CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年08月 | Main | 2014年10月 »
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
人の弱みに付け込んだ許されない非常識で悪質な行為[2014年09月30日(Tue)]
 京都新聞によると、豪雨に見舞われた京都府福知山市や綾部市では、義捐金や復興補助の交付を装って手数料名目で現金や通帳を詐取したり、無料点検と偽って不要な工事を勧めたり、不用品処理と称して家財品を持ち去るケースが増えたそうです。__ 4.JPG

 災害になって疲労困憊状態で藁にもすがりたい気持ちで困り果てている人たちを対象に金儲けを企むなどとは許されえることではありません。振り込め詐欺と同じ発想で弱い立場の人たちを食いものにするような非常識で悪質な行為が蔓延すれば日本社会はどうなってしまうのでしょうか。住民と行政、警察などが知恵を出し合って未然に防ぐ方策を考え実行に移していかなければならないのではないでしょうか。誰かが被害に遭えば、次は自分に被害が及ぶと意識で他人事と思わずに一丸となって取り組む必要があるでしょう。__ 3.JPG
シカ、イノシシなどを食して野生動物との共存を考える[2014年09月29日(Mon)]
 国内では野生のシカ、イノシシが増えて農作物のへの被害が深刻化している地域もありますが、増えすぎたシカ、イノシシなどを間引きする目的で食して共存することができないものでしょうか。共存できる環境づくりを進めると同時に、シカやイノシシ肉の加工を行う地場産業やレストランなどが生まれれば地域の活性化にもつながるのではないでしょうか。025.JPG

 毎日新聞によると、野生動物を食材としたジビエ料理は、ヨーロッパでは古くから発展して、フランス料理では野ウサギ、キジ、ヤマバトなどを使っています。日本ではシカが増えて森の木々が枯れてしまい、イノシシなどが畑の農作物に被害を与えている現状を考えれば、増えすぎた分を食材と思料することの方が野生動物と人間が共存するためには賢明なのではないでしょうか。023.JPG
3年連続で鵠沼海岸商店街での夏祭りに参加して[2014年09月28日(Sun)]
 NPO法人ふじさと元気塾は、3年連続で藤沢市鵠沼海岸商店街の夏祭りに参加して、今回も味噌焼きたんぽをお客さんに提供しました。2012年からふじさと元気塾と商店街が交流を継続できているのは商店街のおかげです。藤里町の味噌焼きたんぽを気に入ってもらった人たちが秋田名物のきりたんぽ鍋を食べてもらうきっかけになればと願っています。004.JPG

 3人のふじさと元気塾の会員が8月20日の夜に出発して21,22日の夕方からの夏祭りに参加して、訪れてくれる人たちに炭火焼きの味噌焼きたんぽを販売しましたが、2日間とも完売しました。地方の小さな農山村と首都圏の人口40万を超える大きな市と交流を続けることは、地方への交流人口を増やすという視点からは大きな意義があります。首都圏の人たちは地方の郷土料理を食べて遠慮がちに地方に貢献する。交流は継続することに意義があるので、これからも知恵とアイデアを出して深化させていきたいです。006.JPG
議員の政務調査費は必要なのでしょうか[2014年09月27日(Sat)]
 兵庫県議会議員が政務調査費を不正に使っていた事実が判明して、他の議員に関しても調査している中で議員自身の会社から切手230万円購入している事実が明らかになりましたが、切手を230万円も必要なのでしょうか。それに自分が刑している会社から購入するという行為が認められるのでしょうか。081.JPG

 議員に対する政務調査費も税金で支払われていることを考え、問題が指摘されるような使われ方が行われていることから政務調査費自体を失くすか、もし継続するならば、議会事務局に議員が領収書を提出して、適正にルール通りに使われているか確認してその費用を支払うようにすればいいのではないでしょうか。税金である以上は住民が納得するような仕組みづくりを構築する必要があるでしょう。国会議員の新幹線や航空機のフリーパスなどの特権も議員報酬をもらっている以上は考えるべきではないでしょうか。005.JPG
弁護士、司法書士は庶民の味方でなければならないはず[2014年09月26日(Fri)]
 西日本新聞によると、借金をした人が貸金業者に払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」をめぐり、過払い金が返還されたにもかかわらず、弁護士や司法書士が依頼者に渡しておらず、着服が疑われるケースが2012年以降、九州など全国で少なくとも45件(計約1700万円分)あったことが、大手消費者金融会社の調査で分かった。中には、依頼を受けていない人の過払い金を勝手に請求したケースもあった。037.JPG

