CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
秋田県の公立高校入試では学力選抜以外の適切な方法を模索すべきでは[2019年03月31日(Sun)]
 秋田県の公立高校入試最終倍率は0、94倍になりました。2年連続1倍を下回りました。県北地区や県南地区では軒並み1倍未満になっています。秋田県は私立高校がほとんどない状態なので、公立高校の入試選抜方法を考える必要がないでしょうか。希望する学校に入学できるような仕組みを、知恵とアイデアを出し合って模索する必要があるのではないでしょうか。006.JPG

 学力選抜ではなく、子どもたちに目的意識を持たせ、将来設計を含めた進路指導を充実させ、中学校での学習状況を考慮して面接や実技を通してできるだけ全員が希望する高校に入学できるようにできないものでしょうか。1倍以上あれば学力選抜をする意味があるといえるかもしれませんが、今までの固定観念から脱却して将来を見据えて秋田県に残って地域住民のために一生懸命貢献して生きていくような逞しい子どもたちを育成することも大事なのではないでしょうか。大学に進まなければ将来を切り拓くことができない子どもたちにはそれを保証できるようにすればいいでしょう。そのような子どもたちは大学に入ってからが勝負です。大学に入ってさらに先を見据えて高校でどのようなことを学び、自ら進んで学習するかが問題でしょう。少子化が急激に進み、疲弊化が進む秋田県のことを真剣に考えて新たな仕組みを模索する方が賢明なのではないでしょうか。004.JPG
沖縄県の置かれている状況は他人事ではないのでは[2019年03月30日(Sat)]
 朝日新聞2019年2月21日付け「沖縄県民投票の意味」から、沖縄でも、基地問題を考えることは苦しいはずです。しかも政府は辺野古への土砂投入を強行し、移設が必要だという説明責任を果たしていない。へこたれてもおかしくない状況なのに、県民は2度目の県民投票を行おうとしている。沖縄の民主主義の逞しさには本当に敬服します。そもそも、沖縄で2度も県民投票が行われること自体が、政府の失政を何よりも証明しています。この国の民主主義はさび付いているのではないか。全国民が自らに問いかける契機とすべきです。
 今回の県民投票の象徴は若者です。政党や団体に頼らず活動し実現させた。新しい「風家」です。若者の「沖縄をよくしたい」という思いを無駄にしてはいけないと多くの大人が感じた結果でした。様々な人の犠牲の上に自分が立っているという歴史感覚を無意識に培っています。だからこそ、戦後に造られたアメリカ軍の基地問題は、皆で何とかしようと思うのです。個人的に今回の県民投票は、翁長県政から玉城県政に変わったいま、何があっても負けなしという意志を示す意義があると考えています。何も意思を示さず基地が造られてしまえば、沖縄が初めて自らの意思で新しい基地を受け入れたという歴史になりかねない。とても大切な1票になると思います。
 住民投票の目的は2つあります。1つは「決めること」ですが、今回は何かを決める法的な力はないので、もう1つの「意思表示する」という目的が重要です。県民の意思を示し、本土も含めた第3者にはっきり伝える。そのために、投票結果が明確なメッセージになることが重要です。殴られつつでも抵抗したならば、「あいつは喜んで殴られている」と言えなくなる。その抵抗は記録されて歴史になり、後世に必ず影響を与える、と。009.JPG

 そもそも、沖縄で2度も県民投票が行われること自体が、政府の失政を何よりも証明しています。この国の民主主義はさび付いているのではないか。全国民が自らに問いかける契機とすべきですということは最もではないでしょうか。様々な人の犠牲の上に自分が立っているという歴史感覚を無意識に培っています。だからこそ、戦後に造られたアメリカ軍の基地問題は、皆で何とかしようと思うのです。歴史感覚こそ国会議員ならびに国民が共有しなければならないのではないでしょうか。今回は若者が沖縄を良くしたいという思いが強かったことがよかったのではないでしょうか。これからの時代を担う若者が意思表示をすることが大事になるのでしょう。たとえ政権が県民投票の結果を無視して辺野古への移設を強行したとすればそれは歴史に記録されて残されることになります。次世代の人たちが判断する材料になるでしょう。国の政策が県民の意向に反して推進されることが増えるようでは住み易い社会になるのでしょうか。国は地方と対立するのではなく、地方の思いを尊重して政策を立案して推進することが望ましいのではないでしょうか。008.JPG
特定の人物がどうして長期間権力を持ち続けるのでしょうか[2019年03月29日(Fri)]
 朝日新聞「社説」2019年2月21日付け「JOC定年 延長は理解できない」から、日本オリンピック委員会(JOC)が、在任10期17年を超す竹田恒和会長(71)の「続投」を視野に、役員定年延長を検討している。いまの体制のまま東京五輪を迎えたいという思惑が、背景にあるようだ。だが竹田氏には、その東京五輪の招致を巡る買収疑惑が持ち上がっている。特定の人物に権限が集中したことがゆがんだ組織運営や癒着を生んだとして、競技団体の役員の多選制限や定年制の導入が検討されている。総括するJOCをどうチェックすべきかも重要なテーマだ。015.JPG

