CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年01月 | Main | 2017年03月 »
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
万能ではないはずの教員に求めすぎではないか[2017年02月28日(Tue)]
 朝日新聞2月15日付け「社説」から、「質」も「量」も追及するという欲張りな方針のもと、あまりに多くの事柄が盛り込まれていないか。多くの公立学校の先生は、貧困と格差の現実に向き合い、学ぶ環境に恵まれない子どもたちに基礎学力をつけさせることで一生懸命だ。時間割も既にいっぱいになっている。新たなテーマをどこまでこなせるのだろうか。学校は1つひとつ抱える問題が違い、子どもたちの状況も異なる。それぞれの実態に合わせて教える重点を絞り、指導方法も工夫できるよう、文科省と各地の教育委員会は現場の自主性を最大限尊重すべきだ。先生の創意工夫を引き出せなければ、指導要領の文字面をいくら整えたところで実はあがらない。先生1人ひとりに、新たな発想を引き出す時間の余裕に研修の機会を保障するのは、教育行政の責務である。015.JPG

 団塊の世代の教員が一斉に退職して比較的若い先生たちが増えている現状は理解できますが、何から何まで学習指導要領に縛られるようになれば、先生方の創意工夫を生かした教育が行われなくなるのではないでしょうか。中学校の先生たちは会議が多く、事務的な仕事量に追われ、さらに部活動にも関わらなければならず教材研究に時間を割くことができず、生徒たちとじっくり接する時間も確保できません。子どもたちの学習面の指導に力を入れたいと思ってもできない現実がある中ではさらにいろいろなことを求め続けると疲れきってしまうのではないでしょうか。精神疾患に悩む先生方が増えている現状を理解して教員を増やし、教員が働きやすい環境を整備することが大事なのではないでしょうか。014.JPG
女性が主役になる地域の活性化は成功できるのでは[2017年02月27日(Mon)]
 藤里町粕毛地区で女性が主役になって農家民宿、農家民泊、農家レストランなどを進めようと先進的な取り組みをしている岩手県遠野市を視察に行きました。小さな農山村の再生には食を含めて民宿の運営など女性の力が必要です。男性は女性を支える側に回ることでより成功する可能性が高くなるのではないでしょうか。DSC01836.JPG

 地方では働く場が多いわけではないので、産直や農家民宿などのように女性が起業して働く場を確保することが有効かもしれません。空き家は増え続ける現実では、上手に空き家を再生して農家レストラン、農家民宿、農家民泊などに活用することができるのではないでしょうか。女性たちが毎日交代で作ることでバラエティ豊かな手料理を提供できるようになると、お客さんはそれを求めて訪れるようになり賑わいが創出されるのではないでしょうか。1つ1つ積み重ねてステップアップさせていくことで次から次へとアイデアが生まれてくるかもしれません。女性を主役に地域を元気にする方策を実現させることが大事なのではないでしょうか。DSC01835.JPG
住民が一丸となって取り組む必要があるのでは[2017年02月26日(Sun)]
 地方の小さな農山村が起き残るためには、行政に頼っているだけでは解決につながらないでしょう。住んでいる住民が一丸となって危機感を共有して本気になって取り組むしかないのではないでしょう。現在住んでいる場所が死ぬ場所だと割り切って知恵やアイデアを出し合えば困難な状況を打破できる可能性はあるのではないでしょうか。022.JPG

 所縁のある人たちも巻き込むことが大事でしょう。たとえ戻って来なくとも遠くで心配して一緒に取り組むことは可能です。人と人がつながることが大事です。横のネットワークが大事です。同じような悩み事を抱える他の市町村と連携することも可能でしょうあ。お互いに抱えている課題についてじっくり話し合うことから見えてくることがあるでしょう。1人では考え及ばないことでも何人か集まればいい知恵が生まれます。住民が一丸となってどのようにしたいか話し合うことが最も大事なのではないでしょうか。021.JPG
小さな農山村の冬の行事を守り抜くには[2017年02月25日(Sat)]
 藤里町粕毛地区では2月11,12日に雪まつりを行っています。地区の住民が協力して継続して行っているに意味があり大事なことだと思います。子どもたちが楽しむことができるようなそり遊び、そば作り体験、スノーモービルに乗ってスリリングを楽しんだりします。女性たちは自慢の手料理の郷土料理を振る舞って、男性たちはおいしい地酒を飲んで楽しくそうに歓談します。寒い冬の時期に地区の住民が一堂に会して楽しいひと時を過ごすのが何よりです。024.JPG

