。人間は誰でも相手を攻撃したり、批判するときは元気があって強い口調で言い続けることができるでしょうが、裏返して自分たちが批判される立場に立たされるときにどのように思うのでしょうか。国民が何の望んでいるのかわかっているのでしょうか。首都圏や大都市圏の人たちを中心に野党に期待している人が少ないのではないでしょうか。057.JPG

 大都市圏や若者たちが野党に期待しない要因を考えているのでしょうか。確かにSNSやインターネットでは政権に批判的な人たちへの攻撃が物凄いと言えるかもしれません。それは偏った見方であるかもしれませんが、批判するだけの野党に対する期待感は薄れてしまっていることに弱体野党の人たちは気がついていないのではないでしょうか。いつまでも自民党政権が続くことはないかもしれませんが、国民のことを真剣に考え寄り添い政策を推進しようとしなければこのままの状態が続くかもしれません。弱体野党が取り組むべきは格差や息苦しさを感じているような若者や女性に向けるべきではないでしょうか。さらに地方で苦しんでいる人たちも相当数います。社会的弱者を含めて恵まれない人たちに目を向けて一生懸命問題解決に取り組む中で国民から評価され支持されるようになるかもしれません。014.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。