CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年09月 | Main | 2016年11月 »
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
都民や国民にわかる安く透明化するのを拒むのはなぜでしょうか[2016年10月31日(Mon)]
 小池知事が都政とオリンピック組織委員会のお金にまつわる不透明なところを解明して、都民や国民にわかりやすく示そうとする試みを拒もうとする組織委員会の森会長や都の歴代幹部などの意図はどういうことでしょうか。オリンピック関連施設の入札に関してほぼ100%近い状態で落札されている状況はチェック機能を十分に働かせ検証する必要があるのではないでしょうか。006.JPG

 東京都はお金が潤沢になる故に税金の使い方にももったいないとか無駄遣いと考えることがなかったのでしょうか。そこに今回はメスを入れて不透明なところを透明化しようと努力しようとしている矢先に利権を得ている人たちなのか癒着している人たちなのかわかりませんが、詳細な調査をさせないようにしているのでしょうか。税金の無駄遣いを止めさせて、働き盛りで教育費、子育てなどにお金がかかっている人やわずかの年金でギリギリの生活を送っているお年寄りなど苦しんでいる人たちにお金が回るようにしなければならないのではないでしょうか。これから都民、国民は自分の問題と捉え1人ひとりがチェックする立場にならなければならないのではないでしょうか。033.JPG
正規社員と非正規社員の待遇の違いをどう思いますか[2016年10月30日(Sun)]
 2015年に民間で働く給与所得者が1年間で受け取った平均給与は420万4千円でしたが、正規社員の平均給与484万9千円に対して非正規社員は170万円5千円で、差額は310万4千円です。前年より差額は拡大しています。同じような仕事をしているのに理不尽ではないでしょうか。政府は同一労働同一賃金を実現させようと掛け声だけは高いですが、この現実を考えれば、さて可能なのでしょうか。001.JPG

 非正規社員が4割にも達している状況を考えれば、これ以上格差を放置していていいのでしょうか。一生懸命働いても正規社員の給与とかけ離れていると働く意欲が失せてしなうのではないでしょうか。何よりも収入が少なければ結婚して子どもを育てるという想いになることができないのではないでしょうか。少子高齢化が進んでいる社会で若者が結婚して子育てしやすい環境を創り上げるためには、収入面はもちろんですが、税制面で優遇して、子育て支援なども強化する必要があるのではないでしょうか。お年寄りに対する社会保障の充実を含めて国民にやさしい政策を推進することが求められているのではないでしょうか。002.JPG
たばこを吸う人は吸わない人の気持ちを理解できているでしょうか[2016年10月29日(Sat)]
 たばこを吸う人は自分が置かれている状況がどれだけつらいものか体感してもらわなければわからないのではないでしょうか。例えば、喫煙者は自分が吸う時はいつでもビニールの覆いの中で外にたばこの煙が漏れない状態を体験してもらえば、吸いたくなるでしょうか。今は吸っている時に煙があたり一面い漏れてその場にいる人たちが受動喫煙していることが想定できないでしょうが、健康に影響を与えていることは間違いなのです。018.JPG

 喫煙者自分が吸いたいという気持ちだけでまわりの人たちが受動喫煙のためもしかしてがんになるかもしれないという想定がまったくできていないのでしょうか。それても理解はできていても、たばこを止めることができないのでしょうか。止めることができないにしてもまわりの人を巻き込むことはないのではないでしょうか。喫煙者を否定するわけではありませんが、まわりの人の健康悪影響を与えないことを最優先に考えるなければならないのではないでしょうか。地方ではたばこを吸い人を相手にしている飲食店が多いので、禁煙を徹底することはできないでしょうが、たばこを吸わない人を優先する場所が増えなければ、首都圏の人たち、海外からの訪問客を呼び寄せることはできないでしょう。016.JPG
小池知事の本気度が都民から評価されているのでは[2016年10月28日(Fri)]
 小池都知事の本気度は、他の道府県の知事も参考にならないでしょうか。危機感を持って本気になって取り組めばできないことはないかもしれません。小池都知事は都政と都議会に対して強い危機感を持ち、何事にも本気度を持って取り組んでいることが、都民が小池都知事を信頼して任せるようになっているのではないでしょうか。025.JPG