 粕毛地区住民が築き上げてきた冬の行事を残していくことは若い人たちが少なくなっている現状ではそう簡単ではありません。地域に根付いている手作りの郷土料理を継承することも大事です。なくなってしまえば火が消えたように寂しくなってしまうでしょう。住民が一丸となって何とか継続できるように知恵を出し合う必要があるでしょう。観光目的というのではなく、参加して楽しんでもらうことを狙いに外からの人たちを巻き込むことは1つの方法ではないでしょうか。小さなな農山村の小さな集落の行事を通して光が見えるような取り組みができないものでしょうか。023.JPG
人口減少は避けられないが[2017年02月24日(Fri)]
 首都圏や大都市圏と違い、地方の市町村の人口減少は避けることはできませんが、現状を維持しようと住民が一丸となって知恵やアイデアを出し合って足元を見つめ直し話し合うことでたとえあまり成果が上がらなくても光が見えてくるのではないでしょうか。そのような取り組みの結果何か生まれてくるかもしれません。028.JPG

 地方の小さな農山村は深刻な状態ですが、住んでいる人たちが愛着を持って誇りを持って生きていれば、首都圏などに出て行ってしまった人たちも戻って来たいと思うかもしれません。嫌いで嫌だと思っているところは疲弊化が避けられないかもしれません。住み続け終の棲家にしようとする人たちがお年寄りになっても幸せだと感じることができるようになることが大事なのでしょう。海外から訪れる人たちは東京、京都もいでしょうが、地方の原風景や元気に楽しそうに生活している人たちに会って古民家に泊まり自慢の郷土料理を一緒にいただくことを喜びと感じる人たちも増えているようです。住んでいる人たちが誇りを持って住み続けるような地域にする必要があるのではないでしょうか。027.JPG
過疎地の空き家の活用のあり方は[2017年02月23日(Thu)]
 藤里町は過疎化が進み県内でも最も人口減少が進んでいる町村の1つで、空き家の数は増える一方です。空き家にカウントされていない場合でも、病院に入り退院する目途が立たない人や、施設に入って戻ってくる可能性が少ない人たちも含めると相当数に及びます。空き家の活用を考える、移住者向けの空き家の確保は必要ですが、住民の中にも空き家を必要としている人がいる現実を理解して確保する必要があります。RIMG0239.JPG

 住民の中でも住むところがなく他の市町村に移り住んでしまう人がいるとすれば残念なことです。すぐにでも利用できる空き家を安く提供したり、改修に補助金を出して使えるようにする仕組みづくりを真剣に検討する必要があるのではないでしょうか。首都圏などに住んでいて所有者と連絡が取れない場合もあり、そう簡単に空き家の活用は進みませんが、多様な視点から空き家の利活用を考えて疲弊化が進む現状を少しでも打開できるようにしなければならないでしょう。024.jpg
雪国の人たちにとっては待望の春の気配を感じる[2017年02月22日(Wed)]
 積雪は例年並みですが、気温や日差しに春の気範を少しずつ感じることができるようになってきました。雪を頂いて真っ白になっている白神山地をバックに流れる粕毛川、藤琴川の水が冷たいためか清らかで透き通っています。冬だからこそ見ることができる景色です。雪の中でブナは春の太陽の光を浴びたらすぐに芽吹こうとじっと耐えていることでしょう。__ 5.JPG