 特定の人に権限が集中することは望ましいことではないでしょう。まわりの人たちが何も言えない独裁的になってしまう可能性があるのではないでしょうか。スポーツ界ではレスリング、体操などいろいろな種目で1部の指導者に長期間権力が集中したことから問題が生じています。長期間トップに君臨することで居心地がよくなるのかもしれませんが、トップに近い人たちだけで組織を硬直化させてしまう可能性は否定できないのではないでしょうか。任期を区切って若い人たちを含めていろいろな人たちを取り入れ新陳代謝を良くしていかなければならないのではないでしょうか。中高年の男性だけの偏った人たちだけでなく、男女の比率も大事になるでしょう。女性がある程度割合で入ることで組織がオープンになりコミュニケーションも活発になって機能しやすくなる可能性は高いのではないでしょうか。指導者と組織のあり方を真剣に考える必要があるのではないでしょうか。012.JPG
SNS上の不適切な動画がなぜ増え続けるのでしょうか[2019年03月28日(Thu)]
 SNS上で不適切な動画流失し続けていますが、どうしてでしょうか。楽しいから面白いからだけなのでしょうか。居酒屋チェーン、コンビニ、回転寿司チェーン、ファミレスなど業種が増え続けています。何人かで一緒になって行っているようで、笑い声が聞こえてきます。しかし、残念ながらそれを視聴した人たちはどのように思うのかというところまで神経が行き届かないのでしょう。015.JPG

 テレビでも失敗談を笑いのネタにして大笑いしている番組が放映されていますが、何が楽しいのかわかりません。番組のその場にいる人たちは失敗談、真面目に面白おかしく演じている人を見て笑っているのでしょうが、そのようなことが学校現場をはじめいろいろな場面で面白おかしく楽しむ風潮がある意味では影響しているのでしょうか。床に食材を擦り付けてそれを知らないで揚げ物として食べている人はどうなるのでしょう。寿司用の生の魚をごみ箱に入れてそれを取り出してまな板で調理したものを食べたお客さんはどうなるのでしょうか。SNSが浸透しなければこのような動画なかったとしても、モラルやマナーに頼る時代でなくなってきたのでしょうか。アルバイトの待遇が悪すぎることに対する反抗なのでしょうか。何が原因かわかりませんが、これ以上SNSに流失続けることがないように願います。012.JPG
多様性に対応した社会づくりの一環では[2019年03月27日(Wed)]
 朝日新聞2019年2月19日付け「性別選ばない 安心お買い物」から、男性用、女性用といった性別にとらわれない衣料品などを扱う売り場を丸井グループが都内にお目見えさせた。体は男性だが心の性は女性、女性向けの店には行きたくない。そんな悩みを持つ、体と心の性が一致しない「トランスジェンダー」の人も安心して買い物ができる空間を目指す。今回の売り場は一歩進めた取り組みで「売る場や商品を男性、女性と区分けすることで私たちがお客様を選んでしまっている。時代と共に変化するニーズや社会課題に対応する売り場を作っていきたい」(担当者)という。017.JPG