 テレビやラジオで過払い金を返還するというCMが盛んに流れますが、なぜ弁護士や司法書士があんなに頻繁にCMを流すのか不思議に思いましたが、着服しているケースが結構あることに愕然としました。本来弁護士、司法書士は苦しみ、困っている庶民の味方であるべきはずですが、お金儲けのために行っているとなれば背信行為と言われても仕方ないかもしれません。法律に絡んだ問題を抱えた人は、弁護士や司法書士を信頼できなければ誰を頼ればいいのでしょうか。金儲けに走る人が増えている現状を危惧してしまいます。007.JPG
藤里町の取り組みが評価されている[2014年09月25日(Thu)]
 朝日新聞8月18日「社説」で人口減少の中での地域の取り組みとして例に挙げもらったのは島根県海士町、徳島県神山町、岡山県西粟倉村と引きこもりの若者が、働き手として町おこしを担うという秋田県藤里町でした。喜びと同時に驚きでしたが、プラス思考に受け止め交流人口を増やす戦略を練っていく必要があるでしょう。014.JPG

 国内の先進的な取り組みを行っている市町村として藤里町を評価して取り上げてもらった意義を町民が理解して誇りと自信を持って前向きに元気になるように取り組んで行く必要があるのではないでしょうか。新聞に取り上げられてもまわりでは何もしてくれません。町民が自ら知恵とアイデアを出して協力して一丸となって元気になるように実行に移していかなければならないでしょう。雇用の創出は簡単ではありませんが、引きこもりの人たちが仕事について地域貢献の一翼を担うようになってほしいと思います。007.JPG
日本酒ブームをブームで終わらせないために[2014年09月24日(Wed)]
 アメリカばかりでなくオーストラリアでも日本酒ブームになっているようです。メルボルンでの秋田県の日本酒PRイベントには予想を超える人が集まり秋田の名酒が振る舞われました。015.JPG

 世界的な和食ブームが引き起こしているのでしょうが、チャンスを生かしてビジネス展開できれば、日本食と日本酒がセットで世界中に広まる可能性があるのではないでしょうか。秋田県に限らず国内には美味しい日本酒がたくさんあります。オール日本で日本食と日本酒の海外への販路を広げることができれば、海外からも多くの人たちが本場の和食と日本酒を堪能するために日本を訪れるのではないでしょうか。その戦略により地方にも多くの人々が訪れ、活性化につながるのではないでしょうか。025.JPG
山を侮るなかれ、山の神に安全祈願して入山してほしい[2014年09月23日(Tue)]
 ヨーロッパ最高峰のモンブランに登頂最年少を記録するために幼い子どもを伴って登頂を目指す無謀な登山をしてインターネットを通じて偉業をアピールする人が増えているようですが、何か間違っていませんか。モンブランではベテランの登山者でも遭難することがあります。子どもが犠牲になってしまい可能性が高いのではないでしょうか。015.JPG

 山は高低に関わらず登山には危険性を伴います。山を登る前に山の神様に登山の安全を祈願してこれから入山させていただく許可をお願いしてから入山して、無事に下山した際には守っていただいたことに感謝します。山を侮れば、どこかで危険に身をさらしてしまうことになるかもしれません。私は秋田白神山地ガイド協会のガイドをしていますが、白神山地の1,000bより少し高い山々を登る際にも山の神に安全祈願して、ストレッチをして細心の注意を払い登山を始めます。登山の際には自分勝手な行動をとらずに同行者や行き交う人たちのことも気づかい登山してください。023.JPG
東京都での禁煙条例は大賛成[2014年09月22日(Mon)]
 舛添都知事が公共機関や飲食店での禁煙を議会に諮って実現できるようにしたことは歓迎すべきです。喫煙による本人はもちろんまわりの人たちへの悪影響は大問題です。喫煙している人は気にしないかもしれませんが、受動喫煙で健康を害する人が増えている現実を踏まえて喫煙に関しては厳しい条例を設ける必要があるのではないでしょうか。008.JPG

 百害あって一利なしといわれるたばこの煙ですから、タバコを吸わない多くの人たちを守るためには厳しい対策を講じる必要があるのではないでしょうか。たばこ税を引き上げることも再検討してもらいたいと思います。高くなればやめる人も増えるのではないでしょうか。やめたおかげで健康を維持でき、まわりの人たちへの被害も減少します。どうしてもたばこを吸いたい人たちは、まわりの人たちに悪い影響を与えないために限られた場所でルールを守って吸ってもらうしかないのではないでしょうか。012.JPG
企業による高齢化対策を意識した斬新な企画[2014年09月21日(Sun)]
 朝日新聞によると、高齢化に向けた企業の素早い対応としてローソンが、コンビニに介護事業者と提携してケアマネージャーを常駐させるようです。超高齢社会が進行する中で生活相談に乗り、新サービスを提供することで新たな顧客を掴もうとしています。007.JPG

 認知症患者を抱えて困っている家族が増えているので、家族の相談に乗ったり、一歩進んで認知症患者への対応もできればどれだけ助かるかわかりせん。これから認知症患者は増える一方で、社会問題化してくるのは時間の問題だと思いますが、認知症患者を抱える家族は対応に苦慮しています。特に老老介護をしている人は疲れきって心身ともに困憊状態になってしまいます。雇用の創出を兼ねていい仕組みづくりが出来上がれば、社会全体が元気になる起爆剤になるかもしれません。010.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。