 2月上旬は寒さが厳しく、山陰、近畿、北陸では10日からこの冬2回目の記録的な大雪に見舞われた。普段豪雪になれていない人たちにとっては大変ですが、自然現象である以上は上手に付き合って乗り越えるしかないのでしょう。白神山地の麓は積雪が予想よりも少なく、11日は朝から晴れ渡り気温も少し上昇しました。眩しいほどの太陽の光に春の気配を感じることができました。まだ冬本番ですが、これからは寒さと暖かさがお互いに気を遣いながら現れるようになり、少しずつ春の足音が大きくなってくるのでしょうか。屋根の雪も太陽の熱で暖められて表面から融け始めていつの間にかトタン屋根が見えるようになります。002.JPG
雪国の厳しさの中で健康的な生活を目指して[2017年02月21日(Tue)]
 この冬は暖かい日が多く、積雪が少ない状態が続いていましたが、1月中下旬頃からまとまった雪が降るようになり2月上旬の段階では例年並みの状況になっています。屋根の雪は1b程度積もっても大丈夫なのでしょうが、多少心配だったので、50a以上になったので1回雪下ろしをしました。氷止めは氷点下5度以下になることが予想されるときにしています。006.jpg

 雪が降ると町の除雪車が夜中や早朝から除雪をするので、起きて洗顔、食事を済ませると家の回り、駐車場、向かいの家のまわりなどを除排雪します。冬期間は体を動かすことが少ないので多少きつい仕事ですが、貴重な運動になっています。雪の量によっては1〜2時間行うこともあり、汗をたっぷりかきます。家に閉じこもってばかりいると健康的な状態を保つことができないので、雪かきをすることは健康を考えると有難いことなのかもしれません。それでも歳を重ねると重労働になってしまい、除排雪ができなくなっている人が多いのが現実です。冬があるから春が待ち遠しく四季をはっきり実感することができるのです。雪国に生活している人たちの特権でしょう。014.JPG
「密室」「なあなあ」から脱却することは大事ではないか[2017年02月20日(Mon)]
 朝日新聞2月7日付け「経済気象台 進む「幼稚化」の裏側に」から、東京五輪や都中央卸売市場の豊洲移転問題などでは、いわゆる「大人の世界」がうごめいていた。その特色である「密室」「なあなあ」という言葉は嫌われる。小池都知事が支持を得ているのは、その透明性である。きちんとしたルールの元に物事を進める大切さ。それに携わる人間の真っ当さが、きちんと評価されなければならない。019.JPG

小池都知事が支持されているのは、透明性を追求しているのでしょう。政治の世界では「密室」「なあなあ」とか利権としがらみは、あえて取り上げることなく知らなぬふりして当然視されているかもしれませんが、その状況にメスを入れる人を庶民は求めているのではないでしょうか。都民が求めているのが小池都知事だったのではないでしょうか。一気に風穴が開くわけではないでしょうが、庶民、国民にわかりやすく見えるようにしてくれる政治家が現れれば支持が広がるのではないでしょうか。利権や既得権益を得ている人たちはアメリカだけでなく日本でも支持を失うことになるかもしれません。真っ当さがきちんと評価される時代になってほしいと願っています。017.JPG
国民はどう思うのでしょうか[2017年02月19日(Sun)]
 朝日新聞2月7日記事から、文科省人事課OBの嶋貫和男氏が「ボランティアだ」とするあっせん業務を支援するため、大手生保の顧問ポストを提案したものだ。先に顧問に就いていた元同省幹部2人の名と、それぞれの報酬額が「週1日1000万円」「月2日1000万円」との記載があり、実際に嶋貫氏は14年1月、新たに一方の大手生保の顧問に就いた。DSC00089.JPG

 天下りの実態なのでしょうが、一生懸命働いて年収300万円という人が結構多いのではないでしょうか。週1日とか月2日だけで1000万円という報酬は一般庶民からすればあり得ないのではないでしょうか。このようなことが当たり前ということはありません。天下りをすべてダメだというわけではありません。民間企業が官僚など優秀な人材を確保するために採用することはあると思いますが、文科省の場合は組織ぐるみで天下りを行っていると言われても仕方ないのではないでしょうか。許認可する立場を利用して天下りを行っているとなれば問題でしょう。他の省庁にも波及する可能性があるのではないでしょうか。国民はどう思うのでしょうか。直接関係のないことなので、関心がないという傍観姿勢だけではよくないのではないでしょうか。関心を持って声を上げることも大事なのではないでしょうか。DSC00103.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。