 多様な人たちが居心地よく、安心して暮らしやすい生活を送るためには、障壁と思われるハードルを取り払っていくことが大事なのでしょう。その意味では今回の取り組みは評価されていいのではないでしょうか。トランスジェンダーの人たちに対する受け止め方はまだ人それぞれでトランスジェンダーの人たちが望むような状況にはなっているわけではないでしょうが、多様性を容認するという視点が浸透していくことになるのではないでしょうか。時代とともに変わるニーズや社会問題に正面から対応する動きがどんどん出てくれば、ひとり1人が楽しく生き易い社会になっていくのではないでしょうか。多様性を認めて受け入れ一緒に新たな社会を創り出していくという機運が高まっていくことが望ましいのではないでしょうか。016.JPG
正しい判断だったと評価されるのでしょうか[2019年03月26日(Tue)]
 時事通信2019年2月19日付け「ノーベル賞「推薦」が波紋=安倍首相に批判、疑問の声−与野党」から、トランプ米大統領が安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦されたと明かし、日本政界に波紋を広げている。首相が18日、事実関係を否定しなかったことから、野党側は推薦を認めたと受け止め、「国益を損ねた」(長妻昭立憲民主党代表代行)と批判。与党内でも疑問視する声が上がった。首相は18日の衆院予算委員会で、野党議員から事実関係をただされ、「ノーベル委員会は推薦者と被推薦者を50年間は明らかにしない。コメントは差し控えたい」と説明。ただ、「事実ではないと言っているのではない」とも語り、歯切れの悪い答弁に終始した。一方、トランプ氏については「北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて果断に対応している。拉致問題の解決にも積極的に協力していただいている」と指摘。「リーダーシップを私は高く評価している」と強調した。平和賞推薦はトランプ氏が15日の記者会見で自ら明らかにした。5ページの推薦状のコピーを首相から渡され、「日本を代表して謹んであなたを推薦する」と伝えられたエピソードを披露。これについて外務省幹部は「普通はばらさないのに…」と戸惑いを隠さない。18日の予算委で、立憲会派の小川淳也氏は、中距離核戦力(INF)全廃条約破棄やイラン核合意離脱などトランプ氏の「実績」を列挙しながら、「どれ一つ取っても推薦はあり得ない。恥ずかしい」と批判。「ここまで対米追従しないと首相は務まらないのか」と収まらなかった。与党内でも閣僚経験者の一人は「国際的にどう思われるか考えないのか。トランプ氏にいいように利用されている」と述べ、日本のイメージダウンにつながるとの懸念を示した。 
 朝日新聞「社説」2019年2月19日付け「平和賞推薦 対米追随が過ぎないか」から、安倍政権は会談後も、北朝鮮の脅威は変わらないとして、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を進め、アメリカ製戦闘機F35計105機の追加購入を決めた。国内で危機感をあおりながら、トランプ氏には緊張がなくなったと感謝するのは、ご都合主義過ぎる。一貫しているのは、トランプ氏の歓心を買うかのような姿勢だ。ノーベル平和賞の推薦まで持ち出すとは驚く。国際社会の目にどう映るだろうか。09年に平和賞を受けたオバマアメリカ大統領は、「核なき世界」に向けた決意を示し、世界に理想の力を再認識させた。それに対しトランプ氏は、偏狭な「アメリカ第1」主義に走り、地球温暖化防止のためのパリ協定など、国際協調の枠組みに次々と背を向け、核軍拡に踏み出そうとしている。とても平和賞に値するとは思えない。トランプ氏よると、首相は「日本を代表し、敬意を込めて推薦した」と伝えたという。ならば、国民に堂々と説明すべきだ。それもできないのに、あたかも日本の総意のように振る舞うのはやめてもらいたい。019.JPG

 国民も驚いて言いますが、世界の反応はどうでしょうか。評価している人が多いとは思えないでしょう。トランプ氏の言動を考えると平和賞受賞に相応しいと思っている人が多いとは思われません。首相は、トランプ氏については「北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて果断に対応している。拉致問題の解決にも積極的に協力していただいている」と指摘。「リーダーシップを私は高く評価している」と強調したようですが、日本の国民がどれだけ同じような感想を持つ人がいるのでしょうか。アメリカに追従し過ぎているように思う人が少なくないのではないでしょうか。日本はアメリカとだけ付き合っていればいいのでしょうか。まわりの国々と仲良く付き合うことが大事なのではないでしょうか。遠くの親戚より近くの知人、友人と関係づくりを強めて平和に過ごすことが求められるのではないでしょうか。日本を代表して総意として推薦したというのであれば、国民に対して経緯などを丁寧に理解してもらうことができるようにわかりやすく説明する必要があるのではないでしょうか。それが国民の代表の務めなのではないでしょうか。018.JPG
政権、官邸は丁寧な説明をしているのでしょうか[2019年03月25日(Mon)]
 政権や官邸が国民に対して丁寧な説明をすると言いますが、丁寧という意味は、国民が納得できない内容の説明でも説明したということと、1回ではなく2回行っているというようにたとえ納得するような内容でなくても回数を重ねて説明していることを指しているのではないでしょうか。野党が国会の場でどのように質問しても同じ内容の回答ばかりでも説明している以上は丁寧な説明と言うことになっているのではないでしょうか。021.JPG