 豊洲の問題は難題ですが、オリンピック関係でも施設建設に関して当初予算より何倍も膨れ上がる例があり、見直しをすることが迫られている。オリンピック組織委員会を都の「監理団体」してお金に関しての透明性を図ることにした。今まで水面下でわからないことが都民に見える化できるようになり都民は納得するのではないでしょうか。既得権益のような利害関係やしがらみをなくすことで今まで癒着していた人たちや企業にとっては大変なことかもしれませんが、税金の無駄遣いを減らし、都民ファーストとして税金を使おうとするメッセージになるのではないでしょうか。国内の首長は小池知事に習い同じような手法で住民のために利害関係としがらみをなくし政策を遂行してほしいと思います。住民も政党の支持に関係なく小池知事のような首長を選ぶことが大事なのではないでしょうか。013.JPG
民間助成に応募して企画書力をアップする[2016年10月27日(Thu)]
 NPO法人ふじさと元気塾は、この2年間県や町の業務委託を受けて事業を行っていますが、平行して民間助成を受けるために企画書を作成して応募しています。来年度の共同募金会の助成を受けることは決定しましたが、2年間助成を受けることができるトヨタ財団助成「そだてる」に県内の大学生グループARCと共同で応募しました。いろいろある民間助成の中から何を応募するか決めてテーマに沿って企画書を作成していく回数を重ねることで企画書力がアップしてくるようになってきます。__ 3.JPG

 大学生グループが対象となる民間助成はまだ少ないかもしれませんが、応募できる助成に意欲的に企画書を書いてトライすることはこれから社会に出てからも生きるのではないでしょうか。企業に就職せずにNPO法人などに入って自分自身を磨きながら成長していく方法もあります。これからの時代は若い人たちが主役です。中高年の男性が主役のだった社会とは異なる新時代を創造して自由に物事を考え、誰にでも優しい社会になってほしいと思います。政治の世界にも女性と若者が進出していかなければ日本は変わりません。NPO法人などの活動を通して多くの人たちと接して横につながることで人脈が広がります。人が宝です。人と人がつながれば何かできます。多くの人と繋がり話し合って学び、主役に躍り出ていってほしいです。007.JPG
国会の場の驕りによる言動を国民はどう思うのでしょうか[2016年10月26日(Wed)]
 国会という場で首相が自衛隊を評価するために拍手したところ、自民党の議員が立ちあがってアメリカで行われているようなスタンディングオベーションを行いましたが、衆議院議長が制する中で今まで行われなかったことを野党議員に見せつけるように平気で行うのは驕りの表れではないでしょうか。また、自民党の幹事長ややじに対して強い言葉で制止しようとしたことも、一党独裁化している国の政治だから起きているとすれば、国民からどのように思われるでしょう。004.JPG

 一党だけで国の政策を何事も行えると考えているとすれば、日本の進むべき道は危ういのではないでしょうか。いつまでもこのような政治が続くはずはないと思います。過去の決められない政権に対して失望して国民の中には安定多数による政治を評価しているところがあるのかもしれませんが、1つの政党だけの政権が長く続くことは驕り、傲慢につながる可能性があるのではないでしょうか。国民が1人ひとり自分の問題と考え日本の進むべき道を創造することが必要なのではないでしょうか。野党は国民に期待感を持たれるような政策を提示し、女性、若者と一緒に将来ビジョンを描くことが求められているのではないでしょうか。006.JPG
ものづくりで地方を元気にすることを考える[2016年10月25日(Tue)]
 秋田さきがけ9月26日付け記事から、「ものづくりで東北元気に」人を大切にする企業。それを信念にしてきた。簡単に見つからない手づくりの良さ、本来の手作業にこそ意味がある。質のいい製品を、市場の要求に当てはまるように意識して売り込めば、中小企業でも大企業と同じ土俵で戦える。東北にも優れた手工芸の伝統を持つ企業がたくさんある。ただ、他にはない特色あるものが作れるのに、市場とマッチしていない。ニーズのあるところにうまく届けることが課題だ。販売が課題なのではない。客に選んでもらえるよい商品を客の視点で作れるかどうかだ。顧客と編み方の両方が幸せにならなければいけない。商品を購入し、その土地に来てもらうには、自分がまずその土地の良さを知り、自信を持ってそれを発信することが重要だ。売ることより「質」を追求し「欲しくなる」ではなく、「欲しくてたまらない」ギターを目ざしている。故郷を愛し歴史に根ざしたものをすばらしい形で残していくことが大切だ。001.JPG