 国会場のやり取りは、野党の国会議員も的を得た質問をしているかと言われると疑問を感じるし、自分たちが一生懸命駆けずり回って追い込むような情報を入手しているかと言われればマスメディが調べ上げ入手した情報を繰り返しているような気がしてなりません。それでも世論調査の結果を見ても政権などの説明に納得いかないという人が圧倒的に多い状況を考えれば丁寧な説明と言う意味をもう1度じっくり考えて国民が納得するような説明が丁寧な説明であるという視点に立って国会の場でもマスメディアに対して発表する際でも、新聞紙上に公表する場合でも相応しい説明をすることが求められるのではないでしょうか。020.JPG
1強長期政権は安定政権と言っていいのでしょうか[2019年03月24日(Sun)]
 1強長期政権と安定政権は同じなのでしょうか。ある意味では数の力で多くの法案を通したので、安定政権という言い方はできるでしょうが、すべてが長期政権イコール安定政権とみることはできないのではないでしょうか。長期政権の弊害が出てきているのではないでしょうか。権力を握った人の意向を一生懸命尊重しようとして忖度したり、政策を遂行するために文書を書き換えたり、統計数字を操作するようなことが横行するようになれば、長期政権が安定政権だからよいとは言えなくなってしまうのではないでしょうか。ロシアも中国も権力者が長期にわたって頂点に立っていますが、弊害はないのでしょうか。権力を持ち過ぎることで偏った政策が行われてしまう可能性の方が大きいのではないでしょうか。002.JPG

 国民が選挙で判断することなので、国民のためになると考える政策を推進してくれる責任のある政党が出現してこない限りは、長期政権がよくないと思っても新たな政権が生まれる可能性は低いのかもしれません。国民の方を向いて国民のことを真剣に考えて1つ1つの政策を進めようとすることが前提ですが、そろそろ国民が期待できるような対立軸になるような政党が現れてもいいのではないでしょうか。長くやり続けることで自分たちや応援してくれる人たちだけに甘くなってしまう傾向はないでしょうか。数が少なくとも反対する人たちにも耳を傾け国民のためになると思われる政策を積極的に取り入れていくことが大事なのではないでしょうか。国民のためになるという視点を常に意識して物事を考える人たちが政治の世界に増えればよりよい社会になって行くのではないでしょうか。001.JPG
秋田県の弁護士刺殺遺族の訴えがようやく認められた判決では[2019年03月23日(Sat)]
 秋田さきがけ「社説」2019年2月15日付け「弁護士刺殺控訴審 判決を重く受け止めよ」から、刺殺した男だけに賠償を命じた1審秋田地裁判決を変更し、県と男に計約1億6480万円の賠償を命じた。「弁護士の生命身体を保護する義務に反して規制権限を適切に行使しなかったため、弁護士が殺害されるに至った」とした。現場の警察官の行動は適切でなく、違法性があったと認めたのだ。県警はこの判決を真摯に受け止める必要がある。事件は拳銃と刃物を持った男が津谷さん宅に侵入したのが始まりだ。津谷さんの妻からの110番で駆けつけた2人の警察官が取り押さえたのは、侵入した男ではなく、男から奪った拳銃を持ってもみ合う津谷さんの方だった。間違って警察官に取り押さえられた津谷さんはその後、いったん離れた男が持ち出した刃物で刺殺された。控訴審は、侵入者がもう一方の男だと認識した後も津谷さんを避難させなかったのは判断の誤りだったとして、「警察官の対応は客観的に見て、失態を重ねて最悪の事態を招いたと評価せざるを得ない」と厳しく断じた。男が刃物を持ち出したことに関しても、この種の殺傷事犯の犯罪捜査に当たる警察官が、これを全く想定できないとは考えにくい」とし、刃物は想定外だったとする県の主張を退けた。控訴審判決は、警察官が現場に向かう車中で耐刃防護衣を着用し、警棒も携帯すべきだったと指摘。一審、控訴審判決を通じ、県警の凶悪事件への対応の不備が浮き彫りになった。県警は態勢に緩みがなかったかについて、いま1度検証するとともに、突発的な事案に対しても適切に対応できるよう、訓練などを通じ警察官1人1人の意識を高めていくべきだ。006.JPG

 遺族にとっては津谷弁護士が返ってくるわけではありませんが、1審で認められなかったことを一生懸命訴え続け、ようやく控訴審で認められたのではないでしょうか。県警の凶悪事件への対応の不備が浮き彫りになった。県警は態勢に緩みがなかったかについて、いま1度検証するとともに、突発的な事案に対しても適切に対応できるよう、訓練などを通じ警察官1人1人の意識を高めていくべきだという指摘は最もではないでしょうか。突発的な事件や犯罪が適切に対応できないとすれば県民は不安になります。先進的な大都市圏に派遣して対応に関して勉強して多くの警察官が訓練をしてどのような事件にも備える必要があるのではないでしょうか。警察官の対応が適切でなかったために弁護士の命が失われてしまったということを真摯に受け止めて県民の安全を守る態勢を整えることが大事でしょう。遺族にしては判決が出たからと言って亡くなった人が返ってくるわけではないので、悔しさが残るでしょうが、今回の教訓を生かして県民の安全が確保されるような態勢が強化されることを願います。003.JPG
人間は生きている限りにどのような難局にぶつかるかわかりません[2019年03月22日(Fri)]
 日刊スポーツ2019年2月12日付け「競泳女子で来年東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、白血病であることを自身のツィッターで告白した」から、「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。
今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。  池江璃花子」(原文まま)池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。池江は15年世界選手権で中学生として14年ぶりに代表入り。得意は100メートルバタフライで、自己ベストは56秒08。16年リオオリンピック(五輪)決勝進出を果たした。昨夏のパンパシフィック選手権で主要国際大会初優勝。ジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会MVPに選出された。現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の日本記録を保持している。なお、白血病は医学の進歩もあり、復帰したスポーツ選手もいる。昨年11月にはJ2新潟のDF早川史哉(24)が約2年ぶりに復帰。02年にはプロ野球オリックスの岩下修一投手が1年のブランクを乗り越えて復帰している。
 スポーツ報知2019年2月12日付け「渡辺謙、白血病公表の池江璃花子へメッセージ「前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい」」から、1989年に急性骨髄性白血病を患った俳優の渡辺謙(59)は同日ツイッターを更新し、池江に向けてエールを送った。渡辺は「池江璃花子さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています」とつづった。池江はこの日「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、いまだに信じられず、混乱している状況です」と告白。「ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」とし、「今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」と呼びかけた。009.JPG

 池江さんは白血病であることを公表しました。勇気あることだと思いますが、本人はこれから病を克服する強い決意を持っているからではないでしょうか。人間は生きている限りいろいろな難局に直面する可能性はあるわけですが、池江さんのように絶好調に近い状態にある水泳選手がこのような状況に陥ってしまうこともあるのだと実感しました。白血病は血液のがんですが、しっかり治療すれば完治する可能性が高くなってきています。今は治療に専念して何年かかるかわかりませんが、完治を目指すことになるでしょう。まわりの人たちは池江さんとご家族のことを考え最新医療技術を信じて見守っていることが大事なのではないでしょうか。池江さんに限らず誰でもいつでもがんや難病になる可能性はあります。そのような事態になった際に強い意志を持って生命力を信じて前向きに生きていく必要があるのでしょう。今回の池江さんの白血病に関心が集まることで献血や骨髄バンクの登録が増えることは望ましいことではないでしょうか。輸血を必要とする人たちにとって献血に協力してくれる人が増えることで1人でも貴重な命が救われるかもしれません。お互い様という気持ちで助け合うことができれば住み易い社会になるのではないでしょうか。008.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。