 消費者、お客さんのニーズを上手にくみ取ることが大事ですね。職人さん、ものづくりに携わる人を大事にする企業でなければ信頼関係を築いて成長することは難しのでしょう。手づくりというキーワードも大事だと思います。質の高い手づくりの良さをわかってもらうことでその土地も評価され訪れる人が増えるかもしれません。しかし、そこに住んでいる人がその土地の良さを知り、自信を持つことが大原則でしょう。故郷に愛着を持つことがすばらしいものを残すことにつながるのでしょう。わかっていても行動に移す、実行することは簡単ではないのかもしれませんが、貴重な地方を消滅させないように誰かがやるだろうではなく、自分からやろうと蚊、1人で出来なかったら誰かとやろうということも大事なのかもしれません。ものづくりは若者に評価される可能性が高いので、継承することが大事なのでしょう。003.JPG
相撲界でようやく日本人優勝力士が増えている[2016年10月24日(Mon)]
 カド番大関豪栄道が9月場所で優勝しました。琴奨菊が優勝後もモンゴル出身力士の優勝が続いていたので、豪栄道が優勝したのは喜ばしいことです。相撲といえば日本の国技ですが、日本の若者がハングリー精神にかけていたのか、優勝から遠ざかっていましたが、少しずつ優勝する力士が増えてきていることは喜ばしいことでしょう。020.JPG

 相撲界を見ていて感じることは、太り過ぎている力士が増えているのではないでしょうか。太った方が強くなると思っているのでしょうか。白鵬にしても日馬富士、鶴竜もそれほど太っていません。日本人の力士は太って動きが悪いような気がします。小兵の力士が土俵を動き回って勝つ方が見ている私たちは応援したくなります。体を絞って動きをよくする利吉が増えることを期待します。若者が夢を持って相撲界に入門して1人でも多く優勝するようになってほしいものです。021.JPG
テニス界で錦織選手に続く女子の大坂なおみ選手にさらに続け[2016年10月23日(Sun)]
 世界のトップレベルの選手が出場する東レパンパシフィックオープンで大阪なおみ選手は決勝に進出して元世界NO1の選手に負けてしまいましたが、サービス、フォアのストロークはトップレベルであることを考えれば、バックハンドを含めて狙ったところに打てるストローク力とフットワークを生かすことができるようになれば錦織選手と並ぶような世界のトップ選手になることができるでしょう。001.JPG

 男子の錦織選手、女子の大坂選手がけん引してまだまだ強いとは言えない日本のテニスのレベルを世界のトップに押し上げてほしいものです。トップレベルの選手が増えればジュニア―レベルでも世界に挑戦する選手が増えてきて底上げが図られるようになるでしょう。体力的には世界の選手にはかなわないところもありますが、錦織選手のようにフットワークを生かしてストロークができればランキングを上げることは可能でしょう。1人でも多くのランキング選手が生まれることを期待します。002.JPG
責任は具体的にどのようにして取るのでしょうか[2016年10月22日(Sat)]
 フジテレビ9月24日記事から、報酬トップは5兆円の損失を出した独立行政法人だった。
総務省が発表した2015年度の独立行政法人役職員の給与水準によると、理事長らトップの年間報酬が最も多かったのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の3,130万円だった。GPIFは、株価下落などの影響で、2015年度は、5兆3,098億円の赤字を出している。総務省は「高度で専門的な人材が確保できるよう、給与水準の弾力化を検討することとされており、妥当な水準」と指摘したが、GPIFは、2016年度も4月から6月期だけで、5兆2,342億円の赤字を出した。017.JPG

 運用の失敗に対して責任を取らずに済ませる感覚が国民にはわからないのではないでしょうか。民間は失敗すれば責任を取らなければなりませんが、公務員の責任の取り方は、小池都知事も都庁幹部職員の無責任を痛烈に指摘していましたが、真剣に考える時期にきているのではないでしょうか。自分のお金でなく税金だから失敗してもあまり気にならないのでしょうか、与党では務るだと思いますが、野党が中心になって国民に代わって税金の無駄遣いをチェックしなければならないのではないでしょうか。国民も税金の無駄遣い、公務員の責任の取り方に関して関心を持つべきではないでしょうか。018